「私の何が悪いの?」婚活がうまくいかない原因は思考にある

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-06-25 14:06
投稿日:2019-06-25 06:01
 山本早織の「結婚につながる恋コラム」第8回は、婚活が上手くいかずこのまま諦めた方がいいのでは……と悩んでいるあなたへ、後悔のない婚活をするための方法をお伝えしていきます。

結婚相談所を運営して見えた“婚活疲れ”する人の特徴

ただ結婚したいだけなのに…(写真:iStock)
ただ結婚したいだけなのに… (写真:iStock)

 婚活を始めると、なかなかうまく結果が出ないことに対するストレスや将来への不安、「一体私の何が悪いの?」と見えない課題への恐れなどたくさんの感情と向き合い、疲れてしまうのではないでしょうか。

 多くの女性は20代まではうまくいっていた恋愛が30代になって上手くいかず、婚活を始めてみても思ったようにいかない、という現実と直面しています。

 結婚相談所を運営して見えた、婚活疲れをする人の特徴は、「自分の正しさを誇示しすぎて新しいことを受け入れられなくなっている女性」です。

拭えない婚活パーティーという出会い方への違和感

婚活パーティーに参加していても…(写真:iStock)
婚活パーティーに参加していても… (写真:iStock)

 過去の恋愛という成功事例に捕らわれていることから、結婚をするための活動にマインド的なブロックを感じ、「もっと自然な出会いがしたい」と願ってやまない女性。

 しかし、自然な出会いなどないという現実を知り、婚活パーティーなどでがむしゃらに頑張る彼女たち。

 それでもなお、婚活パーティーに違和感を拭いきれていない……こうして言語化しているだけでも「こじれている」のがお分かりかと思います。

 婚活疲れとは、自分の理想としている考えと現実とのギャップが埋まらないストレスが引き起こしています。自分の理想に対するフォーカスの当て方を変化させるだけで、実は求めている幸せを一気に手にすることができるのです。

 婚活疲れをする人の特徴は、「自分の正しさを誇示しすぎて新しいことを受け入れられなくなっている女性」とお伝えしました。このような女性は、自分の理想として「出会い方」にまで正しさを求めます。

 しかし、あなたが本当に求めているのは「幸せな結婚」ではありませんか?

出会い方の正しさよりも男性との関係性づくりを

自分が変われば未来も変わるはず(写真:iStock)
自分が変われば未来も変わるはず (写真:iStock)

 幸せな結婚を考える時に、出会い方の正しさよりも、出会った男性との関係性づくりにフォーカスを当てることができれば、今以上に効果的な婚活をすることができます。

 出会い方にフォーカスを当ててしまう人は、婚活パーティーなどでの出会いに違和感を持ち、「この出会い方だからダメなんだ」と理想を正当化するための証拠集めしかしません。

 うまくいかない……ではなく、うまくいくための効果的な方法にたどり着いていないのです。

 ただただ時間を消費するのではなく、今の活動が未来への投資につながる活動になるよう、いま一度、自分自身の思考と向き合ってみましょう。

 現実はどのような状態なのか? 自分は何にこだわり思考法がマイナスなのか? プラスなのか?

 婚活疲れの原因の答えは、すべて自分の中にありますよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 06:00 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...