更新日:2023-05-27 06:00
投稿日:2023-05-27 06:00

自分が脱いだパンツ、他人が脱いだパンツ

Tバックにサインをするのは難しい(写真:新井見枝香/無断転載禁止・以下同)
Tバックにサインをするのは難しい (写真:新井見枝香/無断転載禁止・以下同)

 自分が脱いだパンツに価値があると知ったのは、まだ10代の頃。ブルセラショップが世間の話題になり、お小遣い欲しさに心がゆらいだこともあった。

 他人の汚れた下着など、たとえ恋人でも同じ洗濯槽に入れるのは勘弁して欲しいが、その感覚は性差というより個人差かもしれない。

 某バンドの追っかけ時代に、好きなメンバーの陰毛が欲しくて、彼が宿泊したと思しきホテルの部屋の床に這いつくばる仲間を見てドン引いたことがある。その彼女なら、男の汚れたパンツにひと月分のバイト代を注ぎ込んだとしても不思議ではないだろう。

「パンツマン」の存在

 踊り子になってからの私は、他人が脱いだパンツの魅力を全く理解できないまま、自ら脱いだパンツを客席に投げている。劇場ごとにパンツプレゼントデーの曜日が決まっており、その日は朝からお客が列をなす。俗に言う「パンツマン」たちだ。

 レディーのパンツというものはヒラヒラふわふわしており、石でも込めない限りは、客席の後ろまで届かない。そのため、パンツマンはできるだけステージに近い席を確保するが、それでもパンツをゲットできる確率は低い。

 そこで、どうしてもパンツを欲しいパンツマンは、あらかじめ踊り子におねだりすることを思い付いたのである。直接頼まれた踊り子は、なんとなーく、その人がいる方面にぽーんとパンツを放ることもあるだろう。すると周囲は気付くのである。こいつ抜け駆けしやがった、と。

差し入れという名の「賄賂」

受け取ってしまった賄賂(写真:新井見枝香)
受け取ってしまった賄賂 (写真:新井見枝香)

 そのうち、言葉だけでなく、品物を手渡すパンツマンも現れた。あくまでも、差し入れである。プリンやマスカットに「賄賂」と熨斗がついているわけではない。だが踊り子とて人間だ。おいしいものをくれた人の方面にコントロールが向いてしまうことは、なきにしもあらず……。

 踊り子にとって、いいことしかないように思えるパンプレデーだが、私はいつも憂鬱だ。

 デビューして間もない頃の、投げた白いパンツが黒い床にポトリと落ちて、誰にも見向きされずに発光していた光景を忘れられない。ブルセラに持ち込んだパンツを買い叩かれるどころか、タダでもいらないと言われたも同然である。

 私はそれ以来、本当に欲しそうな人を必死で探して、デッドボールを狙う勢いで投げつけている。

 脱いだパンツを欲しがられること自体が嬉しいわけではないけれど、いらないと言われると悲しい。これを乙女心と呼ぶには抵抗があるが、男性にはわからない境地だろう。

 そういうわけで、私の精神衛生のために、誰のパンツでも欲しがるパンツマンは大事にしなければならない。

日常のおやつはパンチが弱い説

 あるパンツマンは、パンプレデーに必ず○ージーコーナーのデザートを差し入れしてくれる。

 賄賂など用意しなくても、かなりの高確率でお渡しできるのだが、そこは「うれしー! ありがとう」と受け取っている。確かに○ージーコーナーのジャンボシューやエクレアは安定のおいしさだ。

 買い物のついでに、近所の店舗で買うこともある。だが、それはあくまでも日常のおやつだ。差し入れとしてもらうには、どうもパンチが弱い。……今、私は全国の○ージーコーナーファンから反感を買ったかもしれない。○ージーコーナーをもらって文句を言うなんて、贅沢なやつだ。

 そもそも貴様のパンツにジャンボシューほどの価値があるとでも思っているのか。

腹の足しになるジャンクフード

ストリベリーシェイクも欲しいところ(写真:新井見枝香)
ストリベリーシェイクも欲しいところ (写真:新井見枝香)

 いや、何も高価な品物を持ってこいという話ではない。他のお姐さんが、同じパンツマンからもらっているマックのナゲットやファミマのアメリカンドッグがうらやましかった。

 価格としてはジャンボシューと大差がない。だが、どちらかというと私は、腹の足しになる、しょっぱいジャンクフードが食べたかったのである。

 しかしもらえることが当たり前ではないのに、○ージーコーナー以外でお願いしますなどと言うのは、おこがましい気がする。しかしどうだろう、もし自分だったら、相手が本当に欲しいものをあげたい。正直に言って欲しい。

 数カ月ほど悩んだ末、「最近甘いものよりしょっぱいものが好きなんだ~」と、だいぶマイルドにして伝えたところ、そのパンツマンはすぐに対応してくれた。

追加でファミマのフランクフルト

パンツ〜丸見え!(写真:新井見枝香)
パンツ〜丸見え! (写真:新井見枝香)

 その日はすでに○ージーコーナーをもらっていたにもかかわらず、ファミマのフランクフルトを差し入れしてくれたのだ。

 しかし、できればセブンイレブンのアメリカンドッグが食べたかった。もっと言えば、マックのナゲットのほうがよかった。

 私は調子に乗っているだろうか。脱いだパンツの価値を自分で測るのは難しい。

新井見枝香
記事一覧
元書店員・エッセイスト・踊り子
1980年、東京都生まれ。書店員として文芸書の魅力を伝えるイベントを積極的に行い、芥川賞・直木賞と同日に発表される、一人選考の「新井賞」は読書家たちの注目の的に。著書に「本屋の新井」、「この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ」、「胃が合うふたり」(千早茜と共著)ほか。23年1月発売の新著「きれいな言葉より素直な叫び」は性の屈託が詰まった一冊。

XInstagram

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


黄・紫・桜♪
 春の三原色を見つました。
陽だまりでゴロゴロ♡ お日様パワーを吸収する“たまたま”君
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ほっこり癒し漫画/第71回「はふはふぴたっ」
【連載第71回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
美人局の語源に「筒」と「陰茎」
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
結婚式前夜、娘の門出を祝う「親として最後の教え」の内容に涙腺崩壊!
 入学や卒業、就職による1人暮らしなど、門出は1つの節目。嬉しい反面、どこか寂しさや不安を感じる瞬間でもありますよね。 ...
占い好きな成功者と占い好きな非成功者の違い…占いライターで一攫千金も
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
豊洲の人生勝ち組妻でも幸せじゃない?彼女が裕福と引き換えに諦めた事
 独身時代は都心に暮らしていたが、結婚を機に武蔵境に暮らし始めた千佳。しかし、郊外のこの地を愛せない。そんな時、中学の同...
「夫の駐在時にね…」なぜあのコが?田舎の同級生“玉の輿婚”に心ざわつく
 独身時代は都心に暮らし、華やかな生活をしていた千佳。しかし、結婚を機に都内から離れ、武蔵境に住み始めた。しかし、妥協し...
メガバン妻が悟ったリーマンの限界値 吉祥寺より2駅下った中古マンション
 武蔵野の自然を携えそびえる瀟洒な白亜の建物は、まるでこの場所がヨーロッパの一都市であるかのような錯覚を与えてくれる。 ...
帰ったらお風呂に…夫「沸いてるよ!子供が入ってる」危機管理能力ゼロや
 子育て中のママにとって、子供の命と健康を守るのは一番大切な使命。だからこそ、危機管理能力は嫌でも高くなります。 ...
号泣しながら「愛の讃歌」を熱唱 なぜ人はスナックでダサい姿を晒すのか
 私はこれまで多くの夜の世界を見てきましたが、スナックは本当に不思議な場所です。  完全無欠のモテ人間ほど、なぜか...
大人は「さようなら」とハッキリ言わないけど…
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
春の行楽、御朱印集めはスタンプラリーと何が違う? 作法やタブーとは
 山形県東部にある山寺(山形市)で自らの行いについて考える出来事がありました。我よ、御朱印集めがスタンプラリーと化してい...
この勇姿もあとわずか…去勢手術予定“たまたま”を記念撮影!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「クリスマスローズ」で究極のほっぽらかし園芸!怠け者でも花いっぱい♡
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋のある神奈川は地球温暖化の影響もあり、ここ近年の特徴は卒業式に桜咲くでしたが、今年は入学式...
人は「趣味が合わない相手」と恋に落ちることがある
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...