平然とトゲトゲしい言葉を…今どき鬼嫁が好む“3つの口グセ”

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-06-21 06:00
投稿日:2019-06-21 06:00
「鬼嫁」と呼ばれる女性には、口グセに共通点もあるようです。日ごろから、夫を罵ったり小馬鹿にしたりする鬼嫁も多いだけに、口にする言葉も似通ってくるのかもしれません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、数々の取材で見えてきた、鬼嫁ほど夫に対して口にするフレーズを3選ご紹介します。

1:「了解」

夫婦なのに「了解」だけのLINEは寂しすぎる(写真:iStock)
夫婦なのに「了解」だけのLINEは寂しすぎる (写真:iStock)

 鬼嫁には、夫からなんらかの連絡を受けた際に、対面でもLINEでも「了解」を多用する人が少なくない模様です。

 そもそも「了解」は、ビジネスシーンであれば、目上の人から部下に対して使われるフレーズでもあるだけに、鬼嫁的には「夫を下に見ている」のが、このフレーズにあらわれるのでしょう。

 ラブラブ夫婦やNOT鬼嫁だと「わかったー」や「OK〜」などの気楽な言葉を使う妻もいるのに、鬼嫁は常に「了解」とそっけなく送り、夫の気持ちを削ぐようです。

2:「なんでそうなの?」

なんで?の嵐に返す言葉もない(写真:iStock)
なんで?の嵐に返す言葉もない (写真:iStock)

 鬼嫁の多くは「夫は、自分の意のままに動くのが当たり前」と信じて疑わない言動を繰り返します。

 そして、夫がしたことが自分の思ったことと違った場合には、即座に「なんでそうなの?」と、否定的な発言をして、夫を責める傾向も顕著。

 この「なんでそうなの?」のウラには「なんで、こんなバカなことをするわけ?」的な否定が入っているのは、言わずもがなです。

 しかも、悪妻度が高い鬼嫁ほど、夫のちょっとした言動にもこのフレーズを持ち出し、一挙手一投足に文句を言います。

「なんで」と言われても、そこまで深い理由がなく責められるわけですから、夫としては答えに窮することでしょう。

3:「ムリだから」

NOしか言わない嫁に諦めモード(写真:iStock)
NOしか言わない嫁に諦めモード (写真:iStock)

 鬼嫁は、夫との会話に容赦なく、NOを突きつける傾向もあります。

 そして、そんな鬼嫁ほど好むフレーズが「ムリだから」。

 夫から、休日の遊びの予定を提案されても「ムリだから」、食べたいおかずをリクエストされても「ムリだから」と、なんでもかんでも「ムリ」という言葉でNOを宣言するわけです。

「ムリ」と言われれば、それ以上、自分の希望を告げるわけにはいかない、かわいそうな夫たち。

「ムリなら、仕方ないよなぁ」と心やさしい夫ほど、この言葉を額面どおりに受け止め、ひとり納得しているのです。

 ◇  ◇  ◇

「了解」「なんでそうなの?」「ムリだから」と、鬼嫁が口にしがちなフレーズは、どれもよく考えるとトゲトゲしい言葉ばかり。

 こんなフレーズを毎日浴びせられる夫の心情を思うと、同情せずにはいられない人も多いのではないでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


プロポーズ間近かも? 彼の気持ちがわかる「3つのポイント」
 彼は結婚するつもりがあるのかどうかは、恋愛中の女性ならどうしても気になってしまうところ。彼が将来のことを考えているのか...
内藤みか 2021-10-28 06:00 ラブ
会えない時間に対する男女の違い&会いたい女性になるコツ♡
 女性は、好きな男性と会えない時間が増えてくると、「彼はもう私のこと好きじゃないのかな……」と、そんなふうに感じる人も多...
恋バナ調査隊 2021-10-28 06:00 ラブ
「終わらせたい…」ズルズル続いてしまった不倫をやめる方法
「不倫なんて良くない」と頭では分かっていながら続けてしまったこの恋。もうやめたいなと思っても、なかなかやめるタイミングや...
若林杏樹 2021-10-27 06:00 ラブ
あなたは甘え上手or甘え下手? 6つの特徴&原因から診断!
 あなたは人に甘えることに対して、どんな考えを持っていますか? もしも甘え下手なタイプなら、「人に甘えるのは弱い証拠」「...
恋バナ調査隊 2021-10-27 06:00 ラブ
彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ