“無意識”だからタチが悪い…服が「生乾き臭い」人を傷つけない伝え方

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2023-07-24 06:00
投稿日:2023-07-24 06:00
 セクハラやパワハラなど、いろいろなハラスメントがある中で、本人に指摘しにくいのが臭いによる「スメハラ(スメルハラスメント)」です。自分では気がついていないケースも多く、悪気もないため、指摘すれば逆に相手を傷つけてしまう可能性も……。
 今回は、服が生乾き臭い人を傷つけない上手な伝え方や、自分もそうならないようにするための予防策までをご紹介します。

伝え方の前に…生乾き臭い人は自分で気がつかない!?

臭っ!(写真:iStock)
臭っ! (写真:iStock)

 生乾き臭いことに、自分で気がついていない人もいますよね。人によると思いますが、自分の家の匂いに気がつきにくいように、慣れてしまった臭いはなかなか察知できないものです。

 特に、人の嗅覚は疲れやすいと言われていて、疲労を防ぐために嗅ぎ慣れた匂いには、順応してしまうそう。生乾き臭、順応したくないですね……。

臭っ! 服が生乾き臭い人を傷つけない上手な伝え方3つ

 さっそく、服が生乾き臭い人を傷つけずに指摘する方法を見ていきましょう!

1. 自分のせいにして気づいてもらう

私、臭くない?(写真:iStock)
私、臭くない? (写真:iStock)

 生乾き臭を自分のせいにして、遠回しに伝える方法です。相手と会った時に「今、服の生乾き臭がしたけど、私臭い!?」と言いながら、相手に臭いを嗅いでもらいます。

「臭くないよ」と言われたら、「おかしいな、臭ったんだけど……」と伝えましょう。心の中で“もしかして私!?”と思ってもらえたら、作戦大成功です。

2. 生乾きの話題を出す

部屋干し、臭うよね~(写真:iStock)
部屋干し、臭うよね~ (写真:iStock)

 自然な会話の流れで「この時期って、生乾き臭とか困るよね。私もよく生乾き臭くなるよ」と、話題に出す方法です。

 さらに、「生乾きの臭いって、自分ではなかなか気がつかないらしいよ。お互い指摘し合おうね!」と言っておきます。

「生乾き臭に悩む仲間」という意識になれば、後日臭った時にも指摘しやすいはずです。

3.「いつもは大丈夫なのに」と付け加えて伝える

挨拶がてら軽く伝える(写真:iStock)
挨拶がてら軽く伝える (写真:iStock)

 生乾き臭を指摘された人がショックなのは、「自分では気がつかないうちに、臭いと思われていたんだ」と感じること。

 傷つけないで伝えるためには、「あれ? 今日生乾き臭いかも? いつもはいい匂いなのに珍しいね!」と伝えてみましょう。

「いつもは大丈夫だけど、今日だけ臭うんだ」と思ってもらえれば、ダメージも少なくて済みますね!

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...