3年半の歳月をかけて可決された「女性ホルモン」の再開

新井見枝香 元書店員・エッセイスト・踊り子
更新日:2023-08-20 06:00
投稿日:2023-08-20 06:00

生まれも育ちも台東区、お祭り大好きな東京の下町っ子

 2023年7月29日、4年ぶりの開催となる隅田川の花火大会当日、私はシアター上野でのストリップ公演に絶賛出演中であった。

 生まれも育ちも台東区、お祭り大好きな下町っ子ゆえ、心が浮き立って仕方がない。もとより大混雑の会場に足を運ぶ気はなく、実家のベランダで飽きるほど見た花火には、物珍しさもない。ただ、夏のお祭り気分を味わいたかった。

 折しも、劇場から目と鼻の先の不忍池では「うえの夏まつり」が開催され、ほとりにはずらりと出店が並んでいる。こちらもコロナの影響で、盆踊りは4年ぶりの開催だ。

 炎天下の中、仲良しの姐さんと羊串を片手にクラフトビールを飲み、骨董市では古い着物を値切って、1000円で2枚も手に入れた。

 それでも飽き足らず、よつ葉バターをたっぷり塗り付けたクレープを一緒に齧(かじ)り、冷えたハイボールや日本酒を飲み比べ、懲りずに出直したら、店じまい直前の値引きで、シロップかけ放題のかき氷が200円だった。

 1日4回公演のシアター上野で、出番の合間を最も有効に使い切った踊り子、という自負がある。

ストリップデビュー直後にコロナ自粛

 終演後はさすがに出店は終わっていたが、花火後で賑わう上野の居酒屋で、出版関係仲間と終電まで飲んだのだから、我ながらあっぱれである。

 店じまいの早い浅草方面から上野へ、民族大移動のように、浴衣の人々が流れてくる。その誰しもが、まさかコロナでこれほどの間隔が空くとは思っていなかっただろう。

 罹患こそしなかった私にも、コロナ禍の長い間、自粛していたことがある。ストリップデビュー直後、一度開催されたきりだから、正確には3年と半年ぶりだ。

躍れない踊り子が筋トレにはまった結果…

 デビューしてすぐにコロナが流行し始め、ほとんどの劇場が休館していた頃、私には書店員という仕事があった。しかし、やがて勤め先の書店も休業が決まり、時間と体力を有り余らせた私は、Youtubeの筋トレにはまる。

 その熱中ぶりは、うっかり腹筋を割りかけたほどだが、今思えばその行為もまた、次回開催を遠のかせる原因であった。

ストリップの世界でユニセックスな体型はネガ

 もともと女性性を感じさせない、良く言えばユニセックスな体型であった私は、そのことで時折ストリップ客から一般社会ではありえない悪口を叩かれたものだが、自分自身は気に入っていたため、聞く耳を持たなかった。

 しかし、この仕事を続けるうちに、商売としてはマイナスである、と判断せざるを得なかった。書店の仕事だって、自分の好きな本ばかり並べるより、1冊でも多く売れる本屋を目指したではないか。

 仕事としてお金をもらうなら、顧客のニーズにはできるだけこたえてこそ、プロである。

 信念や主義は、そんなところで頑張るものではない。

女性ホルモンが攻勢に転じる!

 コロナ禍の間、花火大会を開催するか否かは、入念に協議が行われたはずである。それと同様、新井の中でも、休止派と再開派が様々な観点から議論を戦わせ、ついに再開が可決された。

 その結果が、ほぼ4年ぶりの生理である。私の体内は、長らく劣勢であった女性ホルモンが形勢逆転し、体はふっくら、バストも1カップUPし、うっかり以前のようにノーブラで歩けば、鼻息の荒い男子が後を付いてくるほどの求心力。自分自身でそれをコントロールしたのだから、してやったりである。

 子供を産むつもりは毛頭ないが、現在の仕事的には、定期的に開催しておいたほうがいいと、3年半かかって新井の体内で可決されたのである。

「エロくなったね」

 今後私の体はどう変わっていくのか。最近お客さんから、エロくなったね、と囁かれる。髪の色が変わっても気付かない男たちは、女性ホルモンの変化なら敏感に察知するのである。

新井見枝香
記事一覧
元書店員・エッセイスト・踊り子
1980年、東京都生まれ。書店員として文芸書の魅力を伝えるイベントを積極的に行い、芥川賞・直木賞と同日に発表される、一人選考の「新井賞」は読書家たちの注目の的に。著書に「本屋の新井」、「この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ」、「胃が合うふたり」(千早茜と共著)ほか。23年1月発売の新著「きれいな言葉より素直な叫び」は性の屈託が詰まった一冊。

XInstagram

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


モテモテ“たまたま”に熱愛発覚! ロマンチックな鼻チューにドキッ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
シゴデキだけどなかなか厄介!? 高学歴部下を持つメリットとデメリット
 自分の部下を好きに選べるなら、どんな人がいいですか? 「ポンコツはイヤ! 高学歴で聡明な、シゴデキの部下が欲しい!」と...
酷暑で園芸瀕死でも夏のお助け花「ペンタス」、どんだけ咲いてくれるのw
 暑いです。ただでさえ更年期のお年頃のワタクシ、この厳しい暑さは格別でございます。  猫店長「さぶ」率いる...
あの上司が“うさぎスタンプ”で甘えてるっ!職場への誤爆&赤面LINE10選
 職場のグループLINEは、仕事を円滑に進めるために、今や欠かせないものでしょう。でも、あろうことかそんな職場LINEに...
予約必須店で失態!食い意地が勝り、朝10時からフルコースの“敗者復活”
 汗ばむ気温のとある週末、筆者は湖畔の景色を見ながら、優雅にフルコースをいただいておりました。時計の針はまだ午前10時を...
“面倒くさい”ママ友って本当に必要?メリットとデメリットを検証してみた
 あなたにとって、ママ友は必要ですか? それとも不要ですか?「仲良しのママ友を作って、一緒に子育てを楽しみたい」と思う人...
暑い日こそIN・鍋!のんびり“たまたま”君の大あくびをパチリ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
心をすり減らす“毒友”と縁を切る3つの方法 その違和感に目を背けないで
 自分にとって毒になる友人、毒友。一緒にいて違和感を抱くあの人も、あなたにとって毒友なのかもしれません。今回は、毒友の特...
3歳娘にアタマジラミ!? 我が家を救ったアナログな退治法と意外な美容家電
 2人の保育園児を育てる我が家では先日、ちょっとした“事件”がありました。下の子どもの頭にアタマジラミが住み着いてしまっ...
女友達へのディスり誤爆!《純粋アピールのフルコンボだったじゃんね笑》深夜LINEの後悔が止まらない…
 深夜に誰かへLINEを送るときはくれぐれもご注意を。“深夜テンション”でネガティブになりすぎたり、ヤケクソになっていた...
「女人禁制」の読みは「にょにんきんせい」とは限らない?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
「明日は何時?」親の老いをLINEでも実感…切ないけれど受け入れる!
 人間誰しもいつかは老いがやってくるものです。ただ、これまでたくさんの愛情と安心を与えてくれた絶対的な存在の「親の老い」...
アラフォーが若者とのカラオケで失敗しない方法3つ 10年前の選曲はあり?
 職場での飲み会後、二次会としてよくあるのがカラオケ。アラフォーともなると、若〜い後輩を引き連れてカラオケに行くこともあ...
「スナック常連客に嫌われるNG行為」初めての店ではマジ注意して!
 いわゆる夜のお店というのは、「大人の社交場」と言われることがあります。昔からなんとなく納得してはいたんですけど、最近や...
キィー!羨ましい! 実はめらめらとママ友に嫉妬している6つの瞬間
 子どもがいると切っても切れない仲になるのが、ママ友。母として生きている女同士、話が盛り上がりますよね。その一方で、近い...
美しすぎる方向転換…国宝級“たまたま”にどこまでもついて行きます
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...