ダメなら諦める? 返信を待ち続ける女が取るべき最終手段3つ

内藤みか 作家
更新日:2019-06-27 06:09
投稿日:2019-06-27 06:01
 LINEに既読がついているのに、待てど暮らせど彼からの返事が来ない。そんな時、いつまでも待ち続けてしまう女性がいます。1年以上もじっと待っている人もいるくらい、女性は「待つ」という行為で愛情表現してしまうもの。あきらめる前に、最後に取るべき手段は、あるのでしょうか?

彼にあなたを待たせている自覚はある?

LINEが来ない…もしかして怒ってる?(写真:iStock)
LINEが来ない…もしかして怒ってる? (写真:iStock)

 彼から返信が来ない女性がまず最初にやるべきことは「私はなぜ彼を待っているんだっけ?」と振り返ってみることです。多くの待ちわび女性たちは、彼から「待っていて」と言われたわけでもないのに待ち続けているからです。「12月になったら連絡する」などと期日指定をされたわけでもありません。つまり「返信がないので返信を待っている」だけであることがほとんどなのです。

 彼はなぜその女性に返信をしないのでしょう? 多くの女性は「私がなにか気にさわるようなことを言って、気を悪くしたから」だと考えるのですが、そうではないケースがほとんどです。最後のLINEのやり取りを見直してみましょう。当たり障りのない会話であることが多く、男性側が「返事をしなくても大丈夫」と考えた可能性があるのです。つまり、彼は女性側がそんなにも返信を待ちわびているとは夢にも思っていないかもしれないのです。

とりあえず普通のLINEを送ってみる

意地を張っても仕方がない(写真:iStock)
意地を張っても仕方がない (写真:iStock)

 では女性たちはなぜ、彼からのLINEを待ち続けているのでしょうか。その理由はもちろん「彼のことが好きだから」です。そして「会話を終えたわけではなく、途中で途切れているから」なのです。

 だったらなぜ待つだけでなく自分から再び話しかけないの?と聞くと「彼が会話を終えたのだから、彼から切り出すべき」と、女のプライドが顔を出します。彼も同じように、会話が途切れたことを気にしていると考えていたいのです。

 しかし残念ながら、彼がLINEの続きをそこまで引きずっていることを覚えていないケースがほとんど。しかし女性側は「彼も私のことを好きだったらLINEを放置したりしないはず」と考え、ひたすら待ちます。意地を張っても進展しないのであれば、ここは自分から声を掛けるべき。

共通の知り合いの近況を送ってみる

共通の友人の話題に反応するかも(写真:iStock)
共通の友人の話題に反応するかも (写真:iStock)

「あの日のあの話の続きどうなった?」というものでもいいとは思いますが、引っ掛かりがあり返事ができなかったのだとすると、今回もまたスルーされる可能性があるのでできれば避けたいところ。「最近なにしてる?」というような軽い問いかけのほうが、彼も返事がしやすいのではないでしょうか。

 もしくは、共通の知人がいるのだとしたら「今度○○ちゃん引っ越すんだって」などと、その知人の動向をLINEで送るのもいいでしょう。そうすればかなりの確率で「え? 本当?」などと反応が返ってくるはずです。

誕生日何が欲しい?と送ってみる

気軽にLINEで話しかけてみては(写真:iStock)
気軽にLINEで話しかけてみては (写真:iStock)

 また、確実に返事が来る確率の高い問いかけとしては「誕生日何が欲しい?」というものもあります(クリスマスが近いのならクリスマスでもいいでしょう)。「プレゼントだなんて。気を使わなくていいよ」だったり「何かくれるの?」といううれしそうな反応だったり、アクションを向こうが起こしてくる可能性がとても高い質問なのです。モノで釣っているようで悔しいかもしれませんが、返信が欲しい場合はこんな裏の手を使う方法もあるのです。

 知り合いとのLINEを中途半端に終えたことなどない、という人はまずいないはず。そういう時はとくに悪意があるわけではなく、たまたま忙しくて返信しそびれたなど、ささいなことで止まっているはず。そういう場合、用があったらまたやりとりが発生するものです。意中の彼が返信をくれないのも、それと同じような感じかもしれません。止まったままでは、やりとりはいつまでたっても動き出しません。あまり重く考えすぎず、何気ない用事を作り、彼に話しかけてみましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 18:14 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ