エイジング化粧品に変えるのはいつから? サインの見極め方

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-15 17:02
投稿日:2019-05-09 06:00
 エイジング化粧品に変えるタイミングはいつ?とお悩みの女性は多いでしょう。「まだまだ若いのに、エイジングケアなんてしたくない!」と、現実を認めたくないのも分かりますが、始めるタイミングを逃さないことが将来の美肌を作る秘訣!今回は、そのサインの見極め方をお伝えしていきます。

エイジング化粧品ってどんなもの?いつから始めるべき?

あれ?最近肌の調子が…(写真:iStock)
あれ?最近肌の調子が… (写真:iStock)

 まずは、エイジング化粧品の基礎知識!どんなケアを指すのか、世の女性たちはいつから始めているのか、チェックしてみましょう。

エイジング化粧品とは

 エイジング化粧品とは、その名の通り加齢をケアする化粧品のこと。エイジング化粧品には紫外線や乾燥などの外的刺激から肌を守る成分や、加齢を食い止める成分などが配合されています。

「エイジング」という名前が付いていることで、比較的高齢の方が行うケアだと勘違いされがちですが、すでにある肌へのダメージを改善させつつ、将来の美肌作りにも一役買ってくれる優れたアイテムなのです。

エイジング化粧品に変えた方が良い理由

 30代に入ると、今まで問題なく使えていた化粧品が急に肌に合わなくなったと感じる女性は多いです。

 この理由は、肌内部の水分量や弾力を維持するコラーゲンやエラスチンなどの物質が、20代をピークに急激に減少することと関係しています。この影響で肌が乾燥しやすくなり、肌のバリア機能が衰えて外的刺激に弱い肌質へと変化してしまうのです。

 エイジング化粧品は、加齢に伴い衰えがちな年齢肌を考えて作られているため、不足しがちな保湿成分やアンチエイジング成分をたっぷりと外部から補ってくれます。

一般的には30代から始める女性が多い

 リサーチしてみると、エイジング化粧品に変えるタイミングは30代が圧倒的に多いです。

 でも、肌状態は人それぞれ。例えば、紫外線をどれだけ浴びてきたか、もともと乾燥しやすい肌質か、など、個人差が大きく、人によっては20代からエイジングサインが出ていることもあるため、始めるタイミングを見誤らないようにすることが肝心です。

こんなエイジングサインを感じたら要注意!

 一見、トラブルがない肌状態でも、加齢の波は確実に肌にも襲いかかってきます。そこで、こんなチェックリストを用意しました。鏡を見て以下のポイントをチェックしてみましょう。

【こんなエイジングサインに注意!】

・鼻から頬にかけて毛穴が目立つようになった
・笑うと目元や口元の細かいシワが目立つ
・ほうれい線や目尻、ひたいのシワがくっきりとしてきた
・目の下のクマやくすみで肌のトーンが暗く見える
・肌全体のたるみを感じる
・シミが出てきたor濃くなってきた
・ニキビ跡が治りにくくなってきた
・頬を持ち上げると毛穴がなくなる
・枕の跡が消えない
・アイラインが綺麗に引けなくなった

 上記のポイント以外にも、「肌質が今までとは違う」と感じたら、それがエイジング化粧品への移行時期でもあるかもしれません。小さな変化を見逃さないように、毎日のスキンケアを丁寧に行うことも大切ですね。

エイジング化粧品の選び方のポイント

エイジング化粧品は保湿成分+αで選ぼう(写真:iStock)
エイジング化粧品は保湿成分+αで選ぼう (写真:iStock)

 大手メーカーからプチプラ化粧品まで、エイジングケアができる商品は多岐に渡ります。どんなことに注目して選べば良いのか、押さえておきたいポイントをお伝えします。

保湿成分+αの成分に注目する

「エイジング化粧品」と記載されているからといって、どれでもOKというわけではありません!自分の肌悩みを改善してくれる成分が、きちんと配合されているかをしっかりチェックしましょう。

【悩み別おすすめ成分】

・シミ・そばかす……メラニンを還元するとされる成分(ビタミンC誘導体など)

・シワ・たるみ……肌内部のコラーゲンを増やすとされる成分(レチノールなど)

 ただし、シミ・そばかす用であれ、シワ・たるみ用であれ、エイジングケアの1番の基本は「保湿」です。本来の肌の力が加齢によって弱まるからこそ、セラミドなどの優れた保湿成分が配合されているかどうかも重要ですよ。

 また、シミやシワを改善させる成分は少なからず肌への刺激が強い成分も多いため、肌が弱い方はサンプルを使用したり、パッチテストを行ってから始めると安心です。

続けられる価格かどうか

 エイジング化粧品は、比較的高価な価格帯のものが多いです。基本的に化粧品は継続することで効果が出やすくなると言われているため、続けられる価格帯のものかどうかをチェックするのも大切。

 高価な化粧品をケチケチ使うよりは、価格帯を落としてでも十分に保湿を行った方が◎。高い=必ずしも良いという訳ではないため、自分の肌と相談しながら愛用できる化粧品を探してみてくださいね。

化粧品に頼ったエイジングケアでは不十分!中からのケアを併用するのが◎

健康的な食生活も美肌には不可欠(写真:iStock)
健康的な食生活も美肌には不可欠 (写真:iStock)

 残念なことに、エイジング化粧品を使っているからといって、加齢の影響を全て食い止めることはできません。スキンケア以外にも睡眠の質に気を遣ったり、ビタミンが多く含まれる食事を摂るなどの工夫が肝心でしょう。肌のたるみをリフトアップできる「顔トレ」なんかもおすすめです。

 肌状態は手をかけた分だけ、確実に良くすることができます。ぜひ、自分の肌に合う化粧品を見つけて、将来の美肌をキープしてくださいね♪

ビューティー 新着一覧


使って実感!40代女の不調に手放せない5品 2022.12.6(火)
 ワタシの身体をいたわってくれるのは、ワタシだけ。ワタシの体調管理に気を配ってくれるのは、ワタシだけ。だからこそ自分自身...
 40代もに試せる「偽装ほくろ」メイク 胸元にもあると素敵!
 目の下や口元にセクシーなほくろがある人って、女性としても魅力を感じますよね。でも、「私はほくろがないから仕方ない」と諦...
二枚爪コンプレックスに“補強&やすり”投入!2022.12.3(土)
 これから本格的に乾燥が気になる季節がやってきます。冬が誕生日の筆者は手がカサカサになりやすいタイプで、それを見かねた友...
超怖~い「40代の運動不足」老後のために今日からできること
 30代までは元気に過ごしていたけれど、40代になってから運動不足が顕著で、体力が激しく低下したと感じる人は多いですよね...
「NMN」配合化粧品で“若返り肌”も夢じゃない?【医師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
篠原涼子完全プロデュース「ペルルセボン」は匂いがキツっ!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...