エイジング化粧品に変えるのはいつから? サインの見極め方

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-15 17:02
投稿日:2019-05-09 06:00
 エイジング化粧品に変えるタイミングはいつ?とお悩みの女性は多いでしょう。「まだまだ若いのに、エイジングケアなんてしたくない!」と、現実を認めたくないのも分かりますが、始めるタイミングを逃さないことが将来の美肌を作る秘訣!今回は、そのサインの見極め方をお伝えしていきます。

エイジング化粧品ってどんなもの?いつから始めるべき?

 まずは、エイジング化粧品の基礎知識!どんなケアを指すのか、世の女性たちはいつから始めているのか、チェックしてみましょう。

エイジング化粧品とは

 エイジング化粧品とは、その名の通り加齢をケアする化粧品のこと。エイジング化粧品には紫外線や乾燥などの外的刺激から肌を守る成分や、加齢を食い止める成分などが配合されています。

「エイジング」という名前が付いていることで、比較的高齢の方が行うケアだと勘違いされがちですが、すでにある肌へのダメージを改善させつつ、将来の美肌作りにも一役買ってくれる優れたアイテムなのです。

エイジング化粧品に変えた方が良い理由

 30代に入ると、今まで問題なく使えていた化粧品が急に肌に合わなくなったと感じる女性は多いです。

 この理由は、肌内部の水分量や弾力を維持するコラーゲンやエラスチンなどの物質が、20代をピークに急激に減少することと関係しています。この影響で肌が乾燥しやすくなり、肌のバリア機能が衰えて外的刺激に弱い肌質へと変化してしまうのです。

 エイジング化粧品は、加齢に伴い衰えがちな年齢肌を考えて作られているため、不足しがちな保湿成分やアンチエイジング成分をたっぷりと外部から補ってくれます。

一般的には30代から始める女性が多い

 リサーチしてみると、エイジング化粧品に変えるタイミングは30代が圧倒的に多いです。

 でも、肌状態は人それぞれ。例えば、紫外線をどれだけ浴びてきたか、もともと乾燥しやすい肌質か、など、個人差が大きく、人によっては20代からエイジングサインが出ていることもあるため、始めるタイミングを見誤らないようにすることが肝心です。

こんなエイジングサインを感じたら要注意!

 一見、トラブルがない肌状態でも、加齢の波は確実に肌にも襲いかかってきます。そこで、こんなチェックリストを用意しました。鏡を見て以下のポイントをチェックしてみましょう。

【こんなエイジングサインに注意!】

・鼻から頬にかけて毛穴が目立つようになった
・笑うと目元や口元の細かいシワが目立つ
・ほうれい線や目尻、ひたいのシワがくっきりとしてきた
・目の下のクマやくすみで肌のトーンが暗く見える
・肌全体のたるみを感じる
・シミが出てきたor濃くなってきた
・ニキビ跡が治りにくくなってきた
・頬を持ち上げると毛穴がなくなる
・枕の跡が消えない
・アイラインが綺麗に引けなくなった

 上記のポイント以外にも、「肌質が今までとは違う」と感じたら、それがエイジング化粧品への移行時期でもあるかもしれません。小さな変化を見逃さないように、毎日のスキンケアを丁寧に行うことも大切ですね。

エイジング化粧品の選び方のポイント

 大手メーカーからプチプラ化粧品まで、エイジングケアができる商品は多岐に渡ります。どんなことに注目して選べば良いのか、押さえておきたいポイントをお伝えします。

保湿成分+αの成分に注目する

「エイジング化粧品」と記載されているからといって、どれでもOKというわけではありません!自分の肌悩みを改善してくれる成分が、きちんと配合されているかをしっかりチェックしましょう。

【悩み別おすすめ成分】

・シミ・そばかす……メラニンを還元するとされる成分(ビタミンC誘導体など)

・シワ・たるみ……肌内部のコラーゲンを増やすとされる成分(レチノールなど)

 ただし、シミ・そばかす用であれ、シワ・たるみ用であれ、エイジングケアの1番の基本は「保湿」です。本来の肌の力が加齢によって弱まるからこそ、セラミドなどの優れた保湿成分が配合されているかどうかも重要ですよ。

 また、シミやシワを改善させる成分は少なからず肌への刺激が強い成分も多いため、肌が弱い方はサンプルを使用したり、パッチテストを行ってから始めると安心です。

続けられる価格かどうか

 エイジング化粧品は、比較的高価な価格帯のものが多いです。基本的に化粧品は継続することで効果が出やすくなると言われているため、続けられる価格帯のものかどうかをチェックするのも大切。

 高価な化粧品をケチケチ使うよりは、価格帯を落としてでも十分に保湿を行った方が◎。高い=必ずしも良いという訳ではないため、自分の肌と相談しながら愛用できる化粧品を探してみてくださいね。

化粧品に頼ったエイジングケアでは不十分!中からのケアを併用するのが◎

 残念なことに、エイジング化粧品を使っているからといって、加齢の影響を全て食い止めることはできません。スキンケア以外にも睡眠の質に気を遣ったり、ビタミンが多く含まれる食事を摂るなどの工夫が肝心でしょう。肌のたるみをリフトアップできる「顔トレ」なんかもおすすめです。

 肌状態は手をかけた分だけ、確実に良くすることができます。ぜひ、自分の肌に合う化粧品を見つけて、将来の美肌をキープしてくださいね♪

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

ビューティー 新着一覧


美容医療は不要かも!40代美容家の肌悩みを救う“夏ガチ愛用コスメ”3選
 毎年、梅雨入り前後から「毛穴」「くすみ」「部分テカリ」の三重苦に悩む私は、夏本番に備え、デイリーコスメを見直しています...
遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...