がん→子宮全摘まで“カウントダウン1カ月”の記録<私生活編>

コクリコ 編集者
更新日:2019-09-28 06:49
投稿日:2019-07-02 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー1年生です。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

元気、泣き虫…“ビリー・ミリガン”の日々

気持ちをコントロールできない(写真:iStock)
気持ちをコントロールできない (写真:iStock)

【Note.09】

 がんによる子宮全摘という大きな手術を1カ月後に控えていた私。一体、どんな風に過ごしていたと思われますか?

 普段は比較的メンタルが安定しているほうですが、この時期はがんになった私をひとりで受け止めなくては、一方では目をそらしたい気持ちもあり、感情の浮き沈みが非常に激しかった。

・異常に元気なコクリコ
・攻撃的なコクリコ
・泣き虫のコクリコ

 それらすべてが入り混じった、躁鬱状態。たとえるなら多重人格の“ビリー・ミリガン”のようであった日々……。私と同じように独身女性ががんと向き合う際の支えになれば幸いです。

★続く検査。ひとりぼっちでさみしい待合室

 転移の有無の確認と手術に備えて、病院で3度検査をしました。MRIとCT、エコー。血液検査などです。

 がん専門病院は高齢のご夫婦や親子で通院されている方が多く、病院に行くたびに「みんなは寄りそってくれる人がいて、いいな。旦那さんもいないし、私ってひとりなんだな……」と待合室で心細く、悲しくなっていました。とにかく待ち時間も長いので、その時間ひとりでいることがつらくて、友達や心配してくださっている知人にくよくよとしたメールを送ることもありました。

 そんな私を心配して三重県からかけつけてくれた既婚の友達は、こう言います。

「年寄りになると普段そんなに出かけることもないから、ただ旦那さんがついてきちゃっただけなんじゃないかなー。暇なんだよ。うちだって年を取ってからどっちかが病気になったら、“それじゃ一緒に行こうかな”ってなると思う」

 目からうろこがポロリ。なんだ、暇だからなのか。

 ともに年を重ねて支え合う夫婦っていいな、なんで私はひとりなんだろう…と思っていたけど、一気に元気が出て、その後は待合室でも平常心を保つことができるようになりました。本当のところはどうかわかりませんが……。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


えっ“たまたま”が落ちてる?夏の夕暮れの路地で大胆ポーズ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月4日~7月10日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「40代の女子会」手抜きメークは“ご法度”!NGマナーの確認を
 気の合う女性同士が集まって、本音を言い合いながら楽しめる「女子会」ですが、大人になると、やはりそれなりのマナーが必要で...
「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...
招き猫“たまたま”の「おいでおいで♪」に吸い寄せられちゃう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 6月27日~7月4日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
すいかばかと呼ばれる男<2>ハッパ64で10年に一度のすいかを
 山梨県のすいかの生産量は全国で最下位の47位。その山梨県北杜市で、ひとりこだわりのすいかを作る男がいる。寿風土(ことぶ...
「40こえたら大変」うぜえ!思い込み激しい系からの迷惑LINE
「思い込み」は、本人が気づいていないからやっかいなもの。悪気があるわけでもないから、こちらが傷ついても文句が言えないのも...
自称・田中みな実系女子のウザLINE!日焼け止めはパーツ別で
 フリーアナウンサーで女優の田中みな実さん。その美意識の高さや、あざと可愛い性格に憧れる女性は多いですよね! でも、“田...
自分は何フェチ? 先輩お姉さんらも実践する「幸福度」の話
 みなさんは自分のフェチ、分かってますか? 何故それが好きなのか、具体的な理由は言えるでしょうか。私は最近、心のダメージ...