がん→子宮全摘まで“カウントダウン1カ月”の記録<私生活編>

コクリコ 編集者
更新日:2019-09-28 06:49
投稿日:2019-07-02 06:00

ウイルスを移した犯人はだれだ!?

ごしごししてから(写真:iStock)
ごしごししてから (写真:iStock)

 がんになったことが悔しくて、原因を知りたいと思って調べていました。子宮頸がんはおもに性交渉によってHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染し、それががん化することが原因であるというお話を以前書きました。

 ということは、すなわち、誰かが私にHPVを移したということです。

 腫瘍が2㎝になるまでには5~10年かかるといわれましたが、「10年前か……どいつだ!?」と犯人を突き止めて、土下座でもしてもらわないと気がすまない!(超怖い“ビリー・ミリガン”出てきた)。

 子宮頸がんワクチンはその副作用も知らされているので、推進されることがいいのかはわかりません。でも、いずれにしてもリスクを負うのは女性だけだなんて、おかしいですよね。男もなんかしてくれよ。

 防げる方法はないの? コンドームでは防げない? 調べてみると、コンドームをつけていても、ウイルスは男性器の付近についていると感染するそうです。ですが、1件のみ「セックス前に男性器を石けんで洗うとHPVの感染予防に」という記事を見つけました。ほら! あるじゃない、できること。

 ただし、「男性器を洗ってもHPVを完全に除去する効果はないが、洗って清潔にすることにはほかにも意味がある」というようなことが書いてありました。まあ、それはそうでしょうね。

 諸説あるものの、子宮体がん罹患率は欧米などの先進国で多いのに対し、子宮頸がんの罹患率は発展途上国で多い(※国立がん研究センターのHP参照)ことからも、なんとなくですがコンドームの使用や、男性がしっかり性器をお風呂で洗うことなどは感染の予防になるのではないかなと私は思っています。

 次回(7/9公開予定)は、仕事はどうしていたのか、についてお話しさせていただきますね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が、結婚後に女...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。日常的に知らず知らずにやってしまう人間観察。そんな中で育ちがよさそう!と思わ...
FILM
 毎日溜まっていく汚れたお皿や洋服、ほこり……。特に、フルタイムで働いている女性にとって家事をする時間はできるだけ短縮し...
FILM
 緊急事態宣言が解除されて早くも1カ月。まだまだ街に賑わいが戻ったとは言いがたく、慎重な生活が求められている今日この頃で...
FILM
 にゃんたまωにひたすらロックオン!  きょうも出逢ったイケてる猫に声をかけて、にゃんたまストリートスナップ撮影。...
FILM
 遥か昔、ワタクシが幼少の頃。学校の帰り道にあった大きな造園会社の塀に絡まって咲いていた、何とも摩訶不思議なお花がござい...
FILM
 バセドウ病によって甲状腺の全摘手術に至ってから、まもなく1年になろうとしています。  術後の経過は順調で、今は体力や...
FILM
 ニャンタマニアのみなさま、お待たせしました。  きょうは久しぶりに、「接写したくなるにゃんたまω」です。 ...
FILM
 ご飯作りは、毎日の生活の中で切り離せない大事な家事のひとつ。しかし、仕事で疲れていたり、献立を考えるのが面倒だったり、...
FILM
 コロナ期、私たちはSNSを利用して、リアルで減ってしまったコミュニケーションを埋めました。人と会えない期間によって、よ...
FILM
 土鍋を置いておくと、猫がまあるくなって中に入る「ネコ鍋」現象がありますが、透明ボウルを置いてみたら、やはり!入りました...
FILM
 ある日の昼下がり。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんに、この日も悩める子羊がお花を買いにやってまいりました。...
FILM
 寛解に向かっていたバセドウ病が再燃してからは、ひとことで言うと「地獄」。何をしても良くならない症状が、日を追うごとにひ...
FILM
 世界で一番多くのにゃんたまωを撮影する、猫フェチカメラマン・芳澤です。  「いいえ、我こそがにゃんたま撮影数世界...
FILM
 みなさんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が結婚後に女性が...
FILM
 きょうは、小さな港地区のにゃんたま兄貴。  強くて賢くてカッコイイからみんなに一目置かれていて、次期のボス猫候補...