タピオカ発祥の地 台湾で本当に人気のタピオカドリンクは?

インリン タレント、表現者
更新日:2019-07-04 06:00
投稿日:2019-07-04 06:00
 日本で爆発的に人気なタピオカ、モチモチした食感がたまらなくて皆大好き。今回はそんなタピオカの発祥の地である台湾から、現地で本当に人気があるタピオカドリンクをご紹介します。

「COCO都可」百香雙響炮〜タピオカ&ナタデココのパッションフルーツティー~

夏にピッタリな爽やかさ(写真:インリン)
夏にピッタリな爽やかさ (写真:インリン)

 日本にも支店があり、世界で3000店舗を展開しているCOCOのドリンクスタンドは台湾各地で見かけます。そんなCOCOのドリンクメニューの中に、現地の若者に大人気なドリンクがあります。

 それは、長い間不動の人気ナンバー1の「百香雙響炮〜タピオカ&ナタデココのパッションフルーツティ~」。爽やかなパッションフルーツティーとともに、ツルッと口に入ってくるタピオカとナタデココの絶妙な歯ごたえ。

 一度飲んだら忘れられない、夏にピッタリなドリンクです。

「50嵐」冰淇淋紅茶(加珍珠)〜アイスクリーム紅茶(+タピオカ)~

バニラアイスと紅茶の組み合わせ(写真:インリン)
バニラアイスと紅茶の組み合わせ (写真:インリン)

 台湾に500店舗を展開し、日本にも進出している「50嵐」で、現地の方に人気のドリンクは「冰淇淋紅茶(+珍珠)〜アイスクリーム紅茶(+タピオカ)~」。

 台湾の暑い気候で、バニラアイスが少しずつ溶けていきますが、この溶けかけのバニラアイスと紅茶を混ぜ合わせながら飲むのがとても美味しく人気。早めにアイスを溶かしたい方は「去冰(氷なし))」で注文するといいかもしれません。

 そして、あまり知られていない情報ですが、アイスクリーム紅茶にタピオカをトッピングしてもらうのは無料なんだそうです。

「KEBUKE可不可熟成紅茶」熟成檸果(+白玉珍珠)〜アイスレモンティー(+白タピオカ)~

大人のタピオカドリンクは甘さ控えめ(写真:インリン)
大人のタピオカドリンクは甘さ控えめ (写真:インリン)

 2008年台中発のドリンクスタンド店。現在台湾で全土で100店舗以上展開している「KEBUKE」は、中世イギリス風の洗練されたおしゃれな店舗デザインが目を引きます。まさに大人のタピオカドリンク屋さんという感じでしょうか。

「KEBUKE」はお茶にこだわりがあり、熟成紅茶を使用し、さらにタピオカは黒砂糖を加えていない甘さ控えめな白玉珍珠(白いタピオカ)。渋みが少なく、熟成された程よい甘みのある紅茶がお好みの方にはおすすめ。そして実はドリンクスタンドではなかなか見かけないアイスレモンティーのメニューも……。

 ここ「KEBUKE」には1日数量限定販売の「熟成檸果」というアイスレモンティーがあり、さっぱりした味わいでとてもおすすめです。白玉タピオカのトッピングもお忘れなくご注文ください。

インリンがハマっているのは?

懐かしい味のタピオカ小豆ラテ(写真:インリン)
懐かしい味のタピオカ小豆ラテ (写真:インリン)

 おまけ情報ですが、私自身は「茶湯會」の珍珠紅豆拿鐵(タピオカ小豆ラテ)にハマっています。子供の頃に大好きでよく食べていた小豆ミルクかき氷の味とよく似ていて、とても懐かしいのです。

 いかがでしたか? 王道のタピオカミルクティーはもちろんとても美味しいけど、でも実はオリジナルメニューの方が人気だった台湾のタピオカドリンク事情でした。

 今年の夏の台湾旅行のご予定がある方参考になったかな?

関連キーワード

フード 新着一覧


「枝豆の中国風おつまみ」口に入れた瞬間スープがジュワッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、2年連続でミシュランのビブグルマンに輝いた大阪...
「しいたけと食べるラー油のオーブン焼き」食感に秘密あり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木のイタリアンレストラン「ラ・ブリアン...
「長芋タンドリー」めでるように育てながらじっくり焼いて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木のイタリアンレストラン「ラ・ブリアン...
「ネクストなハムカツ」サラミを使って驚くほどジューシーに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木のイタリアンレストラン「ラ・ブリアン...
日本酒と相性抜群「魚のワンタン」白身魚ならなんでもOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門のダイニングバー「都映」の水谷大輔さ...
可愛すぎる! ホットケーキミックスでアメリカンドッグ!!
 年明け1回目は人気のホットケーキミックスを使ったレシピをご紹介します! 引き続き、おうちでごはんを作る機会も多くなると...
ぐっち夫婦 2021-01-17 06:00 フード
「チーズトマトの包み焼き」アンチョビーを加え洋風なコクを
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門のダイニングバー「都映」の水谷大輔さ...
「ピカパウ」濃厚&サッパリのポルトガル定番スナックフード
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
「じゃがいもとワサビ漬けのバター炒め」加熱でうま味際立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
「塩茹でエビ」軽く茹でるだけ…でも異様なまでに甘い驚き
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
コッテリ&さっぱり「牛テール焼とパクチーのサラダ仕立て」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
「若鶏のラタトゥイユスタイル」味わいと歯ごたえのバランス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
食感の対比が楽しい「国産和牛もつのガーリックバター炒め」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
パーティにぜひ!朝仕込みで簡単に作れるタンドリーチキン
 12月になるとチキンが食べたくなる……そんなことありませんか? そこで今回は朝に仕込むことでおいしく仕上がる、大人も子...
ぐっち夫婦 2021-01-18 20:19 フード
「ラム酒の入ったフレンチトースト」ラムで風味を付ける口福
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
「酒盗マヨネーズ」罪深い美味しさの秘密は“4対1”の黄金比率
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...