喧嘩で黙る男性の奥底で何が? その理由をパターン別に分析

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-07-12 06:00
投稿日:2019-07-12 06:00
 男女の喧嘩で女性が“話し合いたい”と思うと、男性が黙って何も言わなくなるケース、よくありますよね。これってなぜ起こると思いますか? 背景には男女間の大きな認識の違いがあり、結果として「女性は怒り、男性は黙る」のです。
 今回は、このように男性が黙ってしまう現象のメカニズムについて解説いたします。

男性が喧嘩で黙る時…ポジティブな理由

男性はどうして黙るの?(写真:iStock)
男性はどうして黙るの? (写真:iStock)

 さて、まずは男性が喧嘩で黙ってしまう理由について、ポジティブな側面からお話しします。ポジティブな側面というのは、男性側としては前向きな視点から行動した結果、黙ってしまっているケースがあるのです。

女性の怒りの火に油を注ぎたくないから

 まずは、何か発言をしてしまうと「女性の怒りの火に油を注いでしまう可能性がある」場合です。女性の中には、話せば話すほど「自分の気持ちをわかってくれない!」と不機嫌になったり、発言した意図とは全く違う解釈をして、怒りが倍増する方がいます。

 そういう事例を体験した男性は「沈黙は金なり」の金言のごとく、口をつぐむのです。こうした場合、いったん冷静になってからじっくり話をしようとすると、男性は口を開いてくれるでしょう。

冷静に聞いてもらえる話し方を考えているから

 こちらは、LINEなどでもよくあるケースです。女性の発言の意図を図りかねる場合、男性は質問したいところですが、質問で返すとキレる女性もいることから、男性はどう返事をしたらいいか、頭を悩ませているのです。

 また、同じ内容でも言い方の違いで印象はかなり違いますよね? そのため、何をどう言うと一番いいのかを考えている場合、どうしても黙っている時間が長くなってしまうのです。

男性が喧嘩で黙る時…ネガティブな理由

強く言われると逃げ出したくなる(写真:iStock)
強く言われると逃げ出したくなる (写真:iStock)

 お次は、男性が黙っている理由のネガティブ編です。

話しても無駄と思っているから

 これは、女性との話し合いに疲れてしまった男性に多くみられる傾向です。何を話しても、どう話しても、「私の気持ちなんて全然わかってくれないんでしょ?」という結論に行き着いてしまう絶望を感じてしまった男性は、ただひたすら口をつぐんでしまいます。

責められると逃げたくなるから

 男性には、強い口調で女性から責められると、逃げたい気持ちから黙ってしまう人もいます。これは、男性と女性のギャップからくるものです。女性としては真剣に思っているからこそ話し合いたいと思っても、男性側はそこまでの気持ちになっていない。そんな時に、こういうケースがよく起こるものなのです。
 
 一般的には、女性の方が男性に対して将来的な関係を早い時期からイメージする傾向にあり、その結果、男性の中でまだ気持ちがついて行っていない状態でも、将来に向けてしっかり話し合っておきたいと女性側が考えていると、このような男女間のギャップから男性側が黙ってしまうというケースが起こり得ます。

男女間における「話し合い」の捉え方の違い

話し合いの違いを意識しないと溝は深まる一方(写真:iStock)
話し合いの違いを意識しないと溝は深まる一方 (写真:iStock)

 ここで、そもそも男女間における「話し合い」の捉え方の違いについても解説しておきましょう。

 よく言われていることですが、女性にとっての話し合いとは、「お互いに感じていることや気持ちを伝えること」であり、男性にとっては「問題や課題を共有し、解決するもの」であります。この違いを意識せずに話し合いをしようとすると、あっという間に大炎上が起こってしまいます。

 男性からみると「気持ちをぶつけられる」ことは、話し合いではなく一方的にキレられていると感じ、「結局、言いたいことは何?」と思う傾向にあります。

 一方、男性が「問題は何だろう?」と発言すると、女性は「あなたは私のことを問題だと思ってるんだね? 私の気持ちなんて全然わかってくれようとしないくせに」という反応が起こるのは、男女あるあるですよね。

喧嘩で黙られたときにどうしたらいいのか?

よーしよしよし♪(写真:iStock)
よーしよしよし♪ (写真:iStock)

 喧嘩で男性が黙る理由はお分かりいただけたかと思いますが、こういう時、実際にどうしたらいいのでしょうか。使えるテクニックを最後にご紹介させていただきます。

1. 冗談を言ってみる

 意外と効くのが、ちょっとした冗談を言ってみることです。男性が黙っている時は、その重い空気からますます口を開きにくくなっている場合があります。そこで、こうした場を少しでも軽くし、話しやすくしてあげると、男性側の本音も出てくるかもしれません。この際、「冗談か本気か分からないようなブラックなネタ」は避けるようにしましょう

2. 頭をなでてみる

 髪の毛をくしゃくしゃする。そう犬のようになで回します。こうすると、ほとんどの男性は素直になるようです。あなたの愛犬のような気持ちで、わしゃわしゃしてあげましょう。そう、ムツゴロウさんのような気持ちで一生懸命やるのです。

3. 喫茶店のマスター風にコーヒーを

 無言でカウンターにたたずむ人に、そっとコーヒーを出す喫茶店のマスター。きっと人生で一度はドラマなどで見たとことがあるのではないでしょうか?

 人は食べ物や飲み物を与えられると、相手に対して気持ちを開く傾向にあります。この法則を利用し、渋い喫茶店のマスター風に、コーヒーを出してあげれば、彼も少しは心を開いてくるはず。

「マスター、実は俺はさぁ……」

 そんな彼の言葉をじっと待ってあげましょう。

しめサバ子
記事一覧
マルチポテンシャライトライター
主に恋愛・性に絡むネタを執筆。ライター業以外にも法務や税務、イベント企画、プログラミング、起業、ひいては寿司を握るなど、興味を持ったことに手当たり次第に挑む。休日はシメサバ作りをこよなく愛する。
Twitter

関連キーワード

ラブ 新着一覧


モテるのに彼氏ができない 本命になれない30代女のガチ原因
「いいところまで行くのに彼氏ができない」 「もう数年間も、ちゃんとした恋人ができてない」  20代の時は彼氏彼女の関...
若林杏樹 2023-02-01 06:00 ラブ
モテるアラフィフ独身男は要注意? “難あり物件”に見られる5つの特徴
 昔に比べて、今はアラフィフでも若々しく魅力的な男性ってとても多いですよね。結婚相手を探している女性の中には、色気があり...
恋バナ調査隊 2023-02-01 06:00 ラブ
違和感は放置しない! 金銭感覚が合わない彼との付き合い方
 彼の金遣いの荒さにびっくりしたり、逆に財布のヒモの固さに引いたことはありませんか? 金銭感覚のズレを放置すると、後々苦...
恋バナ調査隊 2023-01-31 06:00 ラブ
既婚者マッチングアプリって?実際に使ってみた感想と注意点
 巷でひっそりと流行している「既婚者マッチングアプリ」をご存じですか?  その名の通り、既婚者専用のマッチングアプリで...
まめ 2023-01-31 06:00 ラブ
非・顔面国宝でなぜモテる?「雰囲気イケメン」特徴5つと落とすポイント
 男性の中には“顔面国宝”ってわけでもないのに、素敵なムードを醸し出していてなぜかモテる人がいます。それが雰囲気イケメン...
恋バナ調査隊 2023-01-30 06:00 ラブ
浮気も姑問題も解決!妻が夫に仕掛けた“わざと誤爆LINE”作戦
 いつの時代も、夫を上手に手のひらで転がしている賢い妻はいますよね。特に現代では、LINEを巧みに使って夫にわざと誤爆L...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ
実家が太い男“ほぼ100パー”特徴と見極め方 玉の輿乗れますか
 結婚相手を選ぶ時、「お金じゃない」なんて言いながらもリッチな男性につい惹かれてしまう女性は多いのではないでしょうか。不...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ
理系男子に告ぐ! イチイチめんどくさい恋愛エピ&対処法
 知的でクールな印象の理系男子って魅力的ですよね。でも、理系男子に惹かれてお付き合いをはじめた女性の中には、理系ならでは...
恋バナ調査隊 2023-01-28 06:00 ラブ
デート代、端数も計算してたんかい!ケチな男の仰天LINE3選
「好きなら男に経済力なんかなくてもいい!」と思っているそこのあなた。リアルに“ケチ”な姿を見ても、同じセリフを言えますか...
恋バナ調査隊 2023-01-28 06:00 ラブ
「アプリで見つけた彼女候補」と主張 一線越える気がない男
「冷酷と激情のあいだvol.127〜女性編〜」では、アプリで出会った恋人であるナオキさん(仮名)と半年間にわたって一度も...
並木まき 2023-01-28 06:00 ラブ
お金狙い?結婚前提なのにレスな彼にしびれを切らす45歳独女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-01-28 06:00 ラブ
めんどくさいと諦め寸前エピ…繊細彼氏→最高彼氏にバケる!?
 細かいところに気がついてくれる彼氏って素敵ですよね。「よく気が利く」「気持ちを察してくれる」と、はじめは魅力を感じるで...
恋バナ調査隊 2023-01-27 06:00 ラブ
私たちが事実婚を選んだ3つの理由 デメリットも忘れないで
 婚姻届を提出せずに、夫婦と同じような関係で生活を送る「事実婚」。内縁関係とも言われますね。女性なら、結婚して籍を入れる...
恋バナ調査隊 2023-01-27 06:00 ラブ
連チャン最優先!? ギャンブル好き彼氏の激ヤバエピ&上手に付き合う法
 どんなにイケメンで魅力的な彼氏でも、ギャンブル好きだとわかった時点でドン引きしてしまう女性も多いでしょう。今回は、ギャ...
恋バナ調査隊 2023-01-26 06:00 ラブ
ATMにされてない? ママ活男子のおねだりに必殺返しワザ3選
 パパ活の逆ヴァージョンであるママ活という言葉が生まれて数年が経ちました。  それ以降、マッチングアプリではお金目当て...
内藤みか 2023-01-26 06:00 ラブ
友達を好きになったら…告白で関係を壊したくない人の注意点
 今まで恋愛感情がなかった異性の友人に対して、ひょんなことで「自分はあいつが好きなんだ」と気づいてしまった……なんてこと...
若林杏樹 2023-01-25 06:00 ラブ