喧嘩で黙る男性の奥底で何が? その理由をパターン別に分析

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-07-12 06:00
投稿日:2019-07-12 06:00
 男女の喧嘩で女性が“話し合いたい”と思うと、男性が黙って何も言わなくなるケース、よくありますよね。これってなぜ起こると思いますか? 背景には男女間の大きな認識の違いがあり、結果として「女性は怒り、男性は黙る」のです。
 今回は、このように男性が黙ってしまう現象のメカニズムについて解説いたします。

男性が喧嘩で黙る時…ポジティブな理由

男性はどうして黙るの?(写真:iStock)
男性はどうして黙るの? (写真:iStock)

 さて、まずは男性が喧嘩で黙ってしまう理由について、ポジティブな側面からお話しします。ポジティブな側面というのは、男性側としては前向きな視点から行動した結果、黙ってしまっているケースがあるのです。

女性の怒りの火に油を注ぎたくないから

 まずは、何か発言をしてしまうと「女性の怒りの火に油を注いでしまう可能性がある」場合です。女性の中には、話せば話すほど「自分の気持ちをわかってくれない!」と不機嫌になったり、発言した意図とは全く違う解釈をして、怒りが倍増する方がいます。

 そういう事例を体験した男性は「沈黙は金なり」の金言のごとく、口をつぐむのです。こうした場合、いったん冷静になってからじっくり話をしようとすると、男性は口を開いてくれるでしょう。

冷静に聞いてもらえる話し方を考えているから

 こちらは、LINEなどでもよくあるケースです。女性の発言の意図を図りかねる場合、男性は質問したいところですが、質問で返すとキレる女性もいることから、男性はどう返事をしたらいいか、頭を悩ませているのです。

 また、同じ内容でも言い方の違いで印象はかなり違いますよね? そのため、何をどう言うと一番いいのかを考えている場合、どうしても黙っている時間が長くなってしまうのです。

男性が喧嘩で黙る時…ネガティブな理由

強く言われると逃げ出したくなる(写真:iStock)
強く言われると逃げ出したくなる (写真:iStock)

 お次は、男性が黙っている理由のネガティブ編です。

話しても無駄と思っているから

 これは、女性との話し合いに疲れてしまった男性に多くみられる傾向です。何を話しても、どう話しても、「私の気持ちなんて全然わかってくれないんでしょ?」という結論に行き着いてしまう絶望を感じてしまった男性は、ただひたすら口をつぐんでしまいます。

責められると逃げたくなるから

 男性には、強い口調で女性から責められると、逃げたい気持ちから黙ってしまう人もいます。これは、男性と女性のギャップからくるものです。女性としては真剣に思っているからこそ話し合いたいと思っても、男性側はそこまでの気持ちになっていない。そんな時に、こういうケースがよく起こるものなのです。
 
 一般的には、女性の方が男性に対して将来的な関係を早い時期からイメージする傾向にあり、その結果、男性の中でまだ気持ちがついて行っていない状態でも、将来に向けてしっかり話し合っておきたいと女性側が考えていると、このような男女間のギャップから男性側が黙ってしまうというケースが起こり得ます。

男女間における「話し合い」の捉え方の違い

話し合いの違いを意識しないと溝は深まる一方(写真:iStock)
話し合いの違いを意識しないと溝は深まる一方 (写真:iStock)

 ここで、そもそも男女間における「話し合い」の捉え方の違いについても解説しておきましょう。

 よく言われていることですが、女性にとっての話し合いとは、「お互いに感じていることや気持ちを伝えること」であり、男性にとっては「問題や課題を共有し、解決するもの」であります。この違いを意識せずに話し合いをしようとすると、あっという間に大炎上が起こってしまいます。

 男性からみると「気持ちをぶつけられる」ことは、話し合いではなく一方的にキレられていると感じ、「結局、言いたいことは何?」と思う傾向にあります。

 一方、男性が「問題は何だろう?」と発言すると、女性は「あなたは私のことを問題だと思ってるんだね? 私の気持ちなんて全然わかってくれようとしないくせに」という反応が起こるのは、男女あるあるですよね。

喧嘩で黙られたときにどうしたらいいのか?

よーしよしよし♪(写真:iStock)
よーしよしよし♪ (写真:iStock)

 喧嘩で男性が黙る理由はお分かりいただけたかと思いますが、こういう時、実際にどうしたらいいのでしょうか。使えるテクニックを最後にご紹介させていただきます。

1. 冗談を言ってみる

 意外と効くのが、ちょっとした冗談を言ってみることです。男性が黙っている時は、その重い空気からますます口を開きにくくなっている場合があります。そこで、こうした場を少しでも軽くし、話しやすくしてあげると、男性側の本音も出てくるかもしれません。この際、「冗談か本気か分からないようなブラックなネタ」は避けるようにしましょう

2. 頭をなでてみる

 髪の毛をくしゃくしゃする。そう犬のようになで回します。こうすると、ほとんどの男性は素直になるようです。あなたの愛犬のような気持ちで、わしゃわしゃしてあげましょう。そう、ムツゴロウさんのような気持ちで一生懸命やるのです。

3. 喫茶店のマスター風にコーヒーを

 無言でカウンターにたたずむ人に、そっとコーヒーを出す喫茶店のマスター。きっと人生で一度はドラマなどで見たとことがあるのではないでしょうか?

 人は食べ物や飲み物を与えられると、相手に対して気持ちを開く傾向にあります。この法則を利用し、渋い喫茶店のマスター風に、コーヒーを出してあげれば、彼も少しは心を開いてくるはず。

「マスター、実は俺はさぁ……」

 そんな彼の言葉をじっと待ってあげましょう。

しめサバ子
記事一覧
マルチポテンシャライトライター
主に恋愛・性に絡むネタを執筆。ライター業以外にも法務や税務、イベント企画、プログラミング、起業、ひいては寿司を握るなど、興味を持ったことに手当たり次第に挑む。休日はシメサバ作りをこよなく愛する。
X

関連キーワード

ラブ 新着一覧


サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ