喧嘩で黙る男性の奥底で何が? その理由をパターン別に分析

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-07-12 06:00
投稿日:2019-07-12 06:00
 男女の喧嘩で女性が“話し合いたい”と思うと、男性が黙って何も言わなくなるケース、よくありますよね。これってなぜ起こると思いますか? 背景には男女間の大きな認識の違いがあり、結果として「女性は怒り、男性は黙る」のです。
 今回は、このように男性が黙ってしまう現象のメカニズムについて解説いたします。

男性が喧嘩で黙る時…ポジティブな理由

男性はどうして黙るの?(写真:iStock)
男性はどうして黙るの? (写真:iStock)

 さて、まずは男性が喧嘩で黙ってしまう理由について、ポジティブな側面からお話しします。ポジティブな側面というのは、男性側としては前向きな視点から行動した結果、黙ってしまっているケースがあるのです。

女性の怒りの火に油を注ぎたくないから

 まずは、何か発言をしてしまうと「女性の怒りの火に油を注いでしまう可能性がある」場合です。女性の中には、話せば話すほど「自分の気持ちをわかってくれない!」と不機嫌になったり、発言した意図とは全く違う解釈をして、怒りが倍増する方がいます。

 そういう事例を体験した男性は「沈黙は金なり」の金言のごとく、口をつぐむのです。こうした場合、いったん冷静になってからじっくり話をしようとすると、男性は口を開いてくれるでしょう。

冷静に聞いてもらえる話し方を考えているから

 こちらは、LINEなどでもよくあるケースです。女性の発言の意図を図りかねる場合、男性は質問したいところですが、質問で返すとキレる女性もいることから、男性はどう返事をしたらいいか、頭を悩ませているのです。

 また、同じ内容でも言い方の違いで印象はかなり違いますよね? そのため、何をどう言うと一番いいのかを考えている場合、どうしても黙っている時間が長くなってしまうのです。

男性が喧嘩で黙る時…ネガティブな理由

強く言われると逃げ出したくなる(写真:iStock)
強く言われると逃げ出したくなる (写真:iStock)

 お次は、男性が黙っている理由のネガティブ編です。

話しても無駄と思っているから

 これは、女性との話し合いに疲れてしまった男性に多くみられる傾向です。何を話しても、どう話しても、「私の気持ちなんて全然わかってくれないんでしょ?」という結論に行き着いてしまう絶望を感じてしまった男性は、ただひたすら口をつぐんでしまいます。

責められると逃げたくなるから

 男性には、強い口調で女性から責められると、逃げたい気持ちから黙ってしまう人もいます。これは、男性と女性のギャップからくるものです。女性としては真剣に思っているからこそ話し合いたいと思っても、男性側はそこまでの気持ちになっていない。そんな時に、こういうケースがよく起こるものなのです。
 
 一般的には、女性の方が男性に対して将来的な関係を早い時期からイメージする傾向にあり、その結果、男性の中でまだ気持ちがついて行っていない状態でも、将来に向けてしっかり話し合っておきたいと女性側が考えていると、このような男女間のギャップから男性側が黙ってしまうというケースが起こり得ます。

男女間における「話し合い」の捉え方の違い

話し合いの違いを意識しないと溝は深まる一方(写真:iStock)
話し合いの違いを意識しないと溝は深まる一方 (写真:iStock)

 ここで、そもそも男女間における「話し合い」の捉え方の違いについても解説しておきましょう。

 よく言われていることですが、女性にとっての話し合いとは、「お互いに感じていることや気持ちを伝えること」であり、男性にとっては「問題や課題を共有し、解決するもの」であります。この違いを意識せずに話し合いをしようとすると、あっという間に大炎上が起こってしまいます。

 男性からみると「気持ちをぶつけられる」ことは、話し合いではなく一方的にキレられていると感じ、「結局、言いたいことは何?」と思う傾向にあります。

 一方、男性が「問題は何だろう?」と発言すると、女性は「あなたは私のことを問題だと思ってるんだね? 私の気持ちなんて全然わかってくれようとしないくせに」という反応が起こるのは、男女あるあるですよね。

喧嘩で黙られたときにどうしたらいいのか?

よーしよしよし♪(写真:iStock)
よーしよしよし♪ (写真:iStock)

 喧嘩で男性が黙る理由はお分かりいただけたかと思いますが、こういう時、実際にどうしたらいいのでしょうか。使えるテクニックを最後にご紹介させていただきます。

1. 冗談を言ってみる

 意外と効くのが、ちょっとした冗談を言ってみることです。男性が黙っている時は、その重い空気からますます口を開きにくくなっている場合があります。そこで、こうした場を少しでも軽くし、話しやすくしてあげると、男性側の本音も出てくるかもしれません。この際、「冗談か本気か分からないようなブラックなネタ」は避けるようにしましょう

2. 頭をなでてみる

 髪の毛をくしゃくしゃする。そう犬のようになで回します。こうすると、ほとんどの男性は素直になるようです。あなたの愛犬のような気持ちで、わしゃわしゃしてあげましょう。そう、ムツゴロウさんのような気持ちで一生懸命やるのです。

3. 喫茶店のマスター風にコーヒーを

 無言でカウンターにたたずむ人に、そっとコーヒーを出す喫茶店のマスター。きっと人生で一度はドラマなどで見たとことがあるのではないでしょうか?

 人は食べ物や飲み物を与えられると、相手に対して気持ちを開く傾向にあります。この法則を利用し、渋い喫茶店のマスター風に、コーヒーを出してあげれば、彼も少しは心を開いてくるはず。

「マスター、実は俺はさぁ……」

 そんな彼の言葉をじっと待ってあげましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...