友人関係も一瞬で壊れる 女同士の熾烈マウンティングLINE3選

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-07-13 06:00
投稿日:2019-07-13 06:00
 女同士の争いというのは、時として男性同士のそれよりも恐ろしいものです。取っ組み合いのケンカにはならない代わりに、態度や言葉での熾烈な戦争が行われ、それが日常の中に組み込まれています。
 日ごろからいがみ合っている相手に限らず、時として友人の間でも起こり得ます。その最たる例が、同性のマウンティングです。ここ数年はSNSの普及もあり、マウンティング戦争も熾烈化しています。今回は「仲のいい友達もこじれたマウンティング」戦争の体験談をお送りします。

常に忙しいアピールする友達のリスケ地獄にブチ切れ

(C)コクハク
(C)コクハク

「気分屋な友人AはSNSを始めてから、忙しくさまざまなところに顔を出しているアピールをするようになりました。仕事も忙しい、接待も忙しい、そんな風に言うようになってから遊びの約束のリスケ(リスケジュール)が増えました。しかし、リスケの連絡も当日急なことが多く、その上、最近は"急にイケメンとの合コンが入っちゃって…"とまで言うようになり……。

 イケメンとの合コンのために、先約の自分との予定をリスケするという友人に、先日とうとうブチ切れ。マウンティングなんだか知らないけど、さすがにイケメンとの合コンより後回しにされるのは普通に腹が立つ」(27歳・看護師)

 インスタのストーリー機能などでイケイケアピールをする人はけっこうたくさんいますが、そのイケイケのために友人を犠牲にするような子にムカついたという話です。

 アピールするのは勝手ですが、自分のキラキラアピールに他人を巻き込まないようにしましょう。

ちょっと聞いただけじゃん! すぐ「ググれ」という友人

(C)コクハク
(C)コクハク

「大学時代に仲の良かった友人Bは、WEB系の会社に新卒入社してから、少し気難しく合理的な話し方をするようになりました。そんな友人に最近カチンときてしまったのは、ひさびさの遊びの約束を立てている時のこと。映画を観に行くことになり、“〇〇駅って映画館あったっけ~?”と何気なく送ったLINEに対する友人からの返事は、“いやググってよww”でした。

 たしかにそうかも知れませんが、あえて言ってきたことに少しムッとしました。その後約束の当日も、“映画館どっちだっけ~”という何気ない一言に“いや知らんから調べてww”と言われ、前回の件もあったので頭に来てしまいました。そんなにリテラシーが高いなら、お前が調べて共有してほしい」(23歳・金融)

 確かにどうせどちらかが調べることにはなるのですが、なんでも「ググれ」と言われていると、なんだかバカにされているような気持ちになってきます。

 ネットリテラシーはあるに越したことはありませんが、くだらない日常会話でもリテラシーを試すような発言は相手のカンに触るかも。

水商売の友人の「有名人と飲んだ」アピール

(C)コクハク
(C)コクハク

「最近、OLから水商売へ転身した友人C。仕事に引け目を感じているのか、いつも“いや~ガールズバーも悪くないわ!”と、言ってくるのが気になっていました。

 最近はそれに加えて有名人が飲みに来たアピールが強くなり、わざわざLINEで“ね~昨日店に芸人の〇〇来てさ、超いい人だった! タダで〇〇と飲めるとかガールズバー普通にすごいww”などという謎の報告が来るようになり、ちょっとアピールがウザすぎてLINEを返す気になれません……」(26歳・事務)

 夜遊びする子やメディア系の職業に多い、「有名人とたくさん会えるんだよね」アピール。これは本人にそんなつもりはなくても、周りから見ると“有名人の株に乗っかって自分の株も上げようとしている”ようにしか見えません。他人の栄光に乗っかるような発言は反感を買いやすいことを覚えておいた方が良さそう。

何気ないマウンティングが周りの心を傷つけている?

 友人同士でのマウンティングは、言っている本人にはあまり自覚がないことも多いのかもしれません。本人の中ではちょっと誰かに褒めてほしい、認めてほしいだけだったりするのです。

 広い心を持てる時は、甘んじて褒めてあげるのもいいかもしれません。逆に自分が相手にやってしまっている時もあるかもしれないということを忘れずに、同性のマウンティングと上手に付き合っていきましょう。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


シンママになって“甘え”を覚えた私…認めてもらえる幸せ
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
12月6日~12月12日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
道のりは遠かったけど…"にゃんたま”君の熱烈歓迎に感激♡
 きょうは、初上陸の猫の島!  ……道のりは遠かった。  熊本空港からリムジンバスで熊本駅へ。「超快速あまく...
自己嫌悪をやめたい…陥りやすい人の4つの共通点&克服方法
 誰だって、自分に嫌なところがあるのは当然のこと。しかし、自分の悪いところを責めすぎてしまうと、自己嫌悪に陥ってしまうこ...
憧れの人と同じなのに…自信のない人が陥りやすい考え方とは
 自分が憧れている人が身につけているものを買ってみた経験はありませんか? 推しのアイドルなどが着ている服、持っているバッ...
ひとりぼっちで孤独な"にゃんたま”に一目で恋に落ちました
 きょうは、一目見て恋に落ちました。  逢った瞬間、口元の「ふぐふぐ」がにゃんたまに見えちゃうくらい、ビビっと電気...
晩秋の「寺家ふるさと村」を歩く 2021.12.2(木)
 最近やけに寒いなあと思ったら、もう12月なんですね。約4カ月ぶりに「寺家ふるさと村」に行ってみました。
ルノルマン占い~12月の恋愛運~理想の関係に近づける人は
 ルノルマンとは18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起...
幸運の花はいつも太陽を見つめてる!何事にも強靭“スナップ”
 ワタクシがお花屋さんになって間もないの頃のお話でございます。  当時、結婚式装飾花スタッフとして働いていたワタク...
離婚→再婚はセット? 再婚願望のないシングルマザーが考える
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月29日~12月5日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
無防備さがたまらない♡ほよよ顔と“にゃんたま”の豪華セット
 きょうは、猫ヨガポーズで入念に毛繕いしているところ、「にゃんたまω見せてください!」と、お願いしました。  この...
「おこもりキャンプ」レポ 2021.11.28(日)
 昨今のキャンプブームと“三密回避”の需要が相まって、人気沸騰中の「おこもりキャンプ」。今回は、埼玉県越生町にあるビオリ...
お金が貯まらない…貯金できない人の特徴&貯蓄する方法6つ
 社会人になれば自分で稼いだお金で好きな物を買い、生活することになります。収入は人によって異なりますが、中には、「なかな...
お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...