「モヤシのスパゲティ」お安いモヤシで作る簡単イタリアン

コクハク編集部
更新日:2019-07-21 06:00
投稿日:2019-07-21 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は大阪・西大橋駅近くのイタリアン「トラットリアパッパ」の松本喜宏さんに、節約メニューにもなる「モヤシのスパゲティ」のレシピを教えていただきました。

基本料理を簡単アレンジ

合うお酒=グラッパ/(C)コクハク
合うお酒=グラッパ /(C)コクハク

「魔法のレストラン」(毎日放送)などのテレビ番組やラジオ、グルメ雑誌、専門誌と、数多くのメディアに取り上げられている松本さんは最近、YouTubeで料理の紹介を始めたそうです。

「“ユーチューバー料理人”として、レシピや作り方を配信していこうと思っています。第1回はパスタの基本であるアーリオオーリオペペロンチーノでした」

 今回はそれを斬新に、そして、簡単にアレンジしたレシピです。

「アーリオオーリオに、モヤシを追加するだけでは少し物足りない。そこで、グレープフルーツを足しました。レモンやユズ、スダチではダメなんですよ。酸味と甘味と香りがあるのがポイントですね」

 奇妙な組み合わせに思えるが、これが、食べてみると不思議と合うんです。口の中で絶妙のハーモニーを奏でてくれます。「とどめにどうぞ」と一緒に出してくれたのは、45度のグラッパ。これはシメの一品に最適ですね。

材料(4人分)

・スパゲティ 320グラム
・モヤシ 2袋
・グレープフルーツ 1個(果汁200㏄)
・パセリのみじん切り 少々
・ニンニク 20グラム
・鷹の爪 少々
・塩 少々
・オリーブオイル 100㏄

作り方

1. 鍋に湯を沸かして塩を入れ、スパゲティをボイルする。茹であがる1分前にモヤシも入れて一緒に茹でる。
2. フライパンにオリーブオイル(60㏄)、ニンニク、鷹の爪を入れて火にかける。ニンニクに色が付いてきたら、パスタをボイルしている湯(90㏄)を加える。
3. スパゲティとモヤシがボイルできたら、2のフライパンに入れて火にかけてよく混ぜ、水分がなくなってきたらグレープフルーツの果汁を加える。最後に塩で味を調えてパセリとオリーブオイル(40㏄)を加える。

本日のダンツマ達人…松本喜宏さん

▽まつもと・よしひろ
 カンボジアの子供たちを支援するため井戸掘りや、電気、ガス、水道もない地域で料理も振る舞う器量人。

▼ トラットリアパッパ
 2月で17周年を迎えた美食家が通う店。魚介類を中心としたイタリアンが得意で、多くのメディアにも取り上げられている。ディナーメニューは5800円か1万500円のおまかせコースをチョイスし、好みを伝えるスタイルだ。
大阪市西区新町2―3―9
℡06・6536・4188

(日刊ゲンダイ2019年1月26日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「枝豆の中国風おつまみ」口に入れた瞬間スープがジュワッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、2年連続でミシュランのビブグルマンに輝いた大阪...
「しいたけと食べるラー油のオーブン焼き」食感に秘密あり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木のイタリアンレストラン「ラ・ブリアン...
「長芋タンドリー」めでるように育てながらじっくり焼いて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木のイタリアンレストラン「ラ・ブリアン...
「ネクストなハムカツ」サラミを使って驚くほどジューシーに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木のイタリアンレストラン「ラ・ブリアン...
日本酒と相性抜群「魚のワンタン」白身魚ならなんでもOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門のダイニングバー「都映」の水谷大輔さ...
可愛すぎる! ホットケーキミックスでアメリカンドッグ!!
 年明け1回目は人気のホットケーキミックスを使ったレシピをご紹介します! 引き続き、おうちでごはんを作る機会も多くなると...
ぐっち夫婦 2021-01-17 06:00 フード
「チーズトマトの包み焼き」アンチョビーを加え洋風なコクを
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門のダイニングバー「都映」の水谷大輔さ...
「ピカパウ」濃厚&サッパリのポルトガル定番スナックフード
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
「じゃがいもとワサビ漬けのバター炒め」加熱でうま味際立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
「塩茹でエビ」軽く茹でるだけ…でも異様なまでに甘い驚き
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
コッテリ&さっぱり「牛テール焼とパクチーのサラダ仕立て」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
「若鶏のラタトゥイユスタイル」味わいと歯ごたえのバランス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
食感の対比が楽しい「国産和牛もつのガーリックバター炒め」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
パーティにぜひ!朝仕込みで簡単に作れるタンドリーチキン
 12月になるとチキンが食べたくなる……そんなことありませんか? そこで今回は朝に仕込むことでおいしく仕上がる、大人も子...
ぐっち夫婦 2021-01-18 20:19 フード
「ラム酒の入ったフレンチトースト」ラムで風味を付ける口福
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
「酒盗マヨネーズ」罪深い美味しさの秘密は“4対1”の黄金比率
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...