お疲れ顔とは言わせない!知っておくと得するメイクお直し術

藤田裕美 美容師・ヘアメイク
更新日:2019-12-19 06:17
投稿日:2019-07-20 06:00
 朝にしっかりメイクして出かけても、お昼を過ぎたあたりからメイク崩れが気になり始め、夕方にトイレの鏡を見たら「あれ?」ってことありませんか。日中、通勤や仕事で頑張ったお肌は想像以上に皮脂や外気でダメージを受けています。一日中エアコンの下だと、乾燥も気になりますよね。
 お昼休憩や夜の予定のその前に、簡単お直しでくすんだ“お疲れ顔”から脱出しましょう。

持ってると便利! ポーチに入れておくべきリタッチ道具と直し方

ポーチの中の必需品は?(写真:iStock)
ポーチの中の必需品は? (写真:iStock)

細い綿棒

 100均などでは個包装されているものもあり、携帯に便利な上に衛生的にも安心なので、数本をポーチの中に常備しておくと使えること間違いなし。

 マスカラやアイシャドーでにじんでしまった下まぶたをオフしたり、アイシャドーのチップ代わりにも使えます。携帯用の乳液やリキッドファンデーションがあれば、そちらを付けてリタッチすることも可能です。

乳液

 目の下の三角ゾーンのヨレやクマを直したい場合は、ちょこちょこ直すよりも、思い切って乳液をつけた綿棒やティッシュで拭き取り、一からやり直した方が綺麗に素早く仕上がります。また、上で紹介した下まぶたのにじみに使用すれば簡単にスルッと落とすことができるので、小さい携帯用のケースに入れ替えてポーチにインしておくと重宝します。

 乳液だけでなく、メイク下地でも構いません。UVカットの入ったものや保湿成分が高いものだとなおのこと良し。ふっくらと仕上がります。

 乳液で拭き取ることによって、同時に保湿もすることができるので、その上からファンデーションやコンシーラーをつけても大丈夫。元々のファンデーションの境目は指でトントンとなじませましょう。

メイクの上からシュッ!とひと吹き(写真:iStock)
メイクの上からシュッ!とひと吹き (写真:iStock)

ティッシュ

 どうしても皮脂が気になったりテカリが気になる時は、柔らかいティッシュで顔全体を押さえましょう。あぶらとり紙は必要以上に皮脂を取り過ぎてしまい、すぐにべたつきやすくなるのでティッシュで十分。最後に小鼻をキュッとつまんで皮脂をオフしたらOK。

ミスト保湿スプレー

 空調などで乾燥したと思ったらシュッ!とひと吹き。きれいな手のひらで顔全体を包み込んで馴染ませます。リタッチしたい時は、ミストで浮き上がらせた表面の皮脂だけをティッシュでオフして、パウダーファンデーションで整えればOKです。メイクの上からでも使える霧の細かいミスト状のものがベストです。

スティック状のハイライトクリーム

 朝メイクをしてから時間が経つとともに、どうしてもお顔がくすんで見えてきます。お直しの最後にスティック状のハイライトクリームを目尻を囲むように9の字で入れると消したい影もきれいに飛ばしてくれるので、あっという間にツヤ肌完成。スティックタイプだから手も汚れず便利です。

 鼻筋に入れても立体感が出て効果的。乾燥した目尻に使うのもGOOD。

いつでもフレッシュ顔でいたいから

お疲れ顔とは言わせない!(写真:iStock)
お疲れ顔とは言わせない! (写真:iStock)

 これらのアイテムに、普段使いのメイク道具をいくつかチョイスしてしてポーチで持ち歩けば、いつでもどんな時もメイク仕立てのフレッシュ顔でいられます。最近ではお直し専用のシートなども販売されているので、うまく使ってみるのもひとつの手ですね。

 お直しの仕上げに、リップバームを使って一度キレイに拭き取った唇に、旬の色のリップをつけることもお忘れなく。色が入ることでお顔周りがパッと明るくなります。ちょっとしたひと手間を加えるだけで、もう“お疲れ顔”なんて言わせません。

ビューティー 新着一覧


二枚爪コンプレックスに“補強&やすり”投入!2022.12.3(土)
 これから本格的に乾燥が気になる季節がやってきます。冬が誕生日の筆者は手がカサカサになりやすいタイプで、それを見かねた友...
超怖~い「40代の運動不足」老後のために今日からできること
 30代までは元気に過ごしていたけれど、40代になってから運動不足が顕著で、体力が激しく低下したと感じる人は多いですよね...
「NMN」配合化粧品で“若返り肌”も夢じゃない?【医師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
篠原涼子完全プロデュース「ペルルセボン」は匂いがキツっ!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...