うっかり日焼けは24時間以内が勝負! 3ステップの徹底ケア

コクハク編集部
更新日:2019-07-15 06:00
投稿日:2019-07-15 06:00
 しっかりUVケアをしたはずなのに、なぜかうっかり日焼けをしてしまった! そんな経験がある方は多いはず。黒ずんだ肌を見てため息をつかないためにも、日焼け後24時間以内にできる徹底ケアを覚えましょう!

うっかり日焼けをしやすいパーツは? 放置するとどうなる?

うっかり日焼けは放っておかずに即対処!(写真:iStock)
うっかり日焼けは放っておかずに即対処! (写真:iStock)

「うっかり日焼け」が起こるシーンはさまざま。日焼け止めの塗り忘れはもちろん、ほんのちょっとの外出時や、アスファルトからの照り返しによって日焼けをしてしまうこともありますよね。まずは、そんなうっかり日焼けが起きやすい部位や、放置する危険について見てみましょう。

うっかり日焼けをしやすいパーツ

 まずは、うっかり日焼けが起こりやすいパーツをチェック! これからのUVケアに役立ててくださいね。

【顔】おでこ・頬・鼻
 顔では、少し高さがあるおでこ・頬・鼻が、日焼けをしやすいパーツ。日焼け止めを重ね付けしたり、UVカット効果のあるメイクアイテムを利用したりなど、日頃の工夫で予防することができます。

【体】デコルテ・首回り・耳の後ろ・手の甲・足の甲
 デコルテや首回り、耳の後ろは、日焼け止めを塗り忘れたり、適当に塗ってしまったりすることから、日焼けが起こりやすいパーツです。また、手の甲・足の甲にも注意が必要。特に足の甲は、アスファルトからの照り返しの影響で焼けやすいため、十分に対策を行いましょう。

日焼けを放置するのはNG!肌老化の原因に

 加齢に伴い、シミ、シワ、たるみなどの肌トラブルに悩む方は多いです。「年のせい」だと思われがちなこれらの症状は、実は紫外線のダメージによる「光老化」が大きな原因! つまりは、何十年にもわたって蓄積されてきたメラニンによって、これらの肌トラブルが発生してしまうということ。日頃のUVケアが、いかに大事かが分かりますね。

 また、紫外線は肌の細胞を傷つけてしまうため、ターンオーバーの乱れや乾燥を引き起こし、肌状態を悪化させてしまいます。将来の肌老化を防ぐためにも、日焼けの放置は絶対にNGなんです。

うっかり日焼け後、24時間以内にやるべき3STEPのケア

まずは火照りを鎮めることから(写真:iStock)
まずは火照りを鎮めることから (写真:iStock)

 うっかり日焼けをしてしまった時、すぐにでもやるべき3ステップケアを紹介します。24時間の行動が、将来の美肌を左右するかも。要チェック!

STEP1. 肌を清潔にして火照りをクールダウン

 日焼けをした肌は、言ってみれば軽い火傷を起こしている状態。程度がひどければ、水ぶくれや炎症を起こして跡に残る可能性もあるので、丁寧なケアが必要です。そのため、まずは肌を清潔にしてメイクやホコリなどの汚れを取り除くことから始めましょう。

 その後は、火照りを鎮めるためのクールダウンを。濡らしたタオルや保冷剤を包んだガーゼなどで、日焼けした部分を冷やしましょう。この時、タオルなどで擦るなどの刺激は極力控えて。また、日焼け後には、熱いシャワーやお風呂を控えることが肝心です。とにかく、肌を冷やすことを優先して考えましょう。

STEP2. 刺激が少ない化粧水&乳液で保湿ケア

 クールダウン後には、敏感肌用など刺激が少ないスキンケアで保湿ケアを行います。日焼け後の肌はとにかく水分不足。保湿力が高い化粧水や乳液を、たっぷりと塗りましょう。また、薬局やドラッグストアには、日焼けケア用のジェルなども販売されています。日焼けの範囲が広ければ、このようなアイテムを使うのも◎

 ちなみに、美白有効成分が配合されたスキンケア製品は、肌に刺激が強い場合があります。しっかり炎症が収まり、肌の状態が落ち着いてから使うようにしましょう。

STEP3. 水分補給&日焼けに良い栄養素を補給する

 体の内側からの日焼けケアも肝心です。日焼け後には肌が脱水症状を起こしている状態のため、水分補給をこまめに行ってください。また、美白に良いとされるビタミン類やリコピン、肌のターンオーバー力をアップさせる亜鉛やタンパク質などの栄養素を含む食材を積極的に摂り入れると、肌ダメージをより速やかに回復できます。サプリなどで摂取するのもオススメです。

うっかり日焼けは速やかケアでなかったことに♪

丁寧なケアが数年後のお肌を作るから…(写真:iStock)
丁寧なケアが数年後のお肌を作るから… (写真:iStock)

 いかがでしょうか。「うっかり日焼け」は起こらないのが1番ですが、万が一、日焼けをしてしまっても慌てず放置せず、速やかに対処することで、肌ダメージは最低限に抑えられるはず。でも、より大切なのはその後のケア。数年後のシミやシワなどの老化を防ぐためにも、日焼け後のスキンケアはより入念に行ってくださいね。

ビューティー 新着一覧


気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
女性ウケとは別なんです!“夫ウケメイク”で夫婦円満に
 頑張ってメイクをしているのに「夫に褒めてもらえない」と、不満を抱いている妻たちは多いようです。でも、もしかするとその原...
大人女性なら覚えておきたい“上品肌見せコーデ”のお作法4選
 肌見せコーデは、若い女性だけでなく大人女子からも人気です。ただし、大人の女性が上手に着こなすためには、ただ肌を見せると...
気になる「VIO専用シェーバー」の使い心地 2022.7.26(火)
 アンダーヘアの処理ってどうしていますか? 完全に毛をなくす「つるすべ派」、少しだけ整える「ナチュラル派」、あえてそのま...
ミネラルパウダーの基本的な使い方&顔以外に使う応用法3選
 毎朝時間をかけて丁寧にメイクしているのに、数時間でメイクがヨレてテカリが気になる……そんな人におすすめしたいのが「ミネ...
くせ毛を撲滅せよ!覚えておきたい“美容院級”ブローのやり方
 ひどいくせ毛で美容院に行き、いい感じに仕上げてもらったのに、家に帰ったら自分で再現できない! そんな悩みを持っている人...
アラフォーの体型をおしゃれに隠す“ギリ攻め”水着選びのコツ
 アラフォーになると、体型に自信がなくなる人も増えてきますよね。特に悩むのが、プライベートや家族との休日に、海やプールに...