ホステスの世界にもある「裏引き」という名の“闇営業”の実態

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-07-31 06:00
投稿日:2019-07-31 06:00
 世間をにぎわせている“闇営業”。「事務所を通さず仕事のオファーを受け、報酬を得る」行為は、夜のクラブでも存在します。店に許可なくお客さまと店外デートし、金銭を受けとる「通称・裏引き(うらびき)」です。
 今回は、夜のクラブの闇の部分を、CA歴4年、六本木のクラブママ歴10年の筆者がお伝えします。

1. 裏引きの流れ

店を通さず直接…(写真:iStock)
店を通さず直接… (写真:iStock)

 ホステスの給与形態はさまざまです。「月1000万円は売るので、○割を下さい」という売り上げホステスもいれば、「売り上げ制は不安定なので、日給でお願いします」という日給ホステスもいます。私が勤めていた店では、営業時間5時間で、上は日給5万円、下は1万5千円と記憶しています。

 ルックスがいい子は有利ですし、美女でなくとも指名が多かったり、トークに長けている子は戦力になるとみなされ、高給が得られます。

 そこには「不公平」が当たり前に存在するのです。

 さて、どんな世界でも秩序を乱す者がいますが、夜の世界でも、リッチなお客さまに対し、「店を通さず、直接会いませんか?」と、裏引きを持ちかけるホステスがいます。

 寝る、寝ないは別として、しっかり「お小遣い」をもらうことは共通しています。

 また、お客さまのほうから「日給2万なんだろう? もっとあげるから外で会わない?」と誘う場合もあります。

 実際、店以外で会うことで、サービス料や指名料はかからず、なおかつ、黒服やママの目がない分、より親密なデートが可能なので、お客さまにとっても好都合です。

 ホステスも、一日何組ものお客さまを接客し、お酒もたくさん呑まねばいけない店よりも、気の合うお客さまひとりと店外デートし、お小遣いをもらった方がコスパがいいのです。

 クラブには「担当制」というルールがあり、店のママや売り上げ担当ホステス以外のヘルプホステスが、お客さまと許可なく会うことは許されません。

 しかし、上手く立ち回って、店のルールを乱しながらも稼ぐホステスもいます。

2. ルールを犯しても店側とWIN-WINになればOK

「またお店に来てね」(写真:iStock)
「またお店に来てね」 (写真:iStock)

 店のルールを破った場合、罰金や退店などのペナルティが課されますが、例外もあります。

・事前報告してくれれば、店外デートはOK。
・その代わり、そのお客さまには、これからも店に通ってもらい、大金を落とさせること。
・その分、あなたにも特別手当を保証する。

 裏引きをするホステスは、見方を変えれば「野心家」です。

 それを逆手に取り、彼女らに有利な条件を与えることで、店も太客を増やす。ホステスも店側も利を得られるように仕組むことも珍しくありません。

 ウインウインの関係になればOKということです。

3. 黒服の「イロカン」もあり!

「俺のためにも頑張ってよ」(写真:iStock)
「俺のためにも頑張ってよ」 (写真:iStock)

 ホステスには、店長や黒服など、比較的若い男性スタッフが「相談役・サポート役」としてあてがわれます。ホステスたちは、日々、「売り上げの悩み」「人間関係の悩み」「お客様からのセクハラめいた行為」などに心を疲弊させているため、男性スタッフがサポート役に回ることで、少しでも働きやすい環境を作るのです。

 しかし、ここで恋愛関係になってしまう男女は、少なくありません。

(ちなみに男性スタッフがホステスとデキてしまったら、罰金「50~100万円」を請求されることもあります)

 また、あえて男性スタッフがホステスと恋愛関係になり、「俺の昇進のためにも、売り上げアップを頑張ってほしい」などと、色恋管理(通称・イロカン)をさせる店も存在します。

 さて、今回は夜の世界のダークな部分をご紹介させて頂きました。

「お金と人気と男が絡めば、女は変わる」という現実を目の当たりにした私のクラブ時代でした。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM