“ママ活”マンガ 男性用と女性用を読み比べたら全然違った

内藤みか 作家
更新日:2020-05-20 11:23
投稿日:2019-08-01 06:00
「ママ活」という言葉が盛んに使われるようになったのは、2018年後半頃から。そこから半年ほどを経て、いよいよ「ママ活」をタイトルにしたコミックが増えてきました。数作出ているそのほとんどは電子コミック配信なのですが、男性用と女性用でかなり内容が違うので比較してみました。

イケメンが颯爽と現れる女性向けコミック

ママ活にハマった人妻は…(写真:iStock)
ママ活にハマった人妻は… (写真:iStock)

 今までも、ママ活という言葉すらありませんでしたが、人妻らが若い男にお小遣いをあげるという内容のマンガはたくさんありました。特にレディースコミック系に多いと思います。

 それらにほぼ統一されている設定は「イケメンで若くて可愛いから、こんな男の子とデート(もしくはエッチ)できるんなら、お金払っちゃうわ♡」というノリのもの。おそらくこれが女性の夢なのでしょう。

 出会いのきっかけは、マッチングアプリなどネットでのものが多いです。例えば『人妻転落 4 【私、ママ活始めます】』(美咲りょう・作)という電子コミックでは、愚痴ブログを書いている人妻のもとに「よかったらどうですか」と大学生から売り込みメールがやってきます。

 会ってみたらめちゃ爽やかなイケメンで、医学部なので賢そう。やがて彼とはカラダの関係に。さすがイケメン、エッチもお上手で、めくるめくときめきを味わった彼女は、すっかり本気になってしまうのです。

女性用はアンハッピーエンド多し

若い男の子と遊ぶだけのつもりだったのに(写真:iStock)
若い男の子と遊ぶだけのつもりだったのに (写真:iStock)

 けれど、こうした女性向けのコミックはハッピーエンドで終わるものは非常に少ないのです。なぜならば、お金を払っている関係だから。彼にお小遣いをあげたりプレゼントしたりしているうちに、すぐに財政が厳しくなってしまうんですよね。

 そして彼は決して「お金なんていらないよ」とは言わない。追い詰められた主婦の中には風俗のバイトに手を染める人も出るわけです。

 読み進めるにつれて、ヒロインは幸せになるどころか、どんどん堕落していきます。やがてはこのことが夫にバレて離婚を突きつけられたりと、なんだかリアル。「若い男をツバメにすると、こんな風になってしまうから、気をつけなさいよ」と戒められている感じがします。でも女性って情が湧いちゃう生き物だから、なかなか上手に遊べないのかもしれませんね。

男性用には男のロマンがてんこ盛り

男性側も妄想してる(写真:iStock)
男性側も妄想してる (写真:iStock)

 さて、では男性用コミックでは、ママ活はどんな風に描かれているかというと、女性向けとは全然違う内容なのです。それでは『はじめてのママ活』(みさおか・作)を読んでみましょう。

 まず、主人公の男性は童貞! 女性向けコミックにはあまりない設定です。そしてイケメンというよりは可愛い甘えん坊キャラ。お姉さま教えてモード全開な感じなのです。そして現れたお姉さまは美人で超巨乳! やっぱり男性はこういうビジュアルが好きなんですね。

 そしてなんとお姉様のほうからホテルに誘ってくれるのですからラッキーです。童貞で何もできない男子はお姉さまにめっちゃ攻められ、めくるめく時を過ごします。彼は何もしないマグロ状態なんですが、お姉さまが自分からどんどんいろんなコトをしてくれるので、超ラクチン。

 最後にはしっかりお小遣いまで渡してもらえるんですから、女性側からしたらそんなうまい話あるんかい!と突っ込みたくなります。まあ、男性が女性向けコミックを読んだら「イケメンとラブラブ? ありえねえ」と突っ込んでくる気がします。

男女の妄想は方向性が違うみたい

ママ活はまだフィクションの世界?(写真:iStock)
ママ活はまだフィクションの世界? (写真:iStock)

 こうして読み比べてみると、ママ活において男女の妄想にはかなりの開きがあるのがわかります。実際ベッドインすることになったら、お互いに「攻められたい」と思っているようなので、どちらが攻めに回るのか、その攻防も気になるところです。

 ただ、私の周囲を見ていると「男性にお金を出すのは抵抗がある」という女性がとても多いので、パパ活とは違い、まだまだママ活はマンガの中だけの世界、なのかもしれません。

エロコク 新着一覧


初夜は近親相姦の序章 ウェディングドレスを切り裂かれ… #2
 元保育士のR子さん(25歳主婦/子供なし)は、昨年、都内にある総合病院の御曹司の妻となった。まさに「玉の輿婚」だ。 ...
蒼井凜花 2022-12-02 06:00 エロコク
ホステスも愛人も両立させなきゃ! 四十路熟女のマル秘テク
 今回ご登場いただいたのは東京は江東区の下町、亀戸のスナックでホステスをしている彩花さん。彼女、お店の常連さん数人を相手...
中山美里 2022-11-29 06:00 エロコク
かわいいだけじゃない!挿入すると自然と膣のお腹側も刺激♡
 野菜やフルーツにエロチックな妄想を刺激されるのは世界で広く見られる現象ですが、お国柄もあるようですね。アメリカではナス...
桃子 2022-12-02 17:35 エロコク
月のお手当30万円のはずが…ヤリ逃げされた31歳主婦の後悔
 今年もあとわずか。年末年始は還付金詐欺が増えるそうなので「医療費控除を払い戻す」なんて甘言にご注意いただきたいものです...
中山美里 2022-11-22 06:00 エロコク
挿入しながらクリ刺激OK!ペニスリングとしても優秀
 数え切れないほどのラブグッズを試してきた私ですが、いまだに飽きることはありません。それは年に数度はアッと驚くようなグッ...
桃子 2022-11-20 06:00 エロコク
足先を終始舐められ…ドM美青年のペニス欲しがり同時イキ #4
 かつて六本木の高級クラブでホステスとして働いていたP子さん(41歳主婦/子供アリ)。クールビューティを体現するかのよう...
蒼井凜花 2022-11-18 06:00 エロコク
“デキちゃった婚”の巨乳人妻が援助額より重要視しているコト
 今回お話を聞かせてくれたのは東京・豊島区在住の人妻で、巨乳が魅力的な小百合さん。  彼女には8歳になる息子さんが...
中山美里 2022-11-15 06:00 エロコク
吸引+舌の衝撃!ピンクの舌が敏感な部分を力強く舐め上げる
「SU-SHITA-吸う舌-」=「吸う舌」。疑似オーラルセックスを多角的に楽しめるグッズが登場しました。「吸う」といえば...
桃子 2022-11-13 06:00 エロコク
「勃起させてすみません!」顔面騎乗で詫びる20歳下M男 #3
 かつて六本木の高級クラブのホステスだったP子さん(41歳主婦/子供アリ)。  ロングヘアのクール美人の彼女には、...
蒼井凜花 2022-11-19 02:18 エロコク
パパにするなら50代独身男性! 20歳の学生がハマった愛人沼
 男女の「生涯未婚率」(調査年に50歳である男女のうち結婚歴がない人の割合)は、40年以上にわたり、男女ともに右肩上がり...
中山美里 2022-11-08 06:00 エロコク
コスパ最高! 吸われて敏感になったところを先端から刺激♡
 物価高に悩まされる日が続いています。なんでもかんでも値上がりするご時世では、ラブグッズを買うにも“お得感”を求めるのは...
桃子 2022-11-06 06:00 エロコク
「僕の股間をいたぶって」20歳下ドM男のペニスを爪先で…#2
 かつて六本木の高級クラブで働いていたP子さん(41歳主婦/子供アリ)。  彼女はクラブ時代の仲間と定期的に行われ...
蒼井凜花 2022-11-11 17:42 エロコク
「閉経前に女を楽しみたい」バツ1美魔女がプチ愛人になった
 超高齢社会の日本ですが、いつの時代も変わらないのが「いくつになっても女でいたい」という女心です。  現在、愛人を...
中山美里 2022-11-01 06:00 エロコク
人気の「し」の字形バイブ、“指振愛撫”でGスポットを刺激♡
 お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、2週連続で「し」の字形バイブの紹介です。それだけ、いま市場ではこのタイプが...
桃子 2022-10-30 06:00 エロコク
実の娘と“親子丼”!? 41歳バツ1女性が愛人とお別れしたワケ
 読者のみなさんは親子丼はお好きですか? だしの染みた軟らかい鶏肉とトロ~リとした卵をご飯と一緒に口の中に……って、そっ...
中山美里 2022-10-25 06:00 エロコク
挿入&クリ刺激も心地いい「し」の字型♡フィット感もgood!
 今年一番のトレンドともいえる「し」の字形バイブ。挿入しながら、クリトリスにも何らかの刺激を与えるハイブリッドタイプの勢...
桃子 2022-10-23 06:00 エロコク