高級タワーマンションのラウンジで自撮りをする女の一生

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-08-09 15:09
投稿日:2019-08-09 06:00
憧れのタワーマンション(写真:iStock)
憧れのタワーマンション (写真:iStock)

 最近、たまたま都内の最高ランクのタワーマンションに行く機会が数回あったのですが、そこで2人組の美しい女性がラウンジのソファに座って自撮り写真をする光景を目撃しました。しかも一度ではなく、すべてのタワーマンションで。

 まるでタワーマンションの“必須設備”かのように、自撮りをする美女がそこには必ずいたのです。

 さて、タワーマンションの備品でないのであれば、彼女たちはどういった理由でタワーマンションにいたのでしょうか?

 類人猿には、ある種の社会的な行動パターンがありますが、「タワーマンションでの自撮り」文化を持った種族である彼女たちは、将来に渡ってどんな行動をとっていくのでしょうか?

 今回の記事では、こうしたタワーマンション自撮り女性の一生について考察してみました。

海外リゾートで撮影した水着写真をSNSにアップしがち

水着写真の無限ループ(図:しめサバ子)
水着写真の無限ループ (図:しめサバ子)

 タワマン美女のSNSには高確率で海外リゾートでの水着写真が溢れています。

 明らかに自分一人では撮影できないアングルの写真が画面中に広がっています。

 投稿の法則は、水着、水着、高級レストラン、何やらPR用のアイテム、そしてまた水着……。

 この水着の無限ループ、スポンサーおじさんの支援によるとみられる海外リゾートが定期ポストされるため、一体どれだけの“おじさんバンク”を持ってらっしゃるのでしょうか?

 ちなみに、高収入イケメン彼氏がいる場合は、彼もSNSに登場しますが、男性が全く登場しない海外リゾートの投稿の場合、そこには影のおじさんがいる率が90%を超えているようです。(しめサバ子調べ)

 影のおじさん軍団による海外リゾート奨学基金が、こうしたタワマン美女の生態を支えているのです。

タワーマンションのゲストルームでポーセラーツのお教室を開きがち

「先生」ポジションで一歩先に(写真:iStock)
「先生」ポジションで一歩先に (写真:iStock)

 タワマン美女の人生のゴールの一つは、幸せな結婚をしながらも、自立した先進的な女性を演出すること。

 そんな彼女たちにとって、タワーマンションに住みながら行うポーセラーツ(真っ白な磁器に花やリボンなどの転写紙を貼ったり、絵の具で色を塗ったりして焼き上げるハンドクラフト)やプリザーブドフラワーなどのお教室は、セルフイメージを有効に高めるツールです。

「先生」というポジションを手に入れることで、横並びの主婦の「生徒」から一歩先にすすんだ優越感。

「タワーマンションでサロネーゼ」は、タワマン美女たちにとっては人生計画の重要なパーツなのでしょう。

ヨガウェアだけでも何十着も買いがち

ヨガはセレブのたしなみ(写真:iStock)
ヨガはセレブのたしなみ (写真:iStock)

 セレブの交流に欠かせないのが「ヨガ」。彼女たちにとって引き締まった身体はステータスです。友人同士で通うヨガは、ある種の社交の場でもあります。

 そんなヨガの場には、Tシャツとスウェットのようなありきたりの服装ではとても行けません。数万円もする高級ヨガウェアを身にまとい、お互いのウェアを褒めあうのがタワマン美女の流儀です。

 毎シーズン、新作が出るたびに購入し続けていれば、気づけばクローゼットにはヨガウェアだけで数十着も。当然、ヨガウェアを購入する旅のSNS投稿も欠かせません。

DEAN & DELUCAのデリを自分で作った風に投稿しがち

惣菜を自分で作った風に盛り付ける(写真:iStock)
惣菜を自分で作った風に盛り付ける (写真:iStock)

 彼女たちにとっては、「料理もそつなくこなす」というイメージ作りは重要なファクター。

 しかしながら、誰もが料理が得意なわけではありません。そんな彼女たちの得意技が、「DEAN & DELUCA」のデリをまるで自分が作ったように盛り付けて投稿するテクニックです。

 料理は全くできないのに、なぜか盛り付け能力と写真映え能力については異常に高いため、あたかも自分で作った風にプロデュースできるスキルは、まるで皿上のマエストロ。

 既製品の良さを最大限に引き出すその美意識には驚愕さえ覚えます。

まとめ

 タワーマンションで自撮りをする女の一生、いかがでしたでしょうか?

 まだまだ、タワマン女子という種族には、発見されていない行動様式や文化が存在しているように思います。今後も、彼女たちの生態についてフィールドワークを重ねていきたいと思います。

ライフスタイル 新着一覧


値上げの冬に負けない!一人暮らしの「防寒術」侮るべからず
 冬の一人暮らしって、家族と過ごすよりも寒く感じますよね……。とはいえ、値上がりする電気代に困っている人も多いはず。今回...
あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
花屋解説!コロナ禍の「喪中ハガキ・メール」お悔やみマナー
 今年もあと1カ月程度。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年末の準備をしなければいけない時期になっておりました。 ...
【アラフォー子羊の悩み】夫と10年レス、女として終わり?
 「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしているルノルマンカード(※)の「星座別パワーワード占い」が人気を集めてい...
「勤労感謝の日」働く自分やあの人に感謝!2022.11.23(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
SNS疲れしたあなたへ 30代は“中途半端な人間関係”の清算を
 いまや年齢に関係なく、多くの人が「使いこなして当たり前」のSNS。でも、表情も声色(こわいろ)も分からないSNS投稿で...
女から嫉妬されやすい女性の特徴 無意識ほど怖いものはない
 女性の中には、「なぜか同性から嫌われる」という人がいます。相手に何かしたわけでもないのに、初対面から嫌な態度を取られた...
「アヒル隊長 大冒険セット」再販に歓喜! 2022.11.22(火)
 昨年11月、数量限定発売されたバスクリン「きき湯とアヒル隊長 大冒険セット」。現在、再販しているのを知っていますか? ...