いよいよ子宮全摘へ 入院女子が涙した必須&便利グッズ17選

コクリコ 編集者
更新日:2019-08-20 15:34
投稿日:2019-08-13 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

3週間の入院生活で本当に必要なものは?

少しでも快適な入院生活を(写真:iStock)
少しでも快適な入院生活を (写真:iStock)

【Note.15】

 さて、入院準備だ! 広汎子宮全摘出術は、子宮を摘出する際にどうしても尿管やその周りの神経を触ってしまうため、排尿障害が出る可能性が高く、手術が順調にいっても、排尿トレーニングと合わせて短くても3週間弱の入院が必要です。

 長い入院生活を少しでも快適に過ごしたい! 足りないものがあったらいやだ! と同病の方のブログなどをヒントにコツコツと入院グッズを揃えていきました。

 ここでは私の入院先のケースではありますが、私が実際に準備したものとお見舞いでいただいて嬉しかったものを紹介します。同じ手術を受けなくても、病気で入院するときや、お見舞いのヒントになれば幸いです。

準備しておいてよかったもの

①抱き枕

 身体の向きをちょっと変えたり、点滴の腕を置いたり。小さなクッションや抱き枕はあるとないとでは大違い! 辛いとき、不安なときにぎゅーっと抱きしめるのにもいいのです。

②延長コード

 これは大事。ベッド周りのちょうどいい場所にコンセントがないケースが多いのです。起き上がれないときなどに枕元にスマホを置いたまま充電するなどの際に必要です。病院のコンビニに売っていることも多いです。

③日焼け止め

 夏場の入院に必要です。窓際にベッドがあると寝てるだけで日焼けしてしまうので! どうしても点滴の都合で日差しの方を向かないといけないときがあるので! ノーメイクでも日焼け止めだけは塗って過ごしていました。

④靴下

 4人部屋だと暑がりの方にエアコンの温度を合わせられてしまうので、寒がりの私はベッドでも毎日靴下を履いていました。

⑤ロングカーディガン

 リンパ液を排出する管や尿管、イレウス管(腸閉塞のときに使用)などさまざまなチューブを身体から出して歩くことになるので、ロングカーディガンでちょっとだけ隠せると院内のコンビニなどに行きやすいです。
 また、病室が寒いときに羽織ってることも多かったです。また、病院でレンタルしたしらっちゃけた味気ないパジャマの上に羽織ると、ちょっとだけトレンド感が出ておしゃれに見える気もしていました(当社比)。

⑥ヘアバンド、ヘアクリップ

 髪型にもよるのですが、術後の3、4日はお風呂に入れないのと、術後の高熱で汗をかいて髪がベタベタになります。そのときにちょっと髪をまとめられるとよかったです。目のこまかいヘアブラシもあるといいです。頭がめちゃくちゃかゆいときにブラッシングできます。

⑦汗拭きシート

 お風呂に入れないときにちゃちゃっと首元を拭いていました。高熱が出るので、動いてなくても汗をかいてしまうことが多かったです。

⑧クリアホルダー

 書類を山ほど渡されるので、その都度ファイルするのに便利です。

⑨ノート

 入院中は弱気になるので自分を奮い立たせる言葉を書いたり、お見舞いにいただいたものを記録しておいたり、といろいろ使えました。私は腸閉塞を起こしてイレウス管を挿管されていた時期もあり、筆談にも使っていました。

⑩全身に使える保湿クリーム

 病室はエアコンで乾燥しているので、顔を含めた全身に使える刺激の弱いクリームがあると便利。リップクリームにハンドクリームに乳液に、と使い分けられるのは元気なときだけ! 馬油かワセリンを1個用意し、全身それで保湿するのがいいと思います。

ブラカップはキャミよりタンクトップ

お見舞いにも役立つ(写真:iStock)
お見舞いにも役立つ (写真:iStock)

なくて不便だったので途中で買ったもの

⑪ブラカップつきのタンクトップ

「タンクトップ」というところがポイントです。カップつきのキャミソールは持って行ってたのですが、キャミソールのひもを調整する金属金具の着用がCTやMRIで禁止されているので、それを着ていると検査の都度、その場で脱いでノーブラにならないといけないんですね。
 ノーブラ・もろ出しで検査するのは別にいいんですが(術後はそれどころでないくらい具合が悪いので)、とにかく脱ぐのが面倒くさいので、金具のないタンクトップが最高です。着たまま検査ができます。

⑫ゴムの入っていないパンツ

 ウエストとそけい部を絞めつけないおパンツ……これはもうユニクロ一択です。へそ上までくるものでないと傷口と重なってしまって痛いので、かっこ悪かろうか、色気がなかろうがユニクロで!

⑬枕

 病院の枕の高さや固さが合わなかったので、途中で母に買ってきてもらいました。1日のほとんどの時間を寝て過ごすので、普段よりも枕が大事です。

いただいて嬉しかったお見舞い

⑭いい香りのシャンプー&トリートメント

 食事制限もあり、外出もできず、入院中はなかなかリフレッシュできないもの。唯一の楽しみともいえるのはシャワータイム。その時間がもっと楽しく、お風呂上りにもその楽しさが続くいい香りのシャンプー&トリートメントはいただいてとっても嬉しかったです。

⑮アロマミスト

 これも上記と同様で、シーツや布団カバーなどリネン類を1週間替えてもらえない病院で、シュッとひと吹きで気分転換のできるアロマミストは重宝しました。ただし、抗がん剤治療中の方にはにおいが不快になる場合もあるので、注意が必要です(私は個室でしたので、使えました)。
 友人がこのお見舞いに添えた「入院生活が少しでも華やいだものになりますように……」というメッセージに、この友人の女性らしい気遣いと知性にほれぼれしたものです。

⑯スターバックスのコーヒーチケット

 LINEで贈っていただいたスターバックスのコーヒーチケット。好きな時に飲めるということで退院後の楽しみにしていました。退院後は筋力も体重もがぐっと落ちていたので、リハビリとして駅前のスタバまで30分かけて歩いて行き、そこでコーヒーをゆっくり飲んで休んで、また30分かけて帰っていたのですが、チケットを使うたびにくださった方の気遣いを嬉しく思っていました。

⑰ガーゼのバスタオル

 薄くてやわらかいガーゼのバスタオルがとてもよかったです。おしゃれなのでタオルっぽくなくて、寒いときにストールのように肩にかけたり、たたんで枕にしたり。身体を拭くだけでなく、いろいろな用途に使える万能アイテムで、退院後も便利に使っています。

手軽なスマホこそ頼りになる

お、重い…(写真:iStock)
お、重い… (写真:iStock)

 お守りや、本や漫画、タオル、パジャマ、ハーブティーなど本当にたくさんお気遣いいただけて、お見舞い金までいただいて、もちろんそのどれもが嬉しかったのですが、上記の4つは私自身がまったく思いつかないお見舞いで、今後、自分が贈る際もまねしたいと思ったものです。

一応、以下の情報も。

病院の準備リストにあったけど使わなかったもの

●箸

 いらないです。配膳時についてきます。

●ストロー、吸い飲み

 いらないです。術後は翌日から無理やり歩かされるし、ベッドも起こされるのでペットボトルから自力で飲めます。

持って行ったけど使わなかったもの

●Kindle

 Kindleで毎日漫画を読んでやる! と持ち込んだのですが、重くて寝転がってなんてとても読めないです。病院のWi-Fiが弱くて動画も見られない。動画を見るならポケットWi-Fiを持ち込むべきでしたね。ずーっと寝転がってiPhoneをいじくってTwitterを眺めてました。


 さぁ準備万端。いよいよ、入院の日が近づいてきた! 次回(8/20)公開予定に続きます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM