デートのお誘いLINEやメールをしても…撃沈し続ける理由3つ

内藤みか 作家
更新日:2019-08-15 06:00
投稿日:2019-08-15 06:00
「勇気を振り絞って彼にデートのお誘いLINEやメールを出したのに、全然返事が来ないんです……!」と嘆く女性は、実はかなり大勢います。もう一度メールを見直してみてください。もしかしたら、あなたのLINEやメールに、男性が返事に困る何かがあるのかもしれません。

「話をしたい」とだけ書いてある

「話をしたい」だけじゃわからない(写真:iStock)
「話をしたい」だけじゃわからない (写真:iStock)

 結構な数の女性が送ってしまいがちなのが、意中の彼へ向けての「話をしたいので、今度会えませんか?」というメール。「カフェでお話くらいだったら来てくれるかなと思って」と女性側は考えているのですが、受け取る彼は「は、話って……なんだろう!?」と、怖くなってしまうのです。

 もしかしたら愛の告白かもしれない。いやでもそこまでまだ仲良くないし……。いや、もしかしたら何かの苦情かもしれない。俺、彼女になにかしたかな? など、男性はあなたの「話」をあれこれ過大に想像し、臆病になって返事を出すことができなくなる時も。どんな話があるのかという話のテーマくらいは書き添えないと、彼も返事を出しづらいのです。また、これと同様に「渡したいものがある」メールも、バレンタインとお誕生日以外に送るとおびえてしまうので、気をつけましょう。

「今度お食事に行きませんか?」と書いてある

具体的な店名があれば金額を調べられる(写真:iStock)
具体的な店名があれば金額を調べられる (写真:iStock)

 これもかなりの女性がしてしまいがちなお誘いです。「食事くらいならいいかと思って」と女性側は言うのですが、男性側からすれば「何の食事? それって高いの? その支払いはもしかして僕?」などといろいろ考えてしまうのです。特に給料日前は、お食事の誘いに対するお返事が戻ってこない率が高いようです。

 男性にも懐事情があるし、女性にカッコつけたいので、予算が見えない「お食事」だけしか書いていないメールには身構えてしまうのです。彼の負担を減らしたいのなら、それほど高額ではないおしゃれなカフェなど、あらかじめお店の名前を出して誘ってみるのがいいでしょう。そうすれば彼も店名をネット検索して「これなら払えそう」とOKしてくれるかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 朝夕は冷え込む日が多くなり、いよいよ季節の移ろいを実感する頃となってきました。冬のファッションに衣替えすると同時に、メ...
時短美容協会 2019-11-15 06:00 ラブ
FILM
「今年も彼氏ができないまま年を越してしまう……いやクリスマスまでにまだ間に合うか?」  焦りにかられて予定を埋めるのも...
七海 2019-11-15 06:00 ラブ
FILM
 愛は、お金では買えないものとされています。その証拠にホストクラブでいくらお金を貢いだところで、そのホストの心までは手に...
内藤みか 2019-11-14 06:00 ラブ
FILM
 男と女の関係は、別れ際に人間性があらわれるのも傾向。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-13 18:13 ラブ
FILM
 男と女の関係では、別れ際に本性が出るとも言われます。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-14 04:50 ラブ
FILM
「なんとなく一緒にいて楽しいけど、いつ別れようかときどき考えてしまう」  女子が誰かと付き合う時、必ずしも「大好き! ...
七海 2019-11-13 06:00 ラブ
FILM
 大好きな彼の自宅に、“主張する私物”を置くと、他の女性への牽制にもなりますよね。以前のコラム「彼の家で“私の存在”を知...
並木まき 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 筆者は現在25歳で結婚を二度経験していますが、正直「結婚ってめんどくさい」と思うことはありました。でも、幼い頃から「結...
東城ゆず 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 男心を掴むには胃袋を掴むのがいい、と言われるこの頃ですが、手料理を食べさせるほど親しいわけじゃない。そんなときは、彼が...
内藤みか 2019-11-11 06:20 ラブ
FILM
 彼氏のことが大好きであればあるほど、彼氏に近寄ってくる女性に嫉妬してしまうことってあると思います。たとえ相手の女性にそ...
東城ゆず 2019-11-11 06:00 ラブ
FILM
 恋愛体質の女性は、いつも彼氏が途切れずにウキウキとしているようで、恋愛難民の方から見ると羨ましい存在かもしれません。で...
リタ・トーコ 2019-11-10 06:00 ラブ
FILM
 相席バーで、ある男性に出会いました。その男性は会社の飲み会の二次会でその店に訪れていたのですが、意気投合し、みんなでL...
神崎メリ 2019-11-10 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。AB型は、日本人の約1割という少数派。本日は、そんなAB型男性にスポットを当ててみたい...
山崎世美子 2019-11-14 19:25 ラブ
FILM
 隠れたる男尊女卑思考の持ち主なのか、単なるプライドの問題なのか……。世の“夫”と呼ばれる生き物の中には、妻に対して無意...
並木まき 2019-11-09 06:00 ラブ
FILM
 心理学の一つである恋愛学を学ぶと、恋愛が上手になる……とは限りませんが、「どうしたらいいか分からない」「相手の気持ちが...
ミクニシオリ 2019-11-08 06:00 ラブ
FILM
「別れたけれど、元彼のことがやっぱり好き」――。そんな気持ちを抱えている方は多いかもしれませんね。涙を飲んで別れを受け入...
リタ・トーコ 2019-11-08 06:00 ラブ