デートのお誘いLINEやメールをしても…撃沈し続ける理由3つ

内藤みか 作家
更新日:2019-08-15 06:00
投稿日:2019-08-15 06:00
「勇気を振り絞って彼にデートのお誘いLINEやメールを出したのに、全然返事が来ないんです……!」と嘆く女性は、実はかなり大勢います。もう一度メールを見直してみてください。もしかしたら、あなたのLINEやメールに、男性が返事に困る何かがあるのかもしれません。

「話をしたい」とだけ書いてある

「話をしたい」だけじゃわからない(写真:iStock)
「話をしたい」だけじゃわからない (写真:iStock)

 結構な数の女性が送ってしまいがちなのが、意中の彼へ向けての「話をしたいので、今度会えませんか?」というメール。「カフェでお話くらいだったら来てくれるかなと思って」と女性側は考えているのですが、受け取る彼は「は、話って……なんだろう!?」と、怖くなってしまうのです。

 もしかしたら愛の告白かもしれない。いやでもそこまでまだ仲良くないし……。いや、もしかしたら何かの苦情かもしれない。俺、彼女になにかしたかな? など、男性はあなたの「話」をあれこれ過大に想像し、臆病になって返事を出すことができなくなる時も。どんな話があるのかという話のテーマくらいは書き添えないと、彼も返事を出しづらいのです。また、これと同様に「渡したいものがある」メールも、バレンタインとお誕生日以外に送るとおびえてしまうので、気をつけましょう。

「今度お食事に行きませんか?」と書いてある

具体的な店名があれば金額を調べられる(写真:iStock)
具体的な店名があれば金額を調べられる (写真:iStock)

 これもかなりの女性がしてしまいがちなお誘いです。「食事くらいならいいかと思って」と女性側は言うのですが、男性側からすれば「何の食事? それって高いの? その支払いはもしかして僕?」などといろいろ考えてしまうのです。特に給料日前は、お食事の誘いに対するお返事が戻ってこない率が高いようです。

 男性にも懐事情があるし、女性にカッコつけたいので、予算が見えない「お食事」だけしか書いていないメールには身構えてしまうのです。彼の負担を減らしたいのなら、それほど高額ではないおしゃれなカフェなど、あらかじめお店の名前を出して誘ってみるのがいいでしょう。そうすれば彼も店名をネット検索して「これなら払えそう」とOKしてくれるかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 友人や近しい人の離婚。自分が離婚を経験していないと、何て言葉をかければいいかわからないですよね。何を言っても傷つけてし...
七味さや 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
「異性と遊ぶ」というと、男性をイメージする方が多いと思いますが、男遊びをする女性はたくさん存在します。今回は、そんな女性...
リタ・トーコ 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 彼氏との旅行は本当に楽しみでドキドキしますよね。その反面、長い時間一緒にいることでボロが出てしまわないか不安な部分もあ...
恋バナ調査隊 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 恋人と別れる理由は人それぞれですが、ある程度時間が経って冷静になると「やっぱり好き」「ヨリを戻したい」という気持ちにな...
恋バナ調査隊 2020-07-01 06:00 ラブ
FILM
 今や出会いは、マッチングアプリで見つけられる時代。  マッチングアプリを利用した人の約7割が「出会えた!」、そし...
田中絵音 2020-06-30 06:25 ラブ
FILM
 気になる男性とのドキドキのLINE交換! その後、一生懸命にアプローチをしている女性は多いでしょう。しかし、そんな女性...
恋バナ調査隊 2020-06-30 06:07 ラブ
FILM
 恋愛教本やモテ術など、世間にはたくさんの恋愛テクニックで溢れています。よく私も参考にするのですが、男性側のモテ本には何...
若林杏樹 2020-06-29 10:21 ラブ
FILM
 外出自粛が緩和されてから日も経過し、少しずつ日常を取り戻しつつありますね。では、完全に「コロナ前」のような過ごし方に戻...
ミクニシオリ 2020-06-29 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして! 愛知県在住、社会人の27歳です!  付き合って1年になる遠距離恋愛中の彼とのことで相談です。彼は...
神崎メリ 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 人との出会いというのは、とても不思議なもの。自然な出会いもあれば、必然的な出会いもあるでしょう。マッチングアプリの出会...
恋バナ調査隊 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:57 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:50 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。元ZOZOTOWNの前澤友作氏が立ち上げた、養育費問題に向き合う「株式会社 ...
山崎世美子 2020-06-27 07:02 ラブ
FILM
 あなたには、結婚願望がありますか? 結婚は必ずしなければいけないものではありませんし、タイミングが決まっているわけでも...
恋バナ調査隊 2020-06-27 06:00 ラブ
FILM
 男性たちはよく、女性から「鈍感で察しが悪い」と思われています。「もっと空気を読んでほしい」「言わなくても分かってほしい...
ミクニシオリ 2020-06-27 07:13 ラブ