えっ転移? 子宮頸がん術後に襲いかかる後遺症リスクのお話

コクリコ 編集者
更新日:2019-09-10 10:03
投稿日:2019-08-20 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

シャバで味わう「最後の一皿」

夏…しばしのお別れ(写真:iStock)
夏…しばしのお別れ (写真:iStock)

【Note.16】

 入院前日はこの先しばらく食べられないと思われるお寿司やケーキをたらふく食べ、友達から手術へのエールをもらいました。

 頑張ってこよう。ここまでくるともう覚悟も決まって落ち着いたものです。

 さて、入院日は暑い夏の日の土曜。パジャマ、タオル、本、抱き枕といった厳選グッズを詰め込んだスーツケースをがらがらと引いて病院へ向かいます。

 午後からの入院となるので途中、病院近くのカフェでふわふわのパンケーキを食べることに。シャバでの最後の食事です。コーヒーを飲みながら「しばらくこんなこともできないかなぁ」と、カフェにいる時間をのんびりと楽しみました。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM