「男性=恋愛対象」に? 男友達ができない女性のタイプ3選

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-08-21 06:00
投稿日:2019-08-21 06:00
「男女の友情は成立するのか否か?」というテーマについて、誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか?でも、なぜだか男友達ができない……と思う女性は、もしかしたら「男性=恋愛対象」として見ているのかもしれません。

【結論から】男女の友情を成立させるのは女性次第かも

男女の友情は成り立つ!?(写真:iStock)
男女の友情は成り立つ!? (写真:iStock)

 結論から言うと、男女の友情は成立すると思います。でも、それは多くの場合、女性がカギを握っているのかも?

 男女間の友情を築くには、「お互いを恋愛対象として見ない」ということが必須事項! でも、男性は子孫を残したいという本能とやらで、たとえ女友達にでもその場の勢いで「一線を越えたい!」と思ってしまうことがあります。(って、逆も然りかもしれませんが。)

 でも、リサーチしたところによると、実際に男女間の友人関係が崩れるのは男性きっかけになることが多いそう。つまりは、そんなもしもの場面で女性側が関係を崩さないようにきっぱりとNGを出せるのか、それが男女の友情を成立させる要素の1つでもあると思うんです。

男友達ができない恋愛体質の女性タイプ3選

「もしものこと」に備えて…(写真:iStock)
「もしものこと」に備えて… (写真:iStock)

「気軽に付き合える男友達が欲しいのに、なぜかできない」、そんな悩める女性の特徴を見ていきましょう。

1. 男友達と2人きりで会う時に下着に気を遣ってしまう

 男友達と2人きりでご飯に行く時、どんな服を着て行こうかを考えるならまだしも、「もしものこと」を考えて、下着にまでこだわりを見せてしまう女性がいます。

 こういったタイプの女性は、男性のことをそもそも「男友達」ではなく、最初から「男性」として見てしまっている可能性が高いです。頭のどこかで、その男性とのちょっとした進展を望んでいたりするんですね。

 是が非でも男友達を作りたいのであれば、少し古びた下着を着けていって脱げない状況を作るなど、自分を自制するための工夫をしてみると良いかもしれません。

2. 男友達に「男っぽさ」を求めてしまう

 女性の中には、「男性とはエスコートをしてくれたり、ご馳走してくれたりするもの」と思うタイプの女性がいます。でも、男友達は、家来でも王子様でもないのです。自分が思う男っぽさは本命彼氏にのみ求めて、対等を意識しましょう。

 とりあえず、食事は割り勘に。荷物を持ってもらうのも論外。酔いすぎて寄りかかるのは、もっと論外。女性側が「女」を出してしまうと、男性側は「男として意識されているかも?」なんて変な期待を抱いてしまって友人関係が崩れるきっかけになるため、注意が必要です。

3. スペックで男友達を選んでしまう

「男友達でも、カッコ悪かったら一緒に飲みたくない」という女友達がいます。男友達なんだからそんなことどうでも良さそうなものですが、彼女はどうしても周りにカップルだと勘違いされるのが嫌なのだとか。そういえば、彼女も男友達が少ないタイプ。

 友達は、ルックスで選ぶものではありません。大切なのは、一緒にいて楽しく気が合うかどうかでしょう。男友達のルックスや学歴などのスペックを見てしまう、こういうタイプの女性も男友達ができにくいタイプだと思います。

 勝手な見解ですが、連れて歩く男性のスペックにこだわる女性は、現在、彼氏がいない女性が多いです。つまりは、男友達を作る前に男性探しをしているということですね。

【番外編】ゲイの男友達はとても気楽

恋愛観だけでなく人生観も学べる(写真:iStock)
恋愛観だけでなく人生観も学べる (写真:iStock)

 どうしても恋愛対象と見てしまって男友達ができない……と、悩むのであれば、ゲイの男性に男友達になってもらってはいかがでしょう。私にもゲイの男友達が何人かいます。彼らは、繊細で穏やか、そして、男性的でも女性的でもあるため、ズバッと確信を突いた意見を述べてくれる、そんな人が多い印象です。

 恋愛対象として女性を見ないため、一晩飲み明かしても何も起きない。とにかく安心。対等な友人関係が築きやすく恋愛話ももちろんできる気軽な関係なので、とても心地が良いですよ。

 ゲイの男友達がいないというのであれば、それこそゲイバーにでもふらりと飲みに行ってみましょう。恋愛観だけではなく人生観においても学べることが多々あるはずですよ。

「男友達=恋愛対象」に見てしまうのもあり

恋愛体質ならではの楽しみ方を(写真:iStock)
恋愛体質ならではの楽しみ方を (写真:iStock)

 男友達って良いものですよね。女友達とはまた違うさっぱりとした関係は、一生ものでもあったりします。

 でも、個人的には、どうしてもあなたが「男性=恋愛対象」に見てしまう恋愛体質で男友達ができなくても、それはそれで良いと思うんです。男友達は無理矢理に作るものではありませんし、出会う男性全てを恋愛対象として意識できるのはある種の才能であり、1つの生き方ですから。

 恋愛体質の女性は、「男友達」を作ること自体を諦めて、女性でいる特権を存分に楽しむと良いのかも。と、思うのですが、いかがでしょうか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「彼氏を大事にしているはずなのに、なぜか浮気されやすい……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな女性に共通する特...
リタ・トーコ 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 日本の生涯未婚率が上昇傾向にある一方で、「3組に1組が離婚している」と言われる昨今。新型コロナウィルスによる自粛期間に...
田中絵音 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 22:49 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ