「男性=恋愛対象」に? 男友達ができない女性のタイプ3選

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-08-21 06:00
投稿日:2019-08-21 06:00
「男女の友情は成立するのか否か?」というテーマについて、誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか?でも、なぜだか男友達ができない……と思う女性は、もしかしたら「男性=恋愛対象」として見ているのかもしれません。

【結論から】男女の友情を成立させるのは女性次第かも

 結論から言うと、男女の友情は成立すると思います。でも、それは多くの場合、女性がカギを握っているのかも?

 男女間の友情を築くには、「お互いを恋愛対象として見ない」ということが必須事項! でも、男性は子孫を残したいという本能とやらで、たとえ女友達にでもその場の勢いで「一線を越えたい!」と思ってしまうことがあります。(って、逆も然りかもしれませんが。)

 でも、リサーチしたところによると、実際に男女間の友人関係が崩れるのは男性きっかけになることが多いそう。つまりは、そんなもしもの場面で女性側が関係を崩さないようにきっぱりとNGを出せるのか、それが男女の友情を成立させる要素の1つでもあると思うんです。

男友達ができない恋愛体質の女性タイプ3選

「気軽に付き合える男友達が欲しいのに、なぜかできない」、そんな悩める女性の特徴を見ていきましょう。

1. 男友達と2人きりで会う時に下着に気を遣ってしまう

 男友達と2人きりでご飯に行く時、どんな服を着て行こうかを考えるならまだしも、「もしものこと」を考えて、下着にまでこだわりを見せてしまう女性がいます。

 こういったタイプの女性は、男性のことをそもそも「男友達」ではなく、最初から「男性」として見てしまっている可能性が高いです。頭のどこかで、その男性とのちょっとした進展を望んでいたりするんですね。

 是が非でも男友達を作りたいのであれば、少し古びた下着を着けていって脱げない状況を作るなど、自分を自制するための工夫をしてみると良いかもしれません。

2. 男友達に「男っぽさ」を求めてしまう

 女性の中には、「男性とはエスコートをしてくれたり、ご馳走してくれたりするもの」と思うタイプの女性がいます。でも、男友達は、家来でも王子様でもないのです。自分が思う男っぽさは本命彼氏にのみ求めて、対等を意識しましょう。

 とりあえず、食事は割り勘に。荷物を持ってもらうのも論外。酔いすぎて寄りかかるのは、もっと論外。女性側が「女」を出してしまうと、男性側は「男として意識されているかも?」なんて変な期待を抱いてしまって友人関係が崩れるきっかけになるため、注意が必要です。

3. スペックで男友達を選んでしまう

「男友達でも、カッコ悪かったら一緒に飲みたくない」という女友達がいます。男友達なんだからそんなことどうでも良さそうなものですが、彼女はどうしても周りにカップルだと勘違いされるのが嫌なのだとか。そういえば、彼女も男友達が少ないタイプ。

 友達は、ルックスで選ぶものではありません。大切なのは、一緒にいて楽しく気が合うかどうかでしょう。男友達のルックスや学歴などのスペックを見てしまう、こういうタイプの女性も男友達ができにくいタイプだと思います。

 勝手な見解ですが、連れて歩く男性のスペックにこだわる女性は、現在、彼氏がいない女性が多いです。つまりは、男友達を作る前に男性探しをしているということですね。

【番外編】ゲイの男友達はとても気楽

 どうしても恋愛対象と見てしまって男友達ができない……と、悩むのであれば、ゲイの男性に男友達になってもらってはいかがでしょう。私にもゲイの男友達が何人かいます。彼らは、繊細で穏やか、そして、男性的でも女性的でもあるため、ズバッと確信を突いた意見を述べてくれる、そんな人が多い印象です。

 恋愛対象として女性を見ないため、一晩飲み明かしても何も起きない。とにかく安心。対等な友人関係が築きやすく恋愛話ももちろんできる気軽な関係なので、とても心地が良いですよ。

 ゲイの男友達がいないというのであれば、それこそゲイバーにでもふらりと飲みに行ってみましょう。恋愛観だけではなく人生観においても学べることが多々あるはずですよ。

「男友達=恋愛対象」に見てしまうのもあり

 男友達って良いものですよね。女友達とはまた違うさっぱりとした関係は、一生ものでもあったりします。

 でも、個人的には、どうしてもあなたが「男性=恋愛対象」に見てしまう恋愛体質で男友達ができなくても、それはそれで良いと思うんです。男友達は無理矢理に作るものではありませんし、出会う男性全てを恋愛対象として意識できるのはある種の才能であり、1つの生き方ですから。

 恋愛体質の女性は、「男友達」を作ること自体を諦めて、女性でいる特権を存分に楽しむと良いのかも。と、思うのですが、いかがでしょうか?

リタ・トーコ
記事一覧
ライター
引きこもり既婚ライター。夫とのゆるい幸せを楽しみつつ、つい浮つく。類は友を呼ぶのか、周りに似た友人が多い。人生1回きり。興味に負け続ける女。好きな言葉は「自己責任」。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ