恋人未満の男友達に玉砕…モヤモヤ心に効くメス力の処方箋♡

神崎メリ 恋愛コラムニスト
更新日:2019-08-04 06:00
投稿日:2019-08-04 06:00
 電子書籍も含めて、発売たちまち6万部突破のベストセラー『魔法の「メス力」』(KADOKAWA)の著者で恋愛コラムニストの神崎メリさんが人にはなかなか相談できない恋愛のあれやこれやお悩みに手厚く、そして、ズバッとお答えします。

Q1.振られてしまった男友達との関係に悩んでます

あれもこれも思い出…(写真:iStock)
あれもこれも思い出… (写真:iStock)

 メリさん、こんにちは。メス力をいつも参考にさせていただています。ご相談です。

 まだメス力に出会う前、長年の男友達だった人に告白して振られてしまいました。その後「友達に戻らない、連絡をしない」と伝え、1年間、一切の関係を断ちました。

 彼は友人としても大切な人だったので、好きにならなければ良かったとか友達に戻れたら良かったとか思うこともあります。

 ですが、このままでは前に進めないと思い、婚活を始め、紹介や飲み会等での出会いもあったのですが、なかなかうまくいっていません。

 うまくいってないからだと分かっているのですが、いまでも、ふと彼を思い出したり、連絡したくなってしまったりします。振られたときに彼の連絡先やSNSは消したのですが、共通の友人が多く、一切の繋がりは断てずにいます。

 こうした自分の気持ちは、未練というより、執着なのかとも思うのですが、気軽に何でも話せて一緒にいて楽しい人を失ったという思いが強いのです。

 男友達に振られてしまった後の関係性についてお聞きしたいです。(37歳未婚♀・ゆい)

A1.「メス力」の流儀は過去の恋を美化しないこと

ひと呼吸…そして前進あるのみ(写真:iStock)
ひと呼吸…そして前進あるのみ (写真:iStock)

はじめましてゆいさん。神崎メリです。

きっと友人としてお付き合いしてきたがゆえに、
思い出がたくさんあるのですよね。

男友達に限らず、長く付き合った恋人との別れや離婚にも同じような喪失感が起こります。

・気分転換に街を歩いていても、一緒に行ったお店の前を通れば胸が苦しくなってしまう。

・笑える話を聞いたときに、ふっと彼の顔が浮かんで、「前だったらすぐLINEで報告して笑いあってたのに」と日々の些細なことをシェアできる相手を失ったことに寂しさを覚える。

・無意識のうちに過去のことばかり思い返してしまい、「あのとき私があんなことを言わなければ…」と後悔の念に駆られてしまう。

大切な人を失ったときの心のポッカリ感、それが失恋なんです。

人への想いって簡単に断ち切れないのですよ。
ゆっくりと時間をかけて自分の中で風化させていくしかありません。

その上でゆいさんは、婚活や飲み会などに出かけていらっしゃるので忘れるための努力は十分なさっていると思います。

立ち止まらずに、出会いをどんどん求める。

これは「メス力」でも、失恋から立ち直るためにオススメしている方法です。

そしてゆいさんに限らず、人はそもそも恋に落ちる機会自体が少ないものなので、男友達以上の人になかなか巡りあえないのは当たり前のことなのですよ。

ここを勘違いして、過去の恋を美化しないで欲しいです(失恋後にありがち)。

せっかく前を向いているので男友達に会ったり連絡してしまわずに、そのままゆっくりでも前に進んで行って欲しいと思います。

彼の側にいればその分だけ、忘れるのに時間がかかってしまうので。

そして新しい恋が訪れたらその喪失感は昇華されますからね。

「あの彼にはなんでも話せたのに!」という後悔が、「好きになった人と結ばれた〜い♡」という恋心に、“秒で”塗りかえられます(これが女の上書き保存の正体です)。

新しい出会いにも盲点が…

ただし、「メス力」としての注意点は、新しく出会った男性が自分に惚れている「ど本命」かを見極める前に、カラダの関係になるのを急がないことです。

傷心のときに遊び目的の男性に引っかかってしまうと、さらに心の傷がエグられることになるので要注意ですよ。焦らずにいきましょう!

大丈夫、過ぎゆく時間と立ち止まらずに進む勇気が、ゆいさんの心を癒してくれますよ。

Q2.結婚相手を学歴で判断しがちです

好きってナンダロ…(写真:iStock)
好きってナンダロ… (写真:iStock)

 アラサーになると結婚を意識するので男の人を学歴、経済状況、見た目で判断しがちになります。

 好きという気持ちが分からなくなりました……。(27歳未婚♀・さあや)

A2.「一目惚れワンピ」に出合ったときを思い出す!

テンションMAX!(写真:iStock)
テンションMAX! (写真:iStock)

はじめまして。さあやさん! 神崎メリです。

婚活中の女性の話を聞いていると、「恋ができません!(涙)」というお悩みがとっても多いなぁ~と感じます。

それってきっとこういう状態に陥っているから。

ショッピングに出かけたときのことを想像してみてください。

「仕事用のスーツを買わなきゃ……予算は〇〇円」という気持ちでスーツ専門店を巡っていても、

「うーん、ビミョ~に着ぶくれするデザインなんだよねぇ」

「このボタンが絶妙にダサいんだけど……」

なんて良くない部分ばかりが目についてしまい、キュンとする一着には出合えないもの。仕方なく一番マシなスーツを購入したとしても、愛着は湧きません。

でも、時間潰しにフラッと立ち寄ったデパートで、惹きつけられるように目に飛び込んでくるワンピースに出合い、

「え? やっば!! かわいい~♡ 絶対欲しい!!」

「◯◯円かぁ……ちょっと予算オーバだけど、いっか♡」

と予定外のお買い上げをしてしまうこともある。
これが妥協と恋の違いなのですね。

結婚はゴールではない

いまのさあやさんはスーツ選びに近い心情になってしまっています。

この状態で結婚相手をムリヤリ見つけ、一緒に生活したところで、すぐに「生理的に本当ムリ……」となってしまいますよ!

そうなると結婚生活自体がうまくいかなくなる。なので、貴女と相性のいい「ど本命」と巡り合うまでは、むしろ結婚はしない方がいい! と提唱しています(結婚はゴールじゃないんです)。

あえてスペックから目を外して男性を見る

スペック<フィーリング(写真:iStock)
スペック<フィーリング (写真:iStock)

恋する気持ちを芽生えさせるには、相手のスペックばかりを注目しないこと。

「スペックはさておき、話したときに楽しい人がいるかな!?」

こういうフィーリング重視で男性と出会ってみてください。

または、「今日はいい人いなくてもいいっか~」と肩の力を抜いてみるのもいいでしょう!

予期せぬ一目惚れワンピに出合えたように、必死に探さないことで心に隙と余裕が生まれ、縁が舞い込むこともあるのですよね。

毎晩貴女と添い寝するのは、スペックじゃなく生身の男です。

いざ結婚してしまえば、あんなにこだわってたスペックなんてホントに一秒でどうでもよくなります!

それよりも生活していく上で居心地のいい人が一番です。

このことを忘れずに、男性と出会ってくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ