2000円以下! マンネリメイクに+αして今すぐ旬な抜け感を

藤田裕美 美容師・ヘアメイク
更新日:2019-08-27 06:00
投稿日:2019-08-27 06:00
(写真:藤田裕美)
(写真:藤田裕美)

 8月も残すところわずかになりましたが、まだまだ蒸し暑くてメイクをするのもうんざり、という気持ちになってしまいますね。そんな時こそ、いつものメイク道具に旬なアイテムをプラスして、残りの夏を思いっきり楽しみましょう。少しだけ色や新しいコスメを足すだけで気分も上がるはず!

ケイト クラッシュダイヤモンドアイズ

ケイト クラッシュダイヤモンドアイズ ¥1200(税別)/(写真:藤田裕美)
ケイト クラッシュダイヤモンドアイズ ¥1200(税別) /(写真:藤田裕美)

 8月1日に発売したこちらのアイシャドウは、つけた瞬間に華やぎ、目元をパッと明るくしてくれるアイテムです。パレットの右側のオーロラカラーはまぶた全体に乗せると透明感をまといながらトーンアップします。

 その上から、自由に左側の大粒のキラメキでクリアなグリッターカラーを乗せていきます。オーロラカラーと同じ所に乗せるのもアリ。目尻だけ濃いめに乗せるのもあり。下まぶたにもキラメキを忘れずに。ダイヤモンドの輝きと透明感でメリハリのあるシャープな印象を目指しましょう。

 8種類の中からウキウキする色を見つけましょう。ベーシックな色より持っていない新鮮な色を選んでみるのがオススメです! 今回はオレンジが主役のブライトオレンジを! 今までちょっと苦手だった色味も、深みのある上品なオレンジと細かいラメがとても使いやすくGOOD。

フジコ シェイクシャドウ

フジコ シェイクシャドウ ¥1280(税別)/(写真:藤田裕美)
フジコ シェイクシャドウ ¥1280(税別) /(写真:藤田裕美)

 油分ゼロの新しい質感のアイシャドウです。水と光の粒を混ぜて使うので、使用前には上下にシェイクシェイク。パウダーではないタイプのアイシャドウはヨレやすく、気がつくと消えているものが多い印象でしたが、こちらのシャドウは完全ウォーターベースになっているので、皮脂に強くヨレにくく、まぶたにピタっと密着してくれます。

 1本で主役級に使えるところも魅力。使用する色によってはその上から手持ちのアイテムを重ねても素敵です。上品なラメパールがまぶたでキラリと輝き、透けるような色っぽさを演出します。しっかりした色味からベース使いできそうなナチュラルな色味の5色展開です。

 今回は単品でも使える05のジュエルパーティをセレクト。ゴールドとレッドブラウンのいいとこ取りな印象深い色味です。

セザンヌ ラスティンググロスリップ

セザンヌ ラスティンググロスリップ ¥480(税別)/(写真:藤田裕美)
セザンヌ ラスティンググロスリップ ¥480(税別) /(写真:藤田裕美)

 このお値段で本当にいいのか、心配になってしまいますが、申し分ないくらいのクオリティーです。特に塗り心地がよく下地なしでもスーッとのび、やわらかに密着します。

 そしてツヤ感もちょうどいい感じでとてもキレイ。潤いをキープするのに3種の美容オイル成分が配合されているので仕上がりも納得。13種類の色揃えでラインナップも豊富です。

 今回は初秋も意識してBE2(ベージュ2)というベージュでも濃い方の色味を選びましたが決して濃すぎず艶があるので普段使いから夜のシーンでも使えること間違いなし。

デジャヴ ラスティンファイン

デジャヴ ラスティンファイン ¥1200(税別)/(写真:藤田裕美)
デジャヴ ラスティンファイン ¥1200(税別) /(写真:藤田裕美)

 言わずと知れたデジャヴのアイライナー。なかでもより鮮やかに描ける極細筆です。美容成分配合だから目元にも優しく、長時間持つのにお湯でオフできるのも嬉しいところ。引いた瞬間乾いてくれる速乾性に優れていながら皮脂や汗、をはじいてくれます。

 今回はグロッシーブラウンでしっかりめに引いてもきつくならないようにしました。いつもより太くしてみたりハネを強調してもGOOD。

  ◇  ◇  ◇

 いかがでしたか? 今回ご紹介したブランドはお持ちの方も多いと思います。次々と新しい商品が出てくるのでドラックストアなどで定期的にチェックしています。プチプラだからこそ挑戦できる色やアイテムが豊富にあるのも魅力的です。

 今回選んだ色も普段使わないような新鮮な色を選び、実際にメイクしてみると自分の顔に新しい発見があったりして楽しいです。皆さんもいつものメイク道具にプラスする新鮮なアイテムや色を見つけて楽しんでくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM