朝6時にカーテンOPEN 健康的すぎる彼女と迎える“恐怖の朝”

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2020-02-21 18:27
投稿日:2019-08-27 06:00
 嫁にするなら「健康的な女子がいい」と、きっと多くの男性が思うはず。規則正しい生活をしている元気ハツラツな女性の方が、家庭を上手に切り盛りして長生きしそう。なんなら子だくさんにもなりそう。そんなイメージですよね!
 ところが今回は、そこに行き着く前にギブアップしたという男性からの声をいただきました。果たして何がザンネンだったのでしょう……?
 ある男性が体験した、健康女子との #ザン恋 エピソードをご紹介します。

明るく元気な彼女に惹かれて

恋人は明るくてポジティブで料理上手(写真:iStock)
恋人は明るくてポジティブで料理上手 (写真:iStock)

 友人が開いた異業種飲み会に参加した圭太(仮名・32歳)は、会場内でひときわ元気な声とキラキラしたオーラが漂う女性がいたので、声をかけました。

 彼女の名は朝美(仮名・31歳)。学生時代には読モ経験もあるそうで、可愛らしい顔に、高いコミュ力。さぞかしモテるんだろうなとは思いつつ、彼氏はいないとのことでデートに誘い、2人は付き合うことになりました。

 圭太が気に入ったのは、とにかく朝美の明るさとポジティブさ。会うと元気をもらうので、仕事への活力にもなるのだそうです。

 付き合って2カ月が経つころには、料理上手な朝美の家に週の半分くらいは泊まる半同棲生活がスタートしていました。まさに交際は順調そのもの!

健康的な半同棲生活がスタート

朝ごはんには青汁(写真:iStock)
朝ごはんには青汁 (写真:iStock)

 朝美は美容と健康にとても気をつかっているタイプで、知識も豊富です。

 野菜中心の食生活、早寝早起き、休日はヨガでみっちり汗を流す。お酒も年に数回しか飲みません。

 一方の圭太は、もともと高校までバスケ部にいたスポーツマンではあるものの、現在は仕事がら接待で飲み会も多く、土日は家でゆっくりしたいという感じです。

 そのため圭太が週末に夜深い時間まで飲んで家へ帰ると、もちろん朝美は完全に消灯して深い眠りについているので、圭太はひっそりと起こさないように着替えて布団の中にもぐり込む。そして翌朝は、早くから叩き起こされて、青汁を飲まされるのでした。

 そんな生活を送る中で、「結婚するなら、朝美のような自分の健康にまで気にしてくれる女性が絶対いいだろうな」と圭太は思っていました。この時までは……。

どんなに忙しくても「朝6時起床」は絶対!

朝日が凶暴に感じる…(写真:iStock)
朝日が凶暴に感じる… (写真:iStock)

 2人の交際は順調にすすみ、年末を迎えようとしていました。

 もともと仕事で会食の多い圭太は、忘年会シーズンのピークに! 12月はほぼ毎日飲み会が入っていて、さらには出張も入ったりで本当に忙しい日々を1カ月間過ごしていました。もう、目が回るような毎日でしたが、どうにか乗り切ってやっと仕事納めをした12月29日、最後の飲み会を終えてフラフラになりながら深夜2時過ぎに帰宅。もちろん朝美は夢の中です。

 この日まで忙しく、睡眠も十分にとれていなかった圭太は、「やっと目覚ましをかけずに思う存分眠れるぞ」と喜びながら床につきました。高いびきで気持ちよく深い眠りに……と目を閉じた、次の瞬間!

「ガシャ!」とカーテンを開ける音とともに、まぶしい光が目に飛び込んできました。そして「おはよう圭太! 起きてっもう朝だよ〜!」と、朝美の大きな声が聞こえてきたのです。

「嘘だろ……もっと寝かせてくれよ、俺疲れてるんだよ」と、寝ぼけた声でぼやく圭太。時計を見ると朝6時。きっと3時間は寝ていたと思われますが、圭太にとっては寝るやいなや一瞬で起こされた感覚です。

「何言ってんの! 朝は早起きした方が体にいいし、1日が充実するんだから起きなきゃダメ」と言って、朝美はむりやり圭太を起こします。

《昨日まで激務だってちゃんと伝えてたのに、なんで起こすんだよ。やっとゆっくり寝れると思ったのにな……はぁ》と、圭太は内心思いましたが、もはや抵抗する力も残っていませんでした。

 それでも自分の健康を気遣ってくれる朝美のことはありがたいと思って、交際を続けて2人で年越しまでしましたが、こういった事件が新年会シーズンでもたびたび起こり、圭太はついにギブアップ! 残念ながら別れることになりました。

 たしかに、夜遅くまで飲んだ日の翌朝6時に、カーテンをバッと開けられるのは、眩しすぎる……ちょっとツラいかも。

【今日の一言メモ】健康的な生活は素晴らしい! でも時には寛容さも必要。

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋愛モチベが上がらない…オトナ女子の恋ゴコロの高め方とは
 恋愛や結婚をしたくないわけじゃないんだけど、そこに至るまでが面倒くさい。恋活サービスもやり取りするのが億劫。気軽に遊ん...
若林杏樹 2021-01-27 06:00 ラブ
チャラい男と付き合うとどうなる? 特徴やあるあるを紹介!
 あなたの周りに、チャラい男はいますか? 一般的に「チャラい男」とは、女慣れしていて遊んでいそうな人のことを言います。も...
恋バナ調査隊 2021-01-27 06:00 ラブ
婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ