朝6時にカーテンOPEN 健康的すぎる彼女と迎える“恐怖の朝”

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2020-02-21 18:27
投稿日:2019-08-27 06:00
 嫁にするなら「健康的な女子がいい」と、きっと多くの男性が思うはず。規則正しい生活をしている元気ハツラツな女性の方が、家庭を上手に切り盛りして長生きしそう。なんなら子だくさんにもなりそう。そんなイメージですよね!
 ところが今回は、そこに行き着く前にギブアップしたという男性からの声をいただきました。果たして何がザンネンだったのでしょう……?
 ある男性が体験した、健康女子との #ザン恋 エピソードをご紹介します。

明るく元気な彼女に惹かれて

恋人は明るくてポジティブで料理上手(写真:iStock)
恋人は明るくてポジティブで料理上手 (写真:iStock)

 友人が開いた異業種飲み会に参加した圭太(仮名・32歳)は、会場内でひときわ元気な声とキラキラしたオーラが漂う女性がいたので、声をかけました。

 彼女の名は朝美(仮名・31歳)。学生時代には読モ経験もあるそうで、可愛らしい顔に、高いコミュ力。さぞかしモテるんだろうなとは思いつつ、彼氏はいないとのことでデートに誘い、2人は付き合うことになりました。

 圭太が気に入ったのは、とにかく朝美の明るさとポジティブさ。会うと元気をもらうので、仕事への活力にもなるのだそうです。

 付き合って2カ月が経つころには、料理上手な朝美の家に週の半分くらいは泊まる半同棲生活がスタートしていました。まさに交際は順調そのもの!

健康的な半同棲生活がスタート

朝ごはんには青汁(写真:iStock)
朝ごはんには青汁 (写真:iStock)

 朝美は美容と健康にとても気をつかっているタイプで、知識も豊富です。

 野菜中心の食生活、早寝早起き、休日はヨガでみっちり汗を流す。お酒も年に数回しか飲みません。

 一方の圭太は、もともと高校までバスケ部にいたスポーツマンではあるものの、現在は仕事がら接待で飲み会も多く、土日は家でゆっくりしたいという感じです。

 そのため圭太が週末に夜深い時間まで飲んで家へ帰ると、もちろん朝美は完全に消灯して深い眠りについているので、圭太はひっそりと起こさないように着替えて布団の中にもぐり込む。そして翌朝は、早くから叩き起こされて、青汁を飲まされるのでした。

 そんな生活を送る中で、「結婚するなら、朝美のような自分の健康にまで気にしてくれる女性が絶対いいだろうな」と圭太は思っていました。この時までは……。

どんなに忙しくても「朝6時起床」は絶対!

朝日が凶暴に感じる…(写真:iStock)
朝日が凶暴に感じる… (写真:iStock)

 2人の交際は順調にすすみ、年末を迎えようとしていました。

 もともと仕事で会食の多い圭太は、忘年会シーズンのピークに! 12月はほぼ毎日飲み会が入っていて、さらには出張も入ったりで本当に忙しい日々を1カ月間過ごしていました。もう、目が回るような毎日でしたが、どうにか乗り切ってやっと仕事納めをした12月29日、最後の飲み会を終えてフラフラになりながら深夜2時過ぎに帰宅。もちろん朝美は夢の中です。

 この日まで忙しく、睡眠も十分にとれていなかった圭太は、「やっと目覚ましをかけずに思う存分眠れるぞ」と喜びながら床につきました。高いびきで気持ちよく深い眠りに……と目を閉じた、次の瞬間!

「ガシャ!」とカーテンを開ける音とともに、まぶしい光が目に飛び込んできました。そして「おはよう圭太! 起きてっもう朝だよ〜!」と、朝美の大きな声が聞こえてきたのです。

「嘘だろ……もっと寝かせてくれよ、俺疲れてるんだよ」と、寝ぼけた声でぼやく圭太。時計を見ると朝6時。きっと3時間は寝ていたと思われますが、圭太にとっては寝るやいなや一瞬で起こされた感覚です。

「何言ってんの! 朝は早起きした方が体にいいし、1日が充実するんだから起きなきゃダメ」と言って、朝美はむりやり圭太を起こします。

《昨日まで激務だってちゃんと伝えてたのに、なんで起こすんだよ。やっとゆっくり寝れると思ったのにな……はぁ》と、圭太は内心思いましたが、もはや抵抗する力も残っていませんでした。

 それでも自分の健康を気遣ってくれる朝美のことはありがたいと思って、交際を続けて2人で年越しまでしましたが、こういった事件が新年会シーズンでもたびたび起こり、圭太はついにギブアップ! 残念ながら別れることになりました。

 たしかに、夜遅くまで飲んだ日の翌朝6時に、カーテンをバッと開けられるのは、眩しすぎる……ちょっとツラいかも。

【今日の一言メモ】健康的な生活は素晴らしい! でも時には寛容さも必要。

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

田中絵音
記事一覧
日本合コン協会会長
一般社団法人日本合コン協会会長、恋愛アドバイザー。2000回以上の合コンイベントに携わり、男女の恋愛心理に精通する。また一児の母であり、ママ向けイベントを行う「東京ママパーティー」の主宰も務める。著書に「こじらせ男子の取扱説明書(トリセツ)」
(双葉社)など。
ブログXInstagram

ラブ 新着一覧


マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ