必要以上に身体を触られ…アラフィフ女に覚えた違和感

うかみ綾乃 小説家
更新日:2019-11-14 17:00
投稿日:2019-08-29 10:00
同性から受けたセクハラとは(写真:iStock)
同性から受けたセクハラとは (写真:iStock)

 同性からのセクハラも、逃げ場を塞がれやすいものです。

(この人の態度、なにかおかしいけど、まさか……女同士だし……)

 セクハラ自体、被害者は、自分が受けている現実を認めるのに勇気が要ります。

(いろいろおかしいけど……待って……なにをしだすの……?)

 相手がエスカレートして、ようやく気づいても、助けは誰にも求められません。

(だって自分がそう信じたかったように、皆も「まさか」と思うに決まっている……私がおかしいと思われるだけだ……)

 悩むほどに周囲から精神的に孤立し、ますます加害者に都合の良い状況になってしまう。

彼女に対して覚えた、何とは言えない違和感

 その女、「G」に出会ったとき、私は30代で、フリーランスの仕事をしていました。

 彼女は40代後半。私に仕事を依頼した会社での担当者でした。

 一見は人当たりが良く、仕事熱心で、後輩の面倒見も良い女性でした。

 ですが私はすぐに彼女に対して、なにとは言えない違和感を覚えるようになりました。

何かと体を触ってくる(写真:iStock)
何かと体を触ってくる (写真:iStock)

■食事を兼ねての打ち合わせが、私には必要以上だと感じる頻度であり、毎回、やたらと身体を触ってくる。

G「あやさん、腕も腰も筋肉がないですねぇ。もっと食べなきゃ。私が毎日、ご飯をつくりに行ってあげます」

私「いえ、家ではひとりでいたいので」

G「私がプレゼントした湯たんぽは、ちゃんと使ってますか? 女性の身体は冷やしちゃいけないんですよ。ほら、手と足を触らせて。わぁ、冷たい。もっと健康になりましょ」

私「大丈夫です。あの、食事中に足を触るのはちょっと……」

G「もう、あやさんはほんま甘え下手やなぁ」

 彼女はなんちゃって関西弁を使う人でした。

 一方で、自分が関東の某地域出身であることに誇りを持ち、地方出身者を見下す発言を平気でする人でもありました。

 またどうやら、自分の思うように甘えてこない私を、全ての人に心を開かない孤独な性格の女だと思っているようで、なにかと面倒を見(てあげ)ようとします。

 ちなみにルックスは健康的とは言い難い、贅肉を多めにまとっている人で、でもスキンケアにはお金をかけてるらしく、なにかお世辞を言うとしたら、肌はきれいな人でした。

 声も、よく通る鈴声でしたが……。

うかみ綾乃
記事一覧
小説家
2011年「窓ごしの欲情」(宝島社文庫)で日本官能文庫大賞新人賞受賞。’12年「蝮の舌」(悦文庫)で第二回団鬼六賞大賞受賞。コラムニスト、映画の原作&脚本家としても活躍中。近著に「蜜味の指」(幻冬舎アウトロー文庫)。2020年から原作映画『モンブランの女』(『モンブランを買う男』AubeBooks)が全国で公開中。
ブログ http://ukamiayano.blog.fc2.com/

関連キーワード

エロコク 新着一覧


社会復帰のきっかけに?引きこもり生活から卒業した22歳女性
 今回ご登場いただくのは、超変わり種のパパ活女子でありまして…巣ごもり生活7年。最近になってようやく外に出るようになった...
中山美里 2024-05-14 06:00 エロコク
まるで野菜そのもののバイブは笑っちゃうくらいリアル♡
「らっしゃい! 新鮮な取れたて野菜、そろってるよ~」なんて声が聞こえてきそう。  私は都内に住んでいながら、近所に...
桃子 2024-05-12 06:00 エロコク
日韓カップルが沼るリモートオナニーと疑似SEX…逢えない時も欲情 #5
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合い中」と微笑むのは愛香さん(仮名・35歳フリーライター/独...
蒼井凜花 2024-05-10 06:00 エロコク
パパ活にも危機管理能力は必須!24歳フリーターの自己防衛策
 知り合いのオジサマはさいとう・たかを先生の「ゴルゴ13」の大ファン。いつも熱くその魅力を語ってくれます。 「ゴル...
中山美里 2024-05-07 06:00 エロコク
気持ちよさが何倍にも! セックスローションの新しい使い方
 みなさんはセックスローションといわれるものを、なんのために使いますか?  女性の潤いが十分でない場合、それをフォ...
桃子 2024-05-05 06:00 エロコク
韓国男子の指テクと巧みなクンニリングに溺れ、天国からよもや地獄へ #4
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合い中」と微笑むのは愛香さん(仮名・35歳フリーライター/独...
蒼井凜花 2024-05-10 17:10 エロコク
意外性に思わず声が漏れた! 新発想の吸引系ローターが爆誕♡
 ラブグッズの中でも、ローターは“振動する物体”であればいいので、その形状はバリエーションに富んでいます。  口紅...
桃子 2024-04-28 06:00 エロコク
前戯ナシの生SEXにGスポがひくつく快楽 挿入時の痛みは消え去り… #3
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合いが始まった」と頬を赤らめるのは愛香さん(仮名・35歳フリ...
蒼井凜花 2024-05-07 18:40 エロコク
アソコ臭すぎ問題を解決! 50代のパパに脱毛を勧めた結果…
 突然ですが“ハイジーナ女子”ってナンのことだか分かります?  4、5年前。AVモデル事務所のマネジャーさんからこ...
中山美里 2024-04-23 06:00 エロコク
驚異のsmallサイズ! でも吸引口は大きめに設計されパワーがすごい
 クリトリスを覆い、振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”が最初に登場したのは2016年ごろ。時間が経つにつれ女性の間...
桃子 2024-04-21 06:00 エロコク
韓国男子は前戯ナシ? 初ポッポから“韓流SEX”の流れに身を任せて#2
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合いが始まった」と頬を赤らめるのは愛香さん(仮名・35歳フリ...
蒼井凜花 2024-05-07 18:39 エロコク
管理栄養士の資格をアッチでも活用!パパの脱メタボを成功させた28歳
 今回ご登場いただくパパ活女子は、50代パパのメタボ腹を103から85センチまで、1年で18センチ減らさせることに成功し...
中山美里 2024-04-16 06:00 エロコク
シンプルだけどお楽しみの幅が無限大! ぜひスマホと連動を
 淡くやさしいブルー、優美な曲線を描くボディー。太すぎず細すぎず、シンプルを極めたような「スバコム アヴァネオ」ですが、...
桃子 2024-04-14 06:00 エロコク
お医者さんごっこの続きを…31歳シンママと幼馴染の秘密の遊戯
 今回ご登場いただくのは、帰省した際に幼なじみの浩くんと再会し、それを機に愛人エッチするようになったというシングルマザー...
中山美里 2024-04-09 06:00 エロコク
クリを吸い上げ、はじいて、叩く♡ 1台で3役の優れもの
 買ったはいいけどあまり使わない…。そんなモノが多ければ多いほど、家が雑然としてしまいます。  これはラブグッズに...
桃子 2024-04-19 17:41 エロコク
スマホレンズを股間に向けられたネトナン師、恐怖のSEXから起死回生#5
 高学歴・高収入のジンさん(仮名・49歳会社経営/前妻との間に子供アリ)。彼は経営者の傍ら、「ネトナン師(ネット上のナン...
蒼井凜花 2024-04-05 06:00 エロコク