必要以上に身体を触られ…アラフィフ女に覚えた違和感

うかみ綾乃 小説家
更新日:2019-11-14 17:00
投稿日:2019-08-29 10:00
同性から受けたセクハラとは(写真:iStock)
同性から受けたセクハラとは (写真:iStock)

 同性からのセクハラも、逃げ場を塞がれやすいものです。

(この人の態度、なにかおかしいけど、まさか……女同士だし……)

 セクハラ自体、被害者は、自分が受けている現実を認めるのに勇気が要ります。

(いろいろおかしいけど……待って……なにをしだすの……?)

 相手がエスカレートして、ようやく気づいても、助けは誰にも求められません。

(だって自分がそう信じたかったように、皆も「まさか」と思うに決まっている……私がおかしいと思われるだけだ……)

 悩むほどに周囲から精神的に孤立し、ますます加害者に都合の良い状況になってしまう。

彼女に対して覚えた、何とは言えない違和感

 その女、「G」に出会ったとき、私は30代で、フリーランスの仕事をしていました。

 彼女は40代後半。私に仕事を依頼した会社での担当者でした。

 一見は人当たりが良く、仕事熱心で、後輩の面倒見も良い女性でした。

 ですが私はすぐに彼女に対して、なにとは言えない違和感を覚えるようになりました。

何かと体を触ってくる(写真:iStock)
何かと体を触ってくる (写真:iStock)

■食事を兼ねての打ち合わせが、私には必要以上だと感じる頻度であり、毎回、やたらと身体を触ってくる。

G「あやさん、腕も腰も筋肉がないですねぇ。もっと食べなきゃ。私が毎日、ご飯をつくりに行ってあげます」

私「いえ、家ではひとりでいたいので」

G「私がプレゼントした湯たんぽは、ちゃんと使ってますか? 女性の身体は冷やしちゃいけないんですよ。ほら、手と足を触らせて。わぁ、冷たい。もっと健康になりましょ」

私「大丈夫です。あの、食事中に足を触るのはちょっと……」

G「もう、あやさんはほんま甘え下手やなぁ」

 彼女はなんちゃって関西弁を使う人でした。

 一方で、自分が関東の某地域出身であることに誇りを持ち、地方出身者を見下す発言を平気でする人でもありました。

 またどうやら、自分の思うように甘えてこない私を、全ての人に心を開かない孤独な性格の女だと思っているようで、なにかと面倒を見(てあげ)ようとします。

 ちなみにルックスは健康的とは言い難い、贅肉を多めにまとっている人で、でもスキンケアにはお金をかけてるらしく、なにかお世辞を言うとしたら、肌はきれいな人でした。

 声も、よく通る鈴声でしたが……。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


50歳前後でやってくる…閉経後の性欲について調べてみました
 閉経期を迎えると、女性の性欲にはいったいどのような変化が訪れるのか。そしてセックスライフはどうなっていくのか。気になっ...
内藤みか 2021-12-02 06:00 エロコク
懐かしのピンクローターがパワーUP! 振動パターンは10種類
「ピンクローター」という言葉を知る人は、ひょっとして少なくなっているのでしょうか? ローターのなかでも、振動部とコントロ...
桃子 2021-11-28 06:00 エロコク
出張ホストのフィンガーテクで絶頂…それでも欲望はやまず
 夫の浮気がきっかけで出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。紳士的な韓流イケメンホスト・タクミ君(...
蒼井凜花 2021-11-26 06:00 エロコク
刺激のバリエーションは無限大!中級者女子にぴったり♡
 女性のプレジャーを追求するグッズに注目が集まる昨今、ビギナー向けの細身バイブを紹介する機会は多いのですが、そこからワン...
桃子 2021-11-21 06:00 エロコク
もう絶頂寸前…出張ホストの絶妙テクニックに身も心も濡れて
 夫の浮気から、出張ホストとのデートに喜びを見出したT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。長身イケメンの出張ホスト・...
蒼井凜花 2021-11-19 06:00 エロコク
クリを吸い上げつつ内側も震わせ快感を与えてくれる優れもの
 未知の生物のような不思議なフォルム、深みのあるディープローズカラー。スウェーデンから届いた「LELO(レロ)エニグマ」...
桃子 2021-11-14 06:00 エロコク
出張ホストのオイルマッサージに…つい漏れてしまった喘ぎ声
 夫の浮気への腹いせから出張ホストとデートをすることになったT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。当日、待ち合わせ場...
蒼井凜花 2021-11-12 06:00 エロコク
小さい“舌”が予想以上のハイパワーでクリトリスを刺激♡
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系グッズ”のブレークを受けて、いまクリ刺激に特化したグッズが花盛り! ...
桃子 2021-11-12 23:08 エロコク
中イキ未体験女性も初めてのオーガズムを経験できるかも
 今年最もホットな話題を振りまいている新進ブランドが「ROMP(ロンプ)」です。ほかにはないカラーリングが魅力。バイブレ...
桃子 2021-10-31 06:00 エロコク
思いがけず夫とセックス…レズビアンに開発された体は敏感に
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。パートナーの彼女は酔うと攻撃的にな...
蒼井凜花 2021-10-29 06:00 エロコク
アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク