恋に縁遠い女性がつい口にしてしまいがちな「NGワード」5選

七海 ライター
更新日:2019-09-01 06:00
投稿日:2019-09-01 06:00
 容姿はそんなに悪くない。プライベートもそこそこ充実している。だけど男の人からなぜかモテない。「なんで私はモテないの?」――。その理由は、もしかしたらあなたが知らず知らずに発している、非モテになってしまう“NGワード”のせいかもしれません。

NGワード1. 「彼氏が欲しい」

意外と言っちゃっているかも(写真:iStock)
意外と言っちゃっているかも (写真:iStock)

 正直、これを口にしたことがない、という女性はいないと思います。ついつい、息を吐くように「結婚したいな〜」「彼氏ほしいな〜」と言ってしまいますよね。でも、言えば言うほど、あなたのイメージは下がっていきます。

「男なら誰でもいいと思ってるのかな?」「なんか、軽そうだな」

 だって、いくらイケメンで仕事ができる人でも、口癖が「あ~、彼女欲しいな〜」だったら、ちょっと嫌ですよね。その人にデートに誘われても、「みんなに言ってるんじゃないの?」「私が好きなんじゃなくて、間に合わせの彼女が欲しいだけでしょ」と冷めてしまう。

 いくら婚活で疲れても、この手の愚痴はぐっとこらえて我慢した方が吉。「恋人なんて別にいてもいなくても、気にしてませんよ」と涼しげな顔をしている人の方がそそられるのは、男女とも変わりありません。

NGワード2. 「いい男がいない」

自信過剰と思われる可能性も…(写真:iStock)
自信過剰と思われる可能性も… (写真:iStock)

 婚活をしていると、ついつい愚痴が出てきますよね。私はこんなに見た目にも気を配って、お金もかけている。収入だって同世代の中ではかなりあるし、学歴もあって家柄も悪くない。それなのに彼ができないのは、結婚ができないのは、市場にいい男がいないせい! 私のせいじゃない!

 気持ちはわかりますが、周りからしたら「あなたのレベルが低いってことじゃない?」「探し方が下手くそなんじゃない?」と思われるだけです。

「どこかにいい男いないかな。レベルが高い私にふさわしい、ハイスペックないい男!」

 そこまで口にしていない! と思ってはいても、周りの人は「この人、よほど自分に自信があるんだな〜」「自意識過剰すぎるんじゃないの?」と嘲笑しています。能ある鷹は爪を隠す、ということで、たとえ思っていても人前で口にするのは慎みましょう。

ラブ 新着一覧


FILM
 友人や近しい人の離婚。自分が離婚を経験していないと、何て言葉をかければいいかわからないですよね。何を言っても傷つけてし...
七味さや 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
「異性と遊ぶ」というと、男性をイメージする方が多いと思いますが、男遊びをする女性はたくさん存在します。今回は、そんな女性...
リタ・トーコ 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 彼氏との旅行は本当に楽しみでドキドキしますよね。その反面、長い時間一緒にいることでボロが出てしまわないか不安な部分もあ...
恋バナ調査隊 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 恋人と別れる理由は人それぞれですが、ある程度時間が経って冷静になると「やっぱり好き」「ヨリを戻したい」という気持ちにな...
恋バナ調査隊 2020-07-01 06:00 ラブ
FILM
 今や出会いは、マッチングアプリで見つけられる時代。  マッチングアプリを利用した人の約7割が「出会えた!」、そし...
田中絵音 2020-06-30 06:25 ラブ
FILM
 気になる男性とのドキドキのLINE交換! その後、一生懸命にアプローチをしている女性は多いでしょう。しかし、そんな女性...
恋バナ調査隊 2020-06-30 06:07 ラブ
FILM
 恋愛教本やモテ術など、世間にはたくさんの恋愛テクニックで溢れています。よく私も参考にするのですが、男性側のモテ本には何...
若林杏樹 2020-06-29 10:21 ラブ
FILM
 外出自粛が緩和されてから日も経過し、少しずつ日常を取り戻しつつありますね。では、完全に「コロナ前」のような過ごし方に戻...
ミクニシオリ 2020-06-29 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして! 愛知県在住、社会人の27歳です!  付き合って1年になる遠距離恋愛中の彼とのことで相談です。彼は...
神崎メリ 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 人との出会いというのは、とても不思議なもの。自然な出会いもあれば、必然的な出会いもあるでしょう。マッチングアプリの出会...
恋バナ調査隊 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:57 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:50 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。元ZOZOTOWNの前澤友作氏が立ち上げた、養育費問題に向き合う「株式会社 ...
山崎世美子 2020-06-27 07:02 ラブ
FILM
 あなたには、結婚願望がありますか? 結婚は必ずしなければいけないものではありませんし、タイミングが決まっているわけでも...
恋バナ調査隊 2020-06-27 06:00 ラブ
FILM
 男性たちはよく、女性から「鈍感で察しが悪い」と思われています。「もっと空気を読んでほしい」「言わなくても分かってほしい...
ミクニシオリ 2020-06-27 07:13 ラブ