オトナ女子のSNSの使い方 “自己ブランディング”でモテ力向上

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-09-01 06:00
投稿日:2019-09-01 06:00
誰もが利用しているSNSだけど…
誰もが利用しているSNSだけど…

 大人の女はSNSなんてやらないもの。あんなものは学生の道楽……そんな風に思っていませんか? しかし、今やSNSは日本人の日常からはほぼ切っても切れない関係。ツイッターやインスタグラムだけでなく、LINEすらも一つのSNSです。

 SNSは大人が使い方を間違えると“痛いヤツ”という烙印を押されがちです。でも上手に使えば、以前は振り向いてくれなかった男性からまた連絡をもらうことがでたりと、そんなモテツールとしても使うことができるのです。

LINEのアイコン変更は意外と見られています!

みんな意外とチェックしてるみたい(C)コクハク
みんな意外とチェックしてるみたい (C)コクハク

 LINEのアイコンを変えると、LINEの「タイムライン」に表示されるのはご存知ですか?

 タイムラインは基本的にLINEの友だちの投稿しか表示されないため、最もクローズドなSNSの一つです。そしてアイコン変更などの投稿がされると、ホーム画面に通知の数字が増えるので、意外とこの部分をチェックしている人は多いんです。

 連絡は取りづらい友だちのLINEの名前変更などで、その人の結婚事情が分かったり、赤ちゃんの写真に変わったことから出産を知ったり。意外とリアルタイムな情報を得ることができます。

 なので、LINEのアイコンが何年間もそのまま……という人も、たまにはアイコンを変更をしてみるのがおすすめ。SNSはあまりやらない、という人でもLINEは日常的に使う人がほとんどでしょうから、昔と雰囲気が変わったアイコンを見て、振られた男性からLINEが来るなんてこともありますよ。

インスタは自撮りでなく“センス良い人”ブランディング!

久しぶりの人から連絡が来ることも…(C)コクハク
久しぶりの人から連絡が来ることも… (C)コクハク

 インスタは今最も使われているSNSだと思います。少し前まではマウンティングツールという印象もありましたが、ここ最近は少し風潮が変わってきています。

 自分の自撮りをアップするような使い方ではなく、きれいなごはんやきれいな風景、買った物を乗せる人の方が多いですね。自分の美しさの主張ではなく、センスの良さや趣味を知ってもらうためのツールになりつつあります。つまり、うまく使えば「情報通のおしゃれな人」「トレンディな情報通」と思ってもらえます。せっかくならあなただけのギャラリーとしてセンスよく使ってみましょう。

 また、写真投稿よりもストーリーを楽しむ人も増えています。オープンな写真投稿では気になる人へのコメントはしづらいけれど、ストーリーへのコメントはダイレクトメッセージとして送信されるので、久しぶりの人や気になっている人にもコメントしやすいはず。

 気になる人への自分の見せ方や、逆に気になる人が好きなもの、よく行くところなどを知ることができます。気になる相手がインスタを使う人なら、自分も使ってみても損はないはずです。

ミクニシオリ
記事一覧
フリーライター
フリーランスの取材ライター・コラムニスト。ファッション誌や週刊誌、WEBSITEメディアなどで幅広く活動。女性向けのインタビュー取材や、等身大なコラム執筆を積極的に行う。いくつになってもキュンとしたい、恋愛ドラマと恋バナ大好き人間。
XInstagram

ライフスタイル 新着一覧


友達褒めるはずが「シェイシェイのワンピ可愛い」で自滅…知ったか、恥っ
 人間誰しも知ったかぶりをしてしまった経験があるはず。知ったかぶりでその場を乗り切れるならいいものの、中にはボロが出て顔...
控えめな家族葬が200万ってマジ? 祖母急死で痛感!葬儀業者の“こっそり上乗せ”テク
 幼い頃に両親が離婚し母方の実家で暮らすことになりました。そんな筆者を優しく迎えてくれた祖母が2023年の11月に他界。...
2024-05-27 06:00 ライフスタイル
「楽しく暮らしています」“たまたま”が遠く離れた母上に一筆啓上
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
幸せの価値、そして――。
 家族親子恋人たちお年寄りも若者も桜に埋もれて過ごす時、人は皆幸せそうだ。  季節はもうすぐ梅雨――。
ほっこり癒し漫画/第74回「ヘルプみーこ」(中編)
【連載第74回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
今さら聞きにくい? 英語の新敬称「Mx.」や「X」って何
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
夫の胸ポケからキャバ名刺→子の刻に家出!?いいから落ち着けが止まらない
 LINEの文面だけでも、意外と「焦ってる」「取り乱してる」と分かるものですよね。今回は、そんな慌ただしいLINEを3つ...
すげえ!BoA完コピおじいに喝采。スナック常連の濃ゆいエピソード3選
 みなさんの職場には癒しキャラはいますか? スナックで働いているといろんな人を見るのですが、癒しキャラもとっても多いんで...
好きを仕事にしても「しんどい」よ。憧れだけではない現実との向き合い方
 キャリアについてよく聞くフレーズが「好きを仕事に」。確かに、好きなことでお金を稼げたら一挙両得! 幸せな毎日が送れそう...
「マタニティハイ」要注意! おブスな振る舞いが誰かを傷つける可能性も
「妊娠して幸せの絶頂です!」と感じている女性必見! 今回は、マタニティハイでやりがちなNG言動を4つ紹介します。  妊...
クネクネの正体はおとうさん!“たまたま”が真実を知った瞬間
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
【花屋実践】春から秋まで眼福♡ずぼら激推し良コスパの姫リョウブって?
 今年も自らの無計画さを後悔する季節がやってきました。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋の店横にある屋外LAB(「植物...
「ぼっち・ざ・ろっく!」のぼっちちゃんも仰天!承認欲求モンスター図鑑
 承認欲求は、人間であれば持っている自然な欲求。誰だって「自分の話を聞いて欲しい」「自分を認めて欲しい」と感じることがあ...
気まずい既読スルー後は演技力が命!《文章未完+矢印》で打ち途中を装う
 友達や知り合いからLINEが届いても、LINEの内容や忙しさによってはつい返信を後回しにしてしまいがち。そのまま忘れて...
6月病とは? 実は5月よりもタチ悪い説が…早め対策がマスト
「GWが明けてからも5月病にならず元気だったのに、6月になってからなんだかやる気が出ない…」「6月に入ってから、体も心も...
2024-05-21 06:00 ライフスタイル
【調香師監修】頭のにおいは“武器”!愛され頭皮になるヘアケア&香り術
 男性から女性への愛情行為のひとつに「頭皮のにおいを嗅ぐ」しぐさがあります。カレが貴女の頭のにおいを嗅いできたら、それは...