フジコとフーミー! 話題のコスメでいつもと違う顔になろう

canちゃん ライター・デザイナー
更新日:2020-01-11 07:01
投稿日:2019-09-05 06:00
 SNSなどでよく見かける話題のコスメアイテムたち。フジコとフーミーってなんだ? ドラッグストアやデパートではあまり見かけず、コスメバラエティーショップで購入できますよ。早速ゲットして新しい顔になりましょう♪

可愛すぎてワクワクが止まらない話題のアイテム

(写真:canちゃん)
(写真:canちゃん)

 マンネリ化したいつものメイクを打破するには、話題のアイテムを追加するのが手っ取り早く解決する方法です。今回はフジコのチークとアイシャドウ、フーミーのアイブロウブラシをゲットして、いつもの顔とおさらばします!

驚くほどいい感じのツヤ肌が簡単に叶う!

フジコチョークチーク/フジコ 1,400円(税抜)/(写真:canちゃん)
フジコチョークチーク/フジコ 1,400円(税抜) /(写真:canちゃん)

 チョーク型をした3色スティックの「フジコ チョークチーク」。横についてるスライダーを上げ、ハイライトを上にして頬骨に沿って滑らすように塗ると、簡単にツヤのあるグラデーションチークが完成! 
 
 3色のボーダーをあえて馴染ませない方が顔が立体的に見えていい感じです♪  発色は物足りないと感じるかもしれませんが、色味が薄い方が今っぽく、健康的なツヤ肌に見えます。鼻筋などにハイライトとして使うのもおすすめです。

【あわせて読みたい】お泊りデートで使える!男が喜ぶ“すっぴん風美肌”の仕込み方

水と光の粒のアイシャドウで艶めく目元に

フジコシェイクシャドウ/フジコ 1,280円(税抜)/(写真:canちゃん)
フジコシェイクシャドウ/フジコ 1,280円(税抜) /(写真:canちゃん)

 水と光の粒をシェイクして使うのが斬新なアイシャドウの「フジコ シェイクシャドウ」。まぶたにピタっと密着してキラキラ光る粒が輝いて、華やかな目元を演出します。

 まぶたに3〜5カ所、点置きしてポンポンと素早く叩くように馴染ませながらつけていきます。チークとして使ってもいい感じのツヤ感でおすすめです。

パウダーをしっかりとブラシに含みとれる!

アイブロウブラシ 熊野筆/WHOMEE(フーミー) 1,800円 (税抜)/(写真:canちゃん)
アイブロウブラシ 熊野筆/WHOMEE(フーミー) 1,800円 (税抜) /(写真:canちゃん)

 コシとボリュームのある毛質でとっても描きやすい、WHOMEEの「アイブロウブラシ」。筆を立ててパウダーに対して垂直に、上からトントンと叩きながら取ることで粉を均一に含みます。眉毛がないところを埋めるように、粉をのせるようにふんわり描けば完成。

 今までの眉メイクの工程は、アウトラインをペンシルで描いて、パウダーをのせた後に眉尻をアイブロウリキッド、仕上げに眉マスカラをつけて……と、複数のアイテムと時間をかけていました。

 しかし、このブラシだけで描く眉メイクはパウダーだけでOK!

 ふんわりして、ちょっとボサッと描けるところがとっても今っぽくてすごくいい!

 そして時短にもなるのが最高です。

まとめ

 フジコのアイテムは今までにないような面白いアイテムが他にもあるので、ぜひチェックしてみて!

 フーミーはアイシャドウブラシも気になっているので、アイテムを買い足していきたいです。いつものメイクに飽きた時、話題のアイテムを購入してみると、すぐにマンネリメイクを打破できますよ♪

【あわせて読みたい】肌に優しいから安心スキンケア! お守り的な基礎化粧品4選

canちゃん
記事一覧
ライター・デザイナー
ライターは主に美容、音楽メディアで執筆中。デザイナーはグラフィック、立体、webなど幅広く対応。美容、音楽、ファッション、旅、映画など、人生を楽しむ「何か」を経験したい&伝えたいとアレコレTRY!趣味はキックボクシングとカラオケ。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


生理休暇は女性の権利!「ずるい」と思われない賢い伝え方
 生理で著しく就業が困難な女性に認められる「生理休暇」ですが、実際に活用している人は少ないようです。というのも、まだまだ...
「限定コフレ」にご用心!悲しすぎる失敗から学ぶ賢い買い方
 クリスマスやバレンタインなど、イベントごとが近づくと発売されるコフレ。イベントで高揚した気分も相まって、「さまざまなア...
ハンドクリームはシーン別に揃えよう 冬乗り切る3アイテム
 乾燥する冬は手肌のかさつきが気になります。手洗いや水仕事後の、小まめなハンドケアが必要ですよね。ハンドクリームをシーン...
どこでしくじった? 30代からどんどん綺麗になる人の秘密4つ
 20代の女性はどんな女性でも若さに溢れて美しいですが、30代を過ぎた頃から見た目に大きな差が開いてきますよね。30代を...
あーイライラ!“鉄板”漢方でプレ更年期と戦う【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代メイクフェチがお伝えしたい! 劇的に垢抜ける「ハイライト」術
 アラフォー女性のみなさん! ツヤ肌に見せたいからといって、顔中あちこちにハイライトをのせてギラギラにしてしまっては、せ...
「漢方の基本」プレ更年期世代の素朴な疑問10【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
amazonで常に上位!男を惑わす「フェロモン香水」試したら
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
単品より定食!? ダイエット中なのに外食が多い人のメニュー選び
「外食=太りやすい」というイメージが強いため、ダイエット中はできるだけ避けたいと思う人も多いはず。でも仕事が忙しいと、つ...
“ヘアアレ”下手回避!意外と知らない「スタイリング剤」の種類&選び方
 女性にとって、ヘアスタイルは重要なポイント! 毎朝、鏡に向かって髪の毛と格闘している人も多いのではないでしょうか。理想...
マスクを外したくないけどー!素顔バレの葛藤を乗り越える法
 コロナ禍でマスクが欠かせない生活が3年も続いています。最初は息苦しさを感じていたものの、いざマスクを外すとなると、マス...
黒ゴム注意報発令!「老けて見えない」まとめ髪で脱おばさん
 まとめ髪をした自分が鏡に映って、「なんか老けた?」と悲しくなったことはありませんか? 若い頃は、何も考えずにささっとま...
プチプラでアイメイク格上げ!一周回ってキャンメイク&セザンヌが良き♡
 私はいまだにマスクをつけて外出する機会が多く、そんな時はアイメイクしかしていません。そしてマスク姿だと、何だか街中全員...
糖化はお疲れ女性の敵!若さを保つ食事法5選【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「ノーズシャドウ」アラフォーの“ケバ・ダサ”残念テクを解説
 眉から鼻にかけてノーズシャドウを入れることで、簡単に彫りが深いハーフのような目鼻立ちの顔に見せられるため、最近では数年...
アンミカ歯磨き粉「ミカホワイト」でホンマに歯は白くなる?
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...