#4 女にロックオンされた私…謝罪と懇願への油断が招く悲劇

うかみ綾乃 小説家
更新日:2019-09-19 23:51
投稿日:2019-09-19 18:00
 その女、「G」に出会ったとき、私は30代で、フリーランスの仕事をしていました。彼女は40代後半。私に仕事を依頼した会社の担当者でした。一見は人当たりが良く、仕事熱心で、後輩の面倒見も良い女性でした。ですが私はすぐに彼女に対して、なにとは言えない違和感を覚えるようになりました――。
 前回の話はこちら→「#3 密着され撫でられ…際限のないセクハラに私の体調は悪化

主義に合わない修正を指示され…

他の仕事に支障が…(写真:iStock)
他の仕事に支障が… (写真:iStock)

 Gからの不自然な仕事のやり直し要請。

 さらに示された修正方向は、私があらかじめ、自分がしたくないことのひとつとして、伝えていたものでした。

 私は指示に沿う形で修正し、提出と同時に、彼女にメールを送りました。

「請け負った責任として修正しましたが、これは私の主義に反するもので、いずれにせよ御社とは、この仕事を最後にしていただいてかまいません」との旨のものでした。

 半日後、ケイタイのほうに返信がありました。

「今夜、お会いしましょう。18時に▲▲に伺います」

 ▲▲とは私の家の近所にある居酒屋です。

 私が知りたいのは、送った修正がOKか否かであり、すでにこの作業のために、他社の仕事を遅らせている状況でした。

 でも、もしこの仕事を途中で降りるのであれば、そのための話し合いも必要なのかもしれません。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM