背中に太い針!9時間の“がん退治”手術後に待ち受けていたもの

コクリコ 編集者
更新日:2019-09-17 06:30
投稿日:2019-09-10 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

全身麻酔への恐怖はゼロ

ついにこの日が…(写真:iStock)
ついにこの日が… (写真:iStock)

【Note.19】

 全身麻酔の手術は4年前にもやっていて、明日で2回目。前回は「麻酔入りますよー。1、2……」と2カウント目ですいーっと寝てしまい、起きた時に「これ、このまま死んでも分かんないですね!!!」と興奮して言った記憶があったので、全身麻酔の手術に対しての恐怖はゼロです。

 だって、寝てるだけだから。万が一、手術中のミスがあって、術中に死んでしまったとしても、私は痛くも怖くもないんです。

知らずに死ねない

 発売されたばかりの「日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」を読みながら、「日航機のみなさんは怖くて、熱くて、痛くてつらかったろうな……私なんてもし明日手術中に死んじゃっても全身麻酔だし、ほんと恵まれてるよな……」と思っていました。

 そして「知らずに死ねない!」と思っていた墜落の真相はこの本でも明かされなかった。お腹もすいたし、下剤も飲みまくっているし、真相も分からない。もんもんとしながら眠りにつくことにしました。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM