雰囲気美人が今モテる! メイク&ファッションのポイント♡

コクハク編集部
更新日:2019-09-11 06:00
投稿日:2019-09-11 06:00
 誰もが「美人!」と認めるような絶世の美女ではなくても、可愛く見えたり、色っぽく見えたりする女性っていますよね。これこそまさに「雰囲気美人」と呼ばれるタイプの女性かもしれません。ある意味美人よりもモテると噂の「雰囲気美人」になるのは、実は簡単! そこで、メイクのコツをレクチャーします!

雰囲気美人になるには? メイクの6つのポイント♪

雰囲気美人はメイクやヘアで作れる(写真:iStock)
雰囲気美人はメイクやヘアで作れる (写真:iStock)

 さっそく、雰囲気美人になるメイクの6つのポイントをチェックしていきましょう。

1. ナチュラルメイクに見せるのが基本

 雰囲気美人に見せるには、ナチュラルメイクを意識するのが基本! 化粧下地で肌の凸凹を綺麗に整えてから、ファンデーションは気持ち少なめに塗りましょう。シミや毛穴はコン シーラーで上手にカバーして。肌が綺麗な女性はそれだけで美しく見えるもの。普段のスキンケアは保湿重視のケアを意識して、透明感あふれる陶器肌を目指しましょう。

2. 眉毛は適度に太さのある平行眉

 眉毛は適度に太さを保つのも、雰囲気美人風。もともと眉毛の量が多い方は、あまり薄くしすぎずに透明の眉マスカラなどで整えると、野暮ったくなりません。また、近年人気の平行眉も知的に見えると好印象。くっきり感がある眉ではなく、毛並みを揃えて優しいブラウンで濃くなりすぎない眉毛を作っていきましょう。

3. まつ毛はゆるやかな上向きカーブ

 美人の雰囲気を作るのが、うつむいた時に影を落とすスッと伸びたまつ毛。バサバサまつ毛ではなく、上下ともに1本1本丁寧に仕上げていきましょう。下まつげにマスカラをつけるとメイクが崩れやすい方は、下まつげにだけ透明マスカラを使うとツヤ感のあるまつ毛を作ることができます。

 また、ビューラーの使い方にも気をつけて。自分の目の形に合っていないビューラーだと、途中から折れ曲がるようなまつ毛になってしまい、シルエットが不自然になってしまいます。自信がない方は、まつ毛パーマを施しておくのもありですね。

4. ハイライトとシェーディングで凹凸のある顔を作る

 ナチュラルメイクにすると、どうしても顔がのっぺりしやすいため、さりげなくハイライトとシェーディングを使うのもおすすめ。Tゾーンや目の下にはハイライトを、フェイスラインに沿ってシェーディングを入れることで、美人力は上がります。顔に凹凸が出て、小顔効果も得られますよ。

5. チークは淡めに入れる

 チークは血色感やリフティング効果があるため、ぜひとも使いたいアイテムです。でも、頬の中央に濃く乗せてしまうと、どうしても美人ではなく可愛い感じになってしまうので注意が必要。

 雰囲気美人メイクを狙うのであれば、チークは淡めに。おすすめは、クリームチーク!一見使うのが難しそうですが、少しずつ指先にとってぼかしながら乗せることで手軽に上気感が出て色っぽく見えます。

6. リップはグロスでぷるぷるに

 ぷるぷるの唇は、女性の特権ですよね。唇はビビットなカラーの口紅を使うのではなく、ナチュラルカラーのリップや透明のグロスなどで、パッと目を引くツヤ感を出しましょう。普段口紅を塗らない方は、色付きリップでもOKです。ただし、唇のケアは必須! ぷるぷる唇を保てるよう、日々の保湿ケアは怠らないようにしてください。

雰囲気美人力を底上げ! 髪型やファッションのポイント

女性らしいアイテムを取り入れる(写真:iStock)
女性らしいアイテムを取り入れる (写真:iStock)

 メイクで雰囲気美人を目指すのであれば、髪型やファッションにもこだわりたいところ。キーワードはやはり「女性らしさ」です。ぜひ、取り入れてみてください。

枝毛やアホ毛はNG!ツヤ感を大切に

 ストレートでもパーマでも天使の輪があるツヤ髪は、それだけで美人感をアップさせてくれます。バサバサ枝毛やアホ毛は意外と見られているため、美容室にこまめに通うだけではなく自分での処理を行うようにしましょう。

空気感のあるヘアスタイル

 空気感のあるヘアスタイルは、ふわふわとしていて優しい印象を与えてくれます。髪にコシがないとどうしても根元がペッタリとしてしまうため、ボリューム不足な方はスプレーなどで根元を少し立ち上げてみるとふんわり感が出やすいです。

ファッションはどこかに「女性らしいアイテム」を取り入れて

 ファッションは個人の自由でありますが、雰囲気美人を目指すのであれば個性的すぎないファッションを選ぶと良いでしょう。また、パンツスタイルでもピアスやネックレスなどのアクセサリーやヒールのある靴を履くなど、どこかに女性らしいアイテムを取り入れるのが◎

メイクと併せて内面も雰囲気美人に♡

内面磨きも忘れずに♪(写真:iStock)
内面磨きも忘れずに♪ (写真:iStock)

 いかがでしょう。雰囲気美人になれるメイクやファッション、今すぐにでも取り入れられそうなものばかりですよね。

 雰囲気美人な女性は、自分の魅せ方をよく知っている方が多い気がします。だからこそ、外面だけではなく、内面磨きを怠りません。ふとした時に女性らしさを醸し出せたり、立ち居振る舞いが美しかったり。天然美人よりもモテると言われるのには、そういった要因があるのかもしれませんね。

 美は1日にしてならず! ぜひメイクと併せて内面も雰囲気美人を目指してくださいね♪

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...