白髪を抜くと増えるの? 白髪染めの前に始めたい対処法6つ

コクハク編集部
更新日:2020-02-10 06:57
投稿日:2019-08-25 06:00
 白髪を見つけてしまったら、ついつい抜いてしまう….そんな習慣ありませんか? でも、白髪染めをするのはまだ早い気がするし、白髪を抜くと増えるという噂もあるし……。そんな白髪の悩みの対処法を、今回はお届けします。

白髪を抜くと増えるは間違い!? それより怖いデメリット

白髪を抜くデメリットは?(写真:iStock)
白髪を抜くデメリットは? (写真:iStock)

「白髪を抜くと増える」「同じところから2本生えてくる」「白髪を抜くと黒髪が生えてくる」など、白髪にまつわる噂ってたくさんありますよね。そこでまずは、白髪を抜くとどうなるのか、真実をチェックしていきましょう。

基本的には白髪を抜いても増えも減りもしない

 白髪というのは、毛根の機能が低下してメラニン色素が生成できないことが原因で発生します。もともと、白髪は黒髪。同じ毛穴から数本生える特徴があり、抜いたとしてもまた次々と毛が生えてくることには変わりありません。また、白髪を抜いても、周囲の毛穴には影響しません。

 したがって、白髪を抜いても増えも減りもしないというのが、真実!

白髪を抜くことによるデメリット

 白髪を抜いたところで、基本的には何の問題もないように思えますが、実は頭皮には大きなデメリットがあります。3つのデメリットを見てみましょう。

・頭皮のトラブルになる可能性がある

 白髪を抜くと毛根がダメージを受けてしまい、頭皮のトラブルになる可能性があります。頭皮には皮脂や汚れがつきやすいため、抜いた部位から菌が入って炎症が起こってしまうことも。

・二度と黒髪が生えてこなくなる

 一度白髪が生えたとしても、何割かは黒髪に戻る可能性があるということが最近の研究で分かってきました。しかし、白髪を抜き続けてしまうと黒髪に戻る可能性は限りなく薄くなってしまいます。

・くせ毛や将来の薄毛に繋がる場合もある

 無理に白髪を抜き続けてしまうと、毛根に負荷がかかって形状が変わってしまい、その後に生える髪がくせ毛になってしまったり、毛母細胞が傷ついて二度と髪が生えてこなくなって、将来の薄毛に繋がる場合があります。

白髪を増やさないための最適な対処法! 黒髪に戻る可能性も♪

美容室でプロの手を借りるのも(写真:iStock)
美容室でプロの手を借りるのも (写真:iStock)

 すでに生えている白髪に嘆いても、仕方がありません。大切なのは、白髪を増やさないための対処を行うこと。1つずつチェックしていきましょう。

1. 頭皮環境を健康にしておく

 頭皮は紫外線などの外的刺激の影響を受けやすく、皮脂詰まりや乾燥などが起こりやすい部位です。髪にしっかりと栄養を届けるためにも、頭皮環境を健康にしておくことはとても大切なこと。

 毎日のシャンプーの際には、しっかり頭皮を揉みながら洗い、すすぎ残しのないようにしっかりと流すようにしましょう。

2. 白髪対策用の頭皮用ローションを塗る

 白髪は、生え際や頭頂部、後頭部に発生しやすいと言われています。そのため、その部位を中心に白髪対策用の頭皮用ローションを塗って、栄養を補給してあげるのもおすすめ。シャンプー後の綺麗な頭皮に塗るようにしましょう。

 ちなみに、白髪は1カ所から生えるというものではありません。もしも、1カ所からまとまって生えている場合には、何かしらの病気や服薬中の薬が原因である可能性もあるため、一度かかりつけの病院に相談してみるようにしましょう。

3. 髪を黒くする栄養素を摂取する

 黒髪であるためには、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトがしっかり機能していることが大切。さらには、メラニン色素を作り出す酵素チロシナーゼを積極的に摂取することも、白髪の予防&改善には効果的です。

【メラニン色素を活性化させる栄養素】

・ヨード……海藻類、魚介類など
・銅……豆類、穀物類、魚介類など
・チロシン……乳製品、魚介類、ナッツ類など

 ただし、一点食いはNG。あくまでも栄養バランスのとれた食事をする上で、意識して摂取することを心がけるようにしましょう。

4. 根元から切る

 白髪がどうしても気になるようであれば、根元から切ってしまうのも良い対処方法です。手間はかかってしまうものの毛根を傷めることがないため、ケア次第では今後黒髪に戻る可能性を残すことができます。

 やってしまいがちなのが、白髪ではない髪までも一緒に切ってしまうこと。白髪だけを持ち上げて根元までハサミの刃先を滑らせて、慎重に切るようにしましょう。

5. 生活習慣を整える

 髪や毛根に限らず、体の細胞は常に新陳代謝の力によって生まれ変わっています。体の中で正しく新陳代謝が行われると、メラニン色素を生成するメラノサイトの活動を活性化させることも可能なのです。

 そのため、十分な睡眠を取ること、適度な運動を行うこと、ストレスフリーな毎日を送ることなど、基本的な生活習慣の見直しも白髪の改善には有効です。

6. 美容院に相談する

 白髪が目立ってきているようであれば、美容室でプロの手を借りてみるのも良いでしょう。白髪を染めるヘアカラー剤と一言で言っても、スプレーやマニキュア、植物系カラーなど、さまざまな種類があります。

 美容師に相談することで、毛根へのダメージが少ないカラー剤を提案してくれたり、同時に持ちを良くするヘアケアについても教えてくれますよ。

白髪にがっかりするのはまだ早い! 最適なケアで黒髪を目指して♪

ツヤのある黒髪を(写真:iStock)
ツヤのある黒髪を (写真:iStock)

 白髪が生えてくるのは、男女ともに30代半ばからが多いそう。でも、ご紹介した方法を試すことで、少しでもその時期を遅らせることができるかもしれませんよ。

 生えてきた白髪を嘆くよりも、逆に白髪を見つけたことをチャンスだと思って、ぜひ早めにケアを行うようにしましょう。ツヤのある黒髪をキープしてくださいね!

ビューティー 新着一覧


ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...
まだまだ進化!最新「韓国コスメ」5つの注目ブランドレポ
 まだまだちょっとずつトレンドを変えてブームが続いている韓国コスメ。先だって、注目の韓国コスメ関連のイベントが開催されま...
「ネイルケアはディオール」投資額ウン十倍だけど正解でした
 外出の機会も増えて、セルフネイルを小まめにしています。そんなある日、ネイルオフした爪がガサガサになっていることに気がつ...
不安感いつまで?プレ更年期「ぐるぐる思考」への向き合い方
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
パール系を武器に!40代女性のニットで老け見え原因&回避法
 寒い季節になってくると、温かいニットを着たくなりますよね。でも、なぜか20代ではおしゃれに着こなせていたニットも、40...