子宮全摘手術からパン食まで回復も「腸閉塞」疑惑がぼっ発

コクリコ 編集者
更新日:2019-10-15 12:26
投稿日:2019-10-08 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

はじめてのパン食→嘔吐、また、嘔吐

幸福のパン食もつかの間だった(写真:iStock)
幸福のパン食もつかの間だった (写真:iStock)

【Note.23】

 術後9日目。

「朝からなんだかお腹が痛いし、ぱんぱんに張っているけど、今朝のメニューは術後はじめてのパンだ! うれしい。食べちゃおう」

 消化のいいように耳が取り除かれた食パンを2枚食べる。果汁なんてまったく入ってない、赤く着色された“いちごジャム”を塗って。病院って結構添加物には無頓着なんですよね。私がその手のものに敏感だったら、食べられないものだらけです。

 朝食後、1時間ほどベッドでごろごろとしていると、胸がむかむかして気持ちが悪くなりました。トイレにかけこみ、嘔吐。

 10分後、再びトイレにかけこむ。また嘔吐。もう麻酔はとうに切れているし、鎮痛剤も使っていません。なぜ?

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM