「彼女がいてよかった!」と男性が密かに思う瞬間7選♡

コクハク編集部
更新日:2019-12-13 06:00
投稿日:2019-12-13 06:00
 女性と比べると、男性は「言葉足らず」とよく言われますよね。本当は彼女への愛情や感謝を持っているのに上手に言葉にしないため、「私が彼女でよかったと思っているかな?」なんて、女性を心配させてしまうことも。そこで今回は、「彼女がいてよかった!」と男性が密かに思っている瞬間をまとめてみました。

「彼女がいてよかった!」と男性が密かに思う瞬間7選!

クリスマスを一緒に過ごせる相手がいる幸せ(写真:iStock)
クリスマスを一緒に過ごせる相手がいる幸せ (写真:iStock)

 男性たちはどんな時に「彼女がいてよかった!」と思っているのでしょうか?実は、意外と単純なことで喜んでもらえていたりするんですよ。

1. 体調が悪い時に看病をしてもらえた時

 ベタですが、体調が悪い時に彼女に看病をしてもらえると、心底「彼女がいてよかった!」と男性は思います。

 ひとり暮らしの方にとって、体調不良はまさに死活問題!動く元気もないけれど、食べるものを調達しにいかなければならない……そんな時に彼女がサポートしてくれると心強いですよね。

「風邪がうつったら嫌だから行かない」なんて言う女性もいるようですが、弱っている時はお互い様!おかゆなど食べやすいものをさっと作って、献身的に尽くしてあげられたら喜んでもらえるはずですよ。

2. イベント時に孤独を感じずにいられる時

 街がカップルで溢れかえるクリスマスやバレンタイン。いつもは「一人が楽」と独身貴族を楽しんでいる方でも、イベント時にふと独り身の寂しさを感じてしまうのは女性も男性も同じ。

 そんな時に手を繋いで歩ける彼女がいると、いちゃつくカップルを見て複雑な気持ちになることもなく、素直に喜びを感じることができます。

3. 仕事に張り合いが出ると感じる時

 彼女がいると、デートのためにいつもより集中して仕事を終わらせたり、頑張った成果を彼女に褒めてもらったりすることで、仕事にも張り合いが出ると感じる方は多いようです。

 ただ、中には恋愛の状況に仕事へのモチベーションが左右されるという声も。「私と仕事、どっちが大事なの?」なんて仕事への理解が少なかったりすると、男性も疲れてしまいます。「いてくれるから頑張れる!」と思ってもらえるような、彼女になりたいものですね。

4. 一緒に過ごしている時

 当たり前のようですが、一緒に過ごしている時に「彼女がいてよかった!」と思う男性も多いです。

 彼女の笑顔や会話に癒されたり、美味しいご飯を分かち合えたり、いちゃいちゃできたり……これらはすべて、1人ではできないことですから。何気ない幸せを感じられることが、実は恋愛の一番大きな醍醐味なのかもしれません。

5. 励ましてもらえた時

 仕事などで失敗したり、つらい状況下に置かれた時に彼女に励ましてもらえると、男性は嬉しく思うようです。

 女性と違って男性は、仕事や人間関係のつらさについて周囲に相談しないことが多いです。だからこそ、そんな時に彼女がそっと寄り添ってくれたり、元気付けてくれたりすることでありがたさを感じるのでしょう。

6. 周りの人に彼女を羨ましがられた時

 周りの人に彼女を紹介した時に、「いい彼女だね」「優しそう」など羨ましがられた時にも、男性は彼女と付き合ってよかった!と思います。

 若い頃は「可愛い」「綺麗」など容姿面が先に立つものですが、自分も周りも大人になるにつれてだんだんと「気遣いができるか」「性格は良いか」と見る部分が変わってきます。

「お前にはもったいない!」なんて言われた時には、自慢の彼女としてさらに大事にしようと思ってもらえるはず。彼の知り合いに好印象を持ってもらえる、これも愛され彼女の特徴かもしれませんね。

7. デートの後に同じ家に帰れる時

 同棲しているカップルに多いですが、デートの後に同じ家に帰れる時に幸せを感じる男性は多いようです。終電を気にせずにデートができて、スーパーやコンビニに立ち寄って買い物をして、仲良く家に帰る。そんな何気ない日常を楽しめるのは、恋愛関係がうまくいっている証拠ですね。

 また、帰った時に家で待っている彼女の姿を見て、嬉しく思う男性も多数います。笑顔で迎えてくれる彼女を見たら、仕事の疲れなんて吹き飛んでしまうんですね。

男性は何気ない瞬間にこそ「彼女がいてよかった!」と感じている

「いてくれてよかった」と思い続けられる関係を(写真:iStock)
「いてくれてよかった」と思い続けられる関係を (写真:iStock)

 上記で挙げた項目を見ると、どれもこれも特別なことではないことが分かりますね。つまり、男性たちはふとした何気ない瞬間にこそ、「彼女がいてよかった」と感じてくれているということなのです。

 恋愛をしていると、楽しいことを共有できて嬉しさは何倍にもなるもの。笑顔で相手に対して思いやりを持って接して、ぜひ「相手がいてよかった!」とお互いに思える関係性を築いていきたいものですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ
女性から誘うのはアリ?男性が喜ぶ夜の誘い方&NG行動♡
 女性から男性に夜のお誘いをするのは、なかなか勇気がいるもの。「断られたらどうしよう」「ドン引きさせるのでは?」と不安に...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:05 ラブ
もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
彼女がいる人を略奪愛したその後とは? 続かない理由&対処法
 恋は、いつどんなタイミングではじまるかわからないもの。中には、好きになった人に彼女がいて、図らずも略奪愛という形になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
感染症対策もバッチリ! 出不精な彼と外で楽しむ冬デート3選
 今年のクリスマスもウイルスに気をつけながら過ごさなくてはならないのかもしれません。感染対策の面倒くささからか「彼がデー...
内藤みか 2021-11-25 06:00 ラブ