どうして? DVも性犯罪も…女性の「加害者」が増えている

内藤みか 作家
更新日:2019-12-26 06:00
投稿日:2019-12-26 06:00
 DVというと多くの人が「夫から妻への暴行」を想像すると思いますが、実態は変化しつつあります。男性からの被害相談がどんどん増えているのです。被害が増えているのはDVだけではありません、女性が痴漢や性犯罪の加害者になる事例も出ているのです。

DV被害相談が急増中

DV被害を訴える男性は4年で4倍に…(写真:iStock)
DV被害を訴える男性は4年で4倍に… (写真:iStock)

 警視庁発表の「配偶者からの暴力事案の概況」(2019年)によると、女性からのDV相談が7,471件(82.6パーセント)で、男性からは1,571件(17.4パーセント)。被害相談のおよそ6人に1人もが男性であるという驚くべき現状がここにあるのです。しかもこの件数は年々増加傾向にあるのです。

 平成26年には181件と全体のわずか4.4%だった男性からの相談件数が4年で約4倍にもに増えたことは注目すべきことだと思います。凶暴な女性が増えたのかと考える人もいるでしょうけれど、近年、DVは身体的暴力だけでなく「言葉の暴力」「経済的圧迫」「性的強要」も適用されるようになっています。なので必ずしも女性からの殴る蹴るがあったわけではないでしょう。

深刻な身体以外の暴力

言葉の暴力で心を傷つける(写真:iStock)
言葉の暴力で心を傷つける (写真:iStock)

 肉体的な暴力は、誰の目にも命の危険があることが見て取れるものですが、他の暴力についてはわかりやすいものではなく、また、肉体的暴力とその他の暴力が複合して起きることも少なくないため、DVの事態は複雑化しているとも言えます。言葉の暴力は、相手がひどい言葉を何度も投げるなど、相手の体ではなく心を傷つけます。

 経済的圧迫は、相手の給料を全額取り上げ、お小遣いとして少ししか与えないなどのことを言います。性的強要は、その気がない相手に対して、無理やり性交に及ぶなどのことです。こうした行為も度が過ぎると暴力として認められるのです。

暴力をふるう女性もいる

男性の被害はストーカー行為が多い(写真:iStock)
男性の被害はストーカー行為が多い (写真:iStock)

 実際男性側から聞くのは「ダメ人間と言われる」などの言葉の暴力と「お金を取り上げられる」という経済的圧迫が多いのです。とはいえ「彼女に殴られた」という男性もいるので、肉体的暴力を振るう女性もいます。また、女性の側からも「彼から殴られたので自分も殴り返してしまった」という相談を受けたことがあります。総じて言えるのは、DVをふるうのは男性だけではないということです。

 そして女性からのDV件数が増加しているのと同様に、性犯罪でも女性の加害者が報道されるのを目にするようになっています。女性に痴漢されたと言う男性も存在しますし、内閣府による「男女間における暴力に関する調査」(2018年)によると、無理矢理性交させられた体験を持つ女性が7.8%で、男性が1.5%。実は男性も性暴力の被害者である事実が浮き彫りになりつつあるのです。

 男性の被害が目立つのは執拗なつきまとい行為(ストーカーなど)です。女性の10.9%に対し男性は4.5%が被害を受けたことがあり、半数近くにまで及んでいます。確かに報道でも女性ストーカーが逮捕される事例は時々見かけます。男性芸能人の自宅に押し入る事件が何度か報道されています。彼は自分の恋人だと勘違いする女性ファンの暴走に男性タレントが恐怖する時代になっていることも無視できません。

なぜ女性からの暴力が増えている?

カウンセリングが何カ月も続くことも(写真:iStock)
カウンセリングが何カ月も続くことも (写真:iStock)

 なぜ女性からのDVなどが増えているのか、その理由はひとくちでは言えないでしょう。けれど、男女同権社会となり、女性も男性並みに働くようになったことで、仕事でのストレスも男性並みに背負うようになったことが一因ではないかと私は思っています。また、10代以下の異性に対し、性的行為を強要するという事件も、男性から女性に対しては以前より起きていたことでした。

 DVについては依存性や共依存性などと関連している場合があり、「もう殴りません」と誓うだけではおさまらない場合もあるのです。日本にも加害者のための更生プログラムがありますが、カウンセリングなどが何ヶ月に及ぶ場合もあり、一朝一夕で解決できるようなことではなさそうです。

 DVや性犯罪は決して男性から女性へのものではなくなってきています。犯罪の性差がなくなりつつあるという現象は、DVだけにとどまらないことであるため、今後も気に留めておきたいところです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ