どうして? DVも性犯罪も…女性の「加害者」が増えている

内藤みか 作家
更新日:2019-12-26 06:00
投稿日:2019-12-26 06:00
 DVというと多くの人が「夫から妻への暴行」を想像すると思いますが、実態は変化しつつあります。男性からの被害相談がどんどん増えているのです。被害が増えているのはDVだけではありません、女性が痴漢や性犯罪の加害者になる事例も出ているのです。

DV被害相談が急増中

DV被害を訴える男性は4年で4倍に…(写真:iStock)
DV被害を訴える男性は4年で4倍に… (写真:iStock)

 警視庁発表の「配偶者からの暴力事案の概況」(2019年)によると、女性からのDV相談が7,471件(82.6パーセント)で、男性からは1,571件(17.4パーセント)。被害相談のおよそ6人に1人もが男性であるという驚くべき現状がここにあるのです。しかもこの件数は年々増加傾向にあるのです。

 平成26年には181件と全体のわずか4.4%だった男性からの相談件数が4年で約4倍にもに増えたことは注目すべきことだと思います。凶暴な女性が増えたのかと考える人もいるでしょうけれど、近年、DVは身体的暴力だけでなく「言葉の暴力」「経済的圧迫」「性的強要」も適用されるようになっています。なので必ずしも女性からの殴る蹴るがあったわけではないでしょう。

深刻な身体以外の暴力

言葉の暴力で心を傷つける(写真:iStock)
言葉の暴力で心を傷つける (写真:iStock)

 肉体的な暴力は、誰の目にも命の危険があることが見て取れるものですが、他の暴力についてはわかりやすいものではなく、また、肉体的暴力とその他の暴力が複合して起きることも少なくないため、DVの事態は複雑化しているとも言えます。言葉の暴力は、相手がひどい言葉を何度も投げるなど、相手の体ではなく心を傷つけます。

 経済的圧迫は、相手の給料を全額取り上げ、お小遣いとして少ししか与えないなどのことを言います。性的強要は、その気がない相手に対して、無理やり性交に及ぶなどのことです。こうした行為も度が過ぎると暴力として認められるのです。

暴力をふるう女性もいる

男性の被害はストーカー行為が多い(写真:iStock)
男性の被害はストーカー行為が多い (写真:iStock)

 実際男性側から聞くのは「ダメ人間と言われる」などの言葉の暴力と「お金を取り上げられる」という経済的圧迫が多いのです。とはいえ「彼女に殴られた」という男性もいるので、肉体的暴力を振るう女性もいます。また、女性の側からも「彼から殴られたので自分も殴り返してしまった」という相談を受けたことがあります。総じて言えるのは、DVをふるうのは男性だけではないということです。

 そして女性からのDV件数が増加しているのと同様に、性犯罪でも女性の加害者が報道されるのを目にするようになっています。女性に痴漢されたと言う男性も存在しますし、内閣府による「男女間における暴力に関する調査」(2018年)によると、無理矢理性交させられた体験を持つ女性が7.8%で、男性が1.5%。実は男性も性暴力の被害者である事実が浮き彫りになりつつあるのです。

 男性の被害が目立つのは執拗なつきまとい行為(ストーカーなど)です。女性の10.9%に対し男性は4.5%が被害を受けたことがあり、半数近くにまで及んでいます。確かに報道でも女性ストーカーが逮捕される事例は時々見かけます。男性芸能人の自宅に押し入る事件が何度か報道されています。彼は自分の恋人だと勘違いする女性ファンの暴走に男性タレントが恐怖する時代になっていることも無視できません。

なぜ女性からの暴力が増えている?

カウンセリングが何カ月も続くことも(写真:iStock)
カウンセリングが何カ月も続くことも (写真:iStock)

 なぜ女性からのDVなどが増えているのか、その理由はひとくちでは言えないでしょう。けれど、男女同権社会となり、女性も男性並みに働くようになったことで、仕事でのストレスも男性並みに背負うようになったことが一因ではないかと私は思っています。また、10代以下の異性に対し、性的行為を強要するという事件も、男性から女性に対しては以前より起きていたことでした。

 DVについては依存性や共依存性などと関連している場合があり、「もう殴りません」と誓うだけではおさまらない場合もあるのです。日本にも加害者のための更生プログラムがありますが、カウンセリングなどが何ヶ月に及ぶ場合もあり、一朝一夕で解決できるようなことではなさそうです。

 DVや性犯罪は決して男性から女性へのものではなくなってきています。犯罪の性差がなくなりつつあるという現象は、DVだけにとどまらないことであるため、今後も気に留めておきたいところです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋の季節っていつ? 春夏秋冬で恋に落ちる男性心理を解説♡
「恋の季節」という言葉はよく聞きますが、いったいいつなのかって曖昧ですよね。そこで今回は、春夏秋冬それぞれで男性が恋に落...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:02 ラブ
チャラい男性が“本気の恋”に落ちる瞬間&付き合うメリット
 チャラい男性というと、「浮気しそう」「女性にだらしなさそう」といった悪いイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:00 ラブ
お金持ち男性の彼女に選ばれるには?5つの共通点&テクニック
 男性の経済力をチェックする女性は多いでしょう。将来、結婚するとなれば、お金持ちの男性のほうが断然安心ですよね。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
別れても好きと思われたい…忘れられない“いい女”になる方法
 いろいろな事情で別れることになってしまっても、一度は好きになった人。「別れても好きだと思われたい!」という思いを抱く女...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
恋愛に興味ない…彼氏を欲しがらない女性の心理4つ&克服法
 一昔前までは、「女性の幸せ=素敵な恋愛&結婚」だったかもしれません。しかし、現在ではさまざまな理由から、恋愛や結婚が女...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
女性のすっぴんに対する4つの男性心理♡ 見た時の本音も紹介
 女性からすると、できれば男性に見られたくない「すっぴん」。でも、なぜか「すっぴんのほうが可愛いよ!」と言う男性って多い...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
可愛くて怒れない…ぶっ飛んでる妻からの天然すぎるLINE5選
 天然の女性って可愛いですよね♡ そんな女性を妻に持った男性は、毎日、そのぶっとんだ言動にイラっとしながらも、結局可愛く...
割り勘をする男性に隠された5つの心理&交際する判断ポイント
 交際前、もしくは交際したばかりの彼とのデートの際、会計で割り勘を要求されたら、あなたはどう思いますか? 中には、その時...
恋バナ調査隊 2021-09-18 06:00 ラブ
ファンにおねだり三昧…恋人の欲深い一面に幻滅した男性の弁
「冷酷と激情のあいだvol.56〜女性編〜」では同棲中の彼氏からライブ配信者としての姿を認めてもらえないシングルマザー・...
並木まき 2021-09-18 06:22 ラブ
彼の稼ぎだけでは厳しいのに…仕事を理解されない女性の苦悩
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-18 06:15 ラブ
肉食系男性が本気になる女性の特徴&効果的なアプローチ方法
 好奇心旺盛で積極的な「肉食系男性」。遊び人や浮気性というイメージがあるため、そんな肉食系男性を好きになってしまった人は...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
男性は恋に冷めると態度が変わる…見極めたい男性心理&行動
「彼氏の態度が最近冷たい……」と、悩んでいる人は多いでしょう。「冷めてしまったの?」と、眠れない夜を過ごしているかもしれ...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
性別の違う恋人を2人作る「両性型恋愛」を選んだ女性の告白
 性の多様化が進む昨今、複数の恋人を持つポリアモリーという分散型恋愛を実践する人も増えています。また、それとは別に、性の...
内藤みか 2021-09-16 06:00 ラブ
年の差を気にする年上男性の心理&上手なアプローチ方法3選
 たとえば、10歳以上、年の差がある男性を好きになったとしても「年齢の差なんて気にしない」と思う女性は多いでしょう。でも...
恋バナ調査隊 2021-09-16 06:00 ラブ
待っていたらダメ! 彼から連絡が来ない本当の理由と対処法
 仕事が忙しいとパートナーとの連絡頻度が減り、お互いに放置してしまう……なんてことはありませんか? 私は仕事中にカレから...
若林杏樹 2021-09-15 06:00 ラブ
運命の人“スピリチュアルパートナー”の特徴&出会う前の変化
「魂の深いつながりがある」「お互いの成長をサポートし合う関係」と言われるのが、“スピリチュアルパートナー”です。まさに、...
恋バナ調査隊 2021-09-15 06:00 ラブ