番組タイトルを考えながら実力を磨きチャンスをつかんだ日

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-12-30 17:54
投稿日:2019-12-30 06:00
 誰だって一度は「こんな仕事がしてみたい」「こんな世界で働いてみたい」と夢を見る。でも実現できる人は多くはないし、それで食べていける人はほんのひと握りだろう。日々の業務に取り組みながら、心の奥にしまった夢を宝石のように磨き続けた人だけが、立ち止まったり回り道をしたりしながら夢に近づいていけるのかも知れない。成人向けスカパー! チャンネル『パラダイステレビ』の女性プロデューサー・吉永あずきさんはその一人だ。

作詞家への道を切り拓いた番組表作りのコピーライティング

2019年12月クリスマスイベントで出演者、スタッフと(提供写真)
2019年12月クリスマスイベントで出演者、スタッフと (提供写真)

ーー作詞のために、吉永さんは何か勉強をされていたのですか?

吉永「ちょうどその頃、宣伝会議がやっているコピーライター養成講座に通っていました。仕事で番組表に載せるタイトルを80字以内で書くんですが、パンチのある言葉が書けるようになりたくて、毎週金曜日に仕事が終わってから行ってたんです。会社の命令ではなく、自費です。ジョニー大倉さんの歌詞の話が出たときに、これを活かしてみようと思ったんですよね」

ーージョニー大倉さん、歌詞へのこだわりが強いと思いますが……。

吉永「ジョニーさんが書いているキャロルの本を読み、キャロルの曲を聴きながら(ジョニー大倉はギターと作詞担当)、彼が使いそうな言葉を必死に考えました。その結果、『あ、これちょっと手直しするだけで歌えるわ』と、ジョニーさんがOKを出してくれて誕生したのが『パラダイス・フォーエバー』です。第1回の『24時間テレビエロは地球を救う』(2003年)の番組中で、ジョニーさんが生歌・生ギターで歌ってくれました」

総勢15人のアイドルと20曲以上の歌詞をプロデュース

2019年8月マシュマロ3d+は東京アイドルフェスティバルに出演(提供写真)
2019年8月マシュマロ3d+は東京アイドルフェスティバルに出演 (提供写真)

 毎日の番組制作に結果を残したいという努力と、それを突然やってきたチャンスに結びつけるポジティブな姿勢が、吉永さんを作詞という新しい世界に進ませた。パラダイステレビは2011年にマシュマロ3DというAV女優のアイドルグループを結成、その後もメンバーを入れ替えて(現在はマシュマロ3d+)2019年12月には100回目のライブを達成した。吉永さんはマシュマロ3d+、その研究生であるチームメレンゲギンギン♂ガールズMakeit!も育成しながら、彼女たちに歌詞を提供している。

ーー番組の運営からアイドル育成、作詞と多忙すぎる一日ですが……。

吉永「そうですね、朝7時か8時に起きてLINEやメールの返信をして…これ結構だいじです。アイドルの情報、固まっちゃうと誰も見なくなっちゃうので、SNSを動かさないといけません。12時か13時に出社して書類作業、イベントがある日は16時から準備に入って、撤収は22時か23時。家に帰るのが翌日になっちゃったり、帰ってからも次の準備をしていることもあります。あと、作詞は絶対に家でやるんですよね」

ーー吉永さんが一番やりがいを感じることは何ですか?

吉永「すぐ辞めちゃった子もいるんですけど、みんなのステージも性格も全部覚えています。ステージに上がったライブ中の彼女たちは、ほんとキラキラ輝くんですよ。ライブを100回も続けられたのは彼女たち一人ひとりが本気で関わってくれたおかげです。言葉だったり、音楽的才能だったり、表現力だったり、キャラだったり…いろんなものを見せてもらいました。男性の多い職場ですが、私は彼女たちと仕事をしてきたって感じています」

セクハラもないけどチヤホヤもされない!男女対等のエロ現場

2019年11月ギンギン♂ガールズ4周年記念イベントで(提供写真)
2019年11月ギンギン♂ガールズ4周年記念イベントで (提供写真)

 吉永さんがパラダイステレビに入社してから18年、日本女性の生き方は大きく変わりつつある。女性の活躍は日本経済の維持に必須となり、生涯にわたって職業を持つことがこれからは常識になっていくだろう。その一方で、あたかも旧時代における男女関係の膿を絞り出すかのようにセクハラの告発や、フェミニズムの問題が起きている。私たち女性と仕事、そして女性と男性の関わり方は生まれ変わろうとしているのかも知れない。

吉永「プロデューサーとして新人のときのフィスト番組を撮ってくれた監督、無口な職人肌のチーフディレクターなんですけど、常にすごく良い番組を作っている人なんです。その人が私の誕生日を覚えていてくれて、『また一つ、ババアになったなあ!』なんて言いながら、ランチをご馳走してくれました。『じゃあ、その代わりにストリップ観に行きませんか?』って誘ったら『ストリップ、初めてなんだよ』って、ワリカンで楽しんできましたよ!」

 吉永あずきさんのまわりには、形ばかりの女性活用ではない、男も女も対等に切磋琢磨する真剣勝負の厳しさがあり、日々の戦場をともに戦う本気の協力体制がある。もともとは男社会であったアダルト業界で、吉永さんがこのような風通しのよい職場環境を作ることができたのは、どんな業務にも心をこめて取り組み、ともに働く人を大切に思いやってきた結果だ。吉永さんの職場では、今も広く女性社員を募集している。第二、第三の吉永さんをめざして応募してみてはどうだろうか。

ライフスタイル 新着一覧


ネットカフェの落し穴…女性が少しでも安心できる利用方法
 先日、ネットカフェで男性客が女性店員を人質にとり、個室に長時間立てこもるという事件が起きました。ネットカフェは本来はと...
23区内では初登場「ポケふた」ゲット大作戦 2021.6.24(木)
 先日ご紹介したポケモンマンホール通称「ポケふた」に、新しい仲間が加わりました。  ポケGO大好きかつ、マンホール...
ルール違反はダメにゃ!ボス“にゃんたま”が若頭に怒りの鉄拳
 ごはん場で出逢ったにゃんたまωにロックオン。  猫の世界では、ごはんを食べる順番は大概、ボスにゃんたま君からとい...
燃えるように美しい…炎の花「グロリオサ」の簡単アレンジ法
 ワタクシ、残念ながら子供に恵まれず、子供がいないゆえ他人の子供を可愛がっております。花屋とお花の講師をしていますが、生...
職場や取引先で「パワハラ交際」を強要される女性たちの葛藤
 職場の上司や取引先の人に気に入られたら、どうしますか? 仕事上メリットがあるかもしれないと思うし、仕事関係の人に無下な...
なぜ“にゃんたま”を撮り続ける?カメラマンの気持ちいい瞬間
 私はなぜ、にゃんたまωを撮り続けるのか?  きっと、にゃんたまを撮影している時が一番「集中力」が高まるから。 ...
6月21日~6月27日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ママ友より平和!猫のおかあさんになって変わった交友関係
 猫が来てから、人がうちに遊びに来るようになりました(引っ越して我が家が最寄り駅から近くなったことも理由かもしれませんが...
父の日に読みたい♪ お父さんの不器用でも愛を感じるLINE5選
 家では威厳のある態度を見せているのに、LINEでは、なんだか可愛く見えてしまうお父さんたち。なぜか、どのお父さんのLI...
隠す必要なし! 自分の弱さを正直に吐き出す大きなメリット
 あなたは他人からどう思われたいですか? もしかしたら、現実の自分より良く見せたいと思っている人もいるかもしれません。で...
戦士のつかの間の休息…ワイルド“にゃんたま”をこっそり激写
 この島で暮らすにゃんたま君たちはみんな戦士。強くなればなるほど縄張りエリアは拡大し、パトロールにも体力を要します。 ...
運命変わる土用の丑の日に…金運UPの花「アナベル」の育て方
「今日は何を買おうかな~」  猫店長「さぶ」率いる我が花屋、仕入れるお花の選定のため、最寄りの花市場にワタクシほぼ...
鎌倉大仏に手を合わせる 2021.6.16(水)
 長らくご無沙汰していた鎌倉大仏にご挨拶に行ってきました! お天気にも恵まれて、大仏様を拝んでいるとパワーをもらった気が...
“推し活=オタク”なんて古い! 推しの種類&得られるメリット
 実は今、年代問わず“推し活”をする人が増えてきています。推し活というと「暗い」「オタク」といったネガティブなイメージを...
6月14日~6月20日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
うらめしポーズでごめんにゃさい…ツボ刺激中の“にゃんたま”
 きょうは、電池切れ……? うらめしポーズのにゃんたまω君に出逢いました。  こんなにゃんたま君が道に落ちていたら...