妻はウンザリ!夫の“サイレントにトゲトゲしい”モラ発言3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-01-02 06:00
投稿日:2020-01-02 06:00
 世の中には、褒めているように聞こえて、実は相手を辛らつに批判している会話も存在します。そんな暴言を妻に吐く夫は、ジワジワとモラハラをしているのと同じこと。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、妻が我が耳を疑ったという、無礼すぎる夫の暴言をご紹介します。

1:余程まわりがショボいんだな~

余計な一言でテンションだだ下がり(写真:iStock)
余計な一言でテンションだだ下がり (写真:iStock)

「仕事で、2カ月連続でMVP表彰を受けたのですが、それを夫に報告したところ『おめでとう! 余程まわりがショボいんだな~!』と笑いながら言われました。

 その2カ月間は死にものぐるいで働き、睡眠時間も削ってがんばったのを見ていたクセに、まさかのその言葉⁉︎ と耳を疑いましたね。

 日頃から、穏やか口調で失礼なことを言うので、最近は、隠れモラ夫なんじゃないかと感じています……」(38歳女性/保険)

  ◇  ◇  ◇

 この夫、がんばった妻を素直に労えないとは、くだらないプライドでもあるのでしょうか。聞くだけで一気にテンションが下がるほど、失礼すぎる暴言です。

2:ジャンクフードと同じくらい美味しい

もうずっとカップラーメンだけ食べとけば?(写真:iStock)
もうずっとカップラーメンだけ食べとけば? (写真:iStock)

「今年のクリスマスには、初めて自宅で、ご馳走を作りました。

 平日だったので、前日から少しずつ仕込んで、ローストチキンやロブスターサラダなど、いかにもクリスマスっぽいメニューを揃えて、自分的にも自信作が完成したんです!

 それなのに、夫からは真顔で『ウマイ。いつも食べているカップラーメンくらいウマイね』と、褒めているのか貶しているのかわからない言葉が……。

 急激に気分が萎えましたし、こんな人のために何かを作るのは、バカバカしいと思ってしまいました」(37歳女性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 カップラーメンが大好きな夫ならば、最大級の褒め言葉だった可能性も否めないものの……。妻の手間を労っていない誉め言葉は、イヤミにしか聞こえないのも傾向です。

3:そんなに欲しいなら…

イラっとするなあ…(写真:iStock)
イラっとするなあ… (写真:iStock)

「うちの夫は、普通の会話にも上から目線な返事を返してくるので、私はストレスが溜まっています。

 例えば、帰宅するときに洗剤を買ってきてほしいと頼むと『そんなに欲しいなら、買って帰るよ』などと、いちいちスッキリしない返事が返ってくるんです。まぁ、文句を言って買ってきてくれないわけじゃないから、完全なモラ夫よりは、まだマシって自分に言い聞かせていますけど……。

 自分も使う日用品を頼んでいる日用品を頼むだけで、なんでいちいち余計なひと言がくっついているのか……って思いますね。普通に『了解』や『オッケー』などと返してくれれば済む話なのに、万事こんな調子です。夫に連絡を入れるのが密かにユーウツです」(40歳女性/専門職)

  ◇  ◇  ◇

 カラッとした明るいコミュニケーションが不得手な夫ほど、事務的な連絡に対しても、一癖ある返事をしがち。いちいち突っかかるかのような返事が戻ってくるとなれば、妻には地味にストレスですよね。

まとめ

 どんなに静かな口調の夫であっても、その内容が辛らつであるほど、妻の心はジワジワと傷めつけられます。いわゆる派手なモラハラではないとしても、こんな夫の性分に不快感を抱いている女性は、案外といるのではないでしょうか。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ
セルフプレジャーは私を解放してくれた。性欲は恥ずかしいものではない
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-06-03 06:00 ラブ
お金に寛容な年上彼女、急募! 遊びの延長の同棲を後悔するバツ1男
「冷酷と激情のあいだvol.197〜女性編〜」では、同棲を始めた途端にセコい金銭感覚をあらわにした8歳年下の恋人・ユウタ...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
私のアカウントで買い物し、支払いはスルー。セコさ増す彼に悩む49歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
「年収500万の星野源似=普通の男」問題も再燃…でも最近は「普通の男=吉沢亮」の深層
 歌手の星野源(43)に対する“臆測”投稿が世間の注目を集めた件。インフルエンサーに拡散されたアナウンサーとの不倫疑惑は...