妻はウンザリ!夫の“サイレントにトゲトゲしい”モラ発言3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-01-02 06:00
投稿日:2020-01-02 06:00
 世の中には、褒めているように聞こえて、実は相手を辛らつに批判している会話も存在します。そんな暴言を妻に吐く夫は、ジワジワとモラハラをしているのと同じこと。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、妻が我が耳を疑ったという、無礼すぎる夫の暴言をご紹介します。

1:余程まわりがショボいんだな~

余計な一言でテンションだだ下がり(写真:iStock)
余計な一言でテンションだだ下がり (写真:iStock)

「仕事で、2カ月連続でMVP表彰を受けたのですが、それを夫に報告したところ『おめでとう! 余程まわりがショボいんだな~!』と笑いながら言われました。

 その2カ月間は死にものぐるいで働き、睡眠時間も削ってがんばったのを見ていたクセに、まさかのその言葉⁉︎ と耳を疑いましたね。

 日頃から、穏やか口調で失礼なことを言うので、最近は、隠れモラ夫なんじゃないかと感じています……」(38歳女性/保険)

  ◇  ◇  ◇

 この夫、がんばった妻を素直に労えないとは、くだらないプライドでもあるのでしょうか。聞くだけで一気にテンションが下がるほど、失礼すぎる暴言です。

2:ジャンクフードと同じくらい美味しい

もうずっとカップラーメンだけ食べとけば?(写真:iStock)
もうずっとカップラーメンだけ食べとけば? (写真:iStock)

「今年のクリスマスには、初めて自宅で、ご馳走を作りました。

 平日だったので、前日から少しずつ仕込んで、ローストチキンやロブスターサラダなど、いかにもクリスマスっぽいメニューを揃えて、自分的にも自信作が完成したんです!

 それなのに、夫からは真顔で『ウマイ。いつも食べているカップラーメンくらいウマイね』と、褒めているのか貶しているのかわからない言葉が……。

 急激に気分が萎えましたし、こんな人のために何かを作るのは、バカバカしいと思ってしまいました」(37歳女性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 カップラーメンが大好きな夫ならば、最大級の褒め言葉だった可能性も否めないものの……。妻の手間を労っていない誉め言葉は、イヤミにしか聞こえないのも傾向です。

3:そんなに欲しいなら…

イラっとするなあ…(写真:iStock)
イラっとするなあ… (写真:iStock)

「うちの夫は、普通の会話にも上から目線な返事を返してくるので、私はストレスが溜まっています。

 例えば、帰宅するときに洗剤を買ってきてほしいと頼むと『そんなに欲しいなら、買って帰るよ』などと、いちいちスッキリしない返事が返ってくるんです。まぁ、文句を言って買ってきてくれないわけじゃないから、完全なモラ夫よりは、まだマシって自分に言い聞かせていますけど……。

 自分も使う日用品を頼んでいる日用品を頼むだけで、なんでいちいち余計なひと言がくっついているのか……って思いますね。普通に『了解』や『オッケー』などと返してくれれば済む話なのに、万事こんな調子です。夫に連絡を入れるのが密かにユーウツです」(40歳女性/専門職)

  ◇  ◇  ◇

 カラッとした明るいコミュニケーションが不得手な夫ほど、事務的な連絡に対しても、一癖ある返事をしがち。いちいち突っかかるかのような返事が戻ってくるとなれば、妻には地味にストレスですよね。

まとめ

 どんなに静かな口調の夫であっても、その内容が辛らつであるほど、妻の心はジワジワと傷めつけられます。いわゆる派手なモラハラではないとしても、こんな夫の性分に不快感を抱いている女性は、案外といるのではないでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ