妻はウンザリ!夫の“サイレントにトゲトゲしい”モラ発言3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-01-02 06:00
投稿日:2020-01-02 06:00
 世の中には、褒めているように聞こえて、実は相手を辛らつに批判している会話も存在します。そんな暴言を妻に吐く夫は、ジワジワとモラハラをしているのと同じこと。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、妻が我が耳を疑ったという、無礼すぎる夫の暴言をご紹介します。

1:余程まわりがショボいんだな~

余計な一言でテンションだだ下がり(写真:iStock)
余計な一言でテンションだだ下がり (写真:iStock)

「仕事で、2カ月連続でMVP表彰を受けたのですが、それを夫に報告したところ『おめでとう! 余程まわりがショボいんだな~!』と笑いながら言われました。

 その2カ月間は死にものぐるいで働き、睡眠時間も削ってがんばったのを見ていたクセに、まさかのその言葉⁉︎ と耳を疑いましたね。

 日頃から、穏やか口調で失礼なことを言うので、最近は、隠れモラ夫なんじゃないかと感じています……」(38歳女性/保険)

  ◇  ◇  ◇

 この夫、がんばった妻を素直に労えないとは、くだらないプライドでもあるのでしょうか。聞くだけで一気にテンションが下がるほど、失礼すぎる暴言です。

2:ジャンクフードと同じくらい美味しい

もうずっとカップラーメンだけ食べとけば?(写真:iStock)
もうずっとカップラーメンだけ食べとけば? (写真:iStock)

「今年のクリスマスには、初めて自宅で、ご馳走を作りました。

 平日だったので、前日から少しずつ仕込んで、ローストチキンやロブスターサラダなど、いかにもクリスマスっぽいメニューを揃えて、自分的にも自信作が完成したんです!

 それなのに、夫からは真顔で『ウマイ。いつも食べているカップラーメンくらいウマイね』と、褒めているのか貶しているのかわからない言葉が……。

 急激に気分が萎えましたし、こんな人のために何かを作るのは、バカバカしいと思ってしまいました」(37歳女性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 カップラーメンが大好きな夫ならば、最大級の褒め言葉だった可能性も否めないものの……。妻の手間を労っていない誉め言葉は、イヤミにしか聞こえないのも傾向です。

3:そんなに欲しいなら…

イラっとするなあ…(写真:iStock)
イラっとするなあ… (写真:iStock)

「うちの夫は、普通の会話にも上から目線な返事を返してくるので、私はストレスが溜まっています。

 例えば、帰宅するときに洗剤を買ってきてほしいと頼むと『そんなに欲しいなら、買って帰るよ』などと、いちいちスッキリしない返事が返ってくるんです。まぁ、文句を言って買ってきてくれないわけじゃないから、完全なモラ夫よりは、まだマシって自分に言い聞かせていますけど……。

 自分も使う日用品を頼んでいる日用品を頼むだけで、なんでいちいち余計なひと言がくっついているのか……って思いますね。普通に『了解』や『オッケー』などと返してくれれば済む話なのに、万事こんな調子です。夫に連絡を入れるのが密かにユーウツです」(40歳女性/専門職)

  ◇  ◇  ◇

 カラッとした明るいコミュニケーションが不得手な夫ほど、事務的な連絡に対しても、一癖ある返事をしがち。いちいち突っかかるかのような返事が戻ってくるとなれば、妻には地味にストレスですよね。

まとめ

 どんなに静かな口調の夫であっても、その内容が辛らつであるほど、妻の心はジワジワと傷めつけられます。いわゆる派手なモラハラではないとしても、こんな夫の性分に不快感を抱いている女性は、案外といるのではないでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋愛モチベが上がらない…オトナ女子の恋ゴコロの高め方とは
 恋愛や結婚をしたくないわけじゃないんだけど、そこに至るまでが面倒くさい。恋活サービスもやり取りするのが億劫。気軽に遊ん...
若林杏樹 2021-01-27 06:00 ラブ
チャラい男と付き合うとどうなる? 特徴やあるあるを紹介!
 あなたの周りに、チャラい男はいますか? 一般的に「チャラい男」とは、女慣れしていて遊んでいそうな人のことを言います。も...
恋バナ調査隊 2021-01-27 06:00 ラブ
婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ