甘さが引き立つ「ニンジンのサラダ マグロのカラスミ添え」

コクハク編集部
更新日:2020-01-29 06:00
投稿日:2020-01-29 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷の隠れ家イタリアン「ピノサリーチェ」の柳令子さんに、野菜の甘さが引き立つ「ニンジンのサラダ マグロのカラスミ添え」のレシピを教えていただきました。

相性ぴったりの2つの食材

合う酒=ワイン(C)コクハク
合う酒=ワイン (C)コクハク

 一人でワイングラスを傾けるのもよし。大勢でワイワイと南イタリアのマンマの味を楽しむのもよし。いろんな使い方ができるのがピノサリーチェの魅力です。

 最初にぜひ頼んでほしいのが「小皿料理 我が家風」。「これこれ、こういうのがワインのお供に合うんだよね!」と膝を叩きたくなるつまみが小皿にちょこっとのっています。3皿、5皿、8皿と、その日の気分で皿数を選ぶことができるのがいいですね。今回の「ニンジンのサラダ マグロのカラスミ添え」も、小皿料理としてよく登場する一品です。

「シチリアの修業先のミシュラン2つ星レストランシェフが、ニンジンとカラスミの組み合わせが好きだったんです。この2つの食材の相性はすごくいいですよ」と柳シェフ。シチリアのレストランで出していたのは、ニンジン、マグロのカラスミ、イワシのタルタルを使ったパスタ。一方、柳シェフは見た目も鮮やかなサラダ仕立てに。

「シチリアでカラスミといえばマグロ。イタリアでは場所によって、同じカラスミでも材料が異なります。ボラのカラスミの方が日本では手に入りやすいですから、そちらで構いません」

 土産でもらって使い道に困っていたカラスミの出番! カラスミがニンジンの甘さをぐっと引き立たせてくれます。ただし「ニンジンオンリー」でもおいしいので、自宅にない場合は、臨機応変に。

フード 新着一覧


FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷にある「IZAKAYA P/ma」の丸...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫・芦屋のビストロ「Isshiki」の一色幸作...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の立ち飲みの割烹料理店「さかづき」の坂...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の和食とワインのお店「時喰み」の佐々木...
FILM
 実りの秋――。この時期になったら必ず作って食べるレシピがあるんです。素材の味を活かしたシンプルな一品。簡単に作ることが...
ぐっち夫婦 2020-09-27 13:25 フード
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・幡ケ谷にある「餃子の店 您好」の野坂由郎さ...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のフレンチ「銀座エスコフィエ」の東正俊...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷にある「IZAKAYA P/ma」の丸...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は沖縄・那覇のビストロ「Refuge」の大城忍さん...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋のドイツ料理が楽しめるワインバー「ワイ...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は沖縄・那覇のビストロ「Refuge」の大城忍さん...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座のダイニングバー「麦酒屋るぷりん」の海...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・四谷三丁目の中華料理店「南方中華料理 南三...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷の居酒屋「純米酒 三品」の稲原春香さん...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋のドイツ料理が楽しめるワインバー「ワイ...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・押上のスパイス料理専門店「スパイス・カフェ...