恋のライバルがいる…気を付けるべきポイント&ベスト対応

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-02-21 18:43
投稿日:2020-02-04 06:00
「好きな人ができたけど、どうやらライバルがいるみたい……」と、悩んでしまう方は多いでしょう。ライバルが自分よりも綺麗だったり、デキる女性だったりすると、どうしても焦ってしまいますよね。そんな時にどんな行動を取れば良いのか、気をつけたいポイントやベスト行動についてお伝えします!

恋のライバルがいる時に気を付けるべき3つのポイント

恋のライバル登場!?(写真:iStock)
恋のライバル登場!? (写真:iStock)

 片思い中は彼への感情だけで忙しいのに、恋のライバルまで現れてしまうと不安感は増すばかりでしょう。そこでまずは、気を付けるべき3つのポイントについてお伝えします。

1. ライバルを蹴落とそうとするのはNG

 恋のライバルがいると気づいた時、悪口を言うなどして、ライバルの評判を落とすようなことをする女性がいるようですが、これはNG。ただ単純に情けなくカッコ悪いですし、賢い男性が相手であれば見透かされて逆効果になる可能性もあります。

 でも、もしもライバルからそんなことをされてしまったら?……放っておくに限ります。同じ土俵に立つことはありません。むしろ、そんな女性と男性がお付き合いをすることになったら、「見る目がないのね」と思えば良いのです。

 いい男は、誰かを蹴落とせるような女性とは付き合わないはず。かえって、そんな男性と付き合わなくてよかった!と、次の恋探しを始めてしまいましょう。

2. 対ライバルではなく、対男性ということを忘れない

 片思い中に恋のライバルが現れた時、「勝ちたい」とか、「勝てない」と、思ってしまうのはなぜでしょうか。女性は男性が浮気をした時、誘った男性にではなく相手の女性に対して敵意を表す傾向にありますが、それとちょっと似ています。

 でも、忘れてはいけないのが、「対ライバル」ではなく、「対男性」だということ。

 ライバルを意識しすぎても、良いことはありません。あなたが目指すべきは、「思い合えるパートナー」を手に入れることであり、「ライバルに勝つこと」でも、「ライバルを憎むこと」でもないということを忘れないようにしましょう。

3. 本当に争う価値がある男性なのかを考える

 よっぽど鈍感な方なら分かりませんが、誰かからの好意は気付きやすいもの。2人の女性が自分のことを好きでいてくれているのが分かったら、「モテ期かも?」なんて、少なからず悪い気はしないのが男性でしょう。

 でも、「あの子にプレゼントをもらったんだよね」なんて乙女心を煽るような男性であれば、ちょっと待って。そもそも、本当に争う価値がある男性なのかを、もう一度考えてみるのも大切です。

「残り1点限り!」「早い者勝ち!」そんな言葉が店先で並んでいると、ついつい買ってしまいたくなるのが女性。ライバルがいると、さほど大したものではなくてもよく見えてしまうんです。不思議ですね。「安物買いの銭失い」ということにならないように!男性は星の数ほどほかにいますから。

恋のライバルが現れた時のベスト対応は?

頑張りすぎずに自然体を心がけて(写真:iStock)
頑張りすぎずに自然体を心がけて (写真:iStock)

 恋のライバルが現れた時には、どんな風に対策をすれば良いのか頭を悩ませてしまう人もいるでしょう。でも、実はできることはシンプルだったりすると思うんです。

自然体でいる

 恋のライバルがいると、「あの子よりもいい女だと思ってもらいたい!」なんて、頑張りすぎてしまうもの。でも、これだといざ男性とお付き合いができたとしても、頑張り続けなければいけない恋愛になってしまいます。

 そんな時こそ、自然体を意識しましょう。素のあなたを見て好きになってくれない男性であれば、相性が悪い可能性だってあるんですから。

 ただし、たとえば「尊敬できる女性が好き」「笑顔が可愛い女性が好き」など、彼の好みを知って努力するのはもちろんあり!その要素を、無理なく素の自分に取り入れられるようにできると良いですね。

好きな人を思いやって行動する

 恋のライバルがいる時、一般的には「男性の情報を集めた方がいい」「周りに好きなことを公言して応援してもらった方がいい」「先に告白したもの勝ち」なんて言われているようです。でも、鵜呑みにして行動するのはどうでしょうか。これは「対ライバル」であって、「対男性」の要素がどこにもありません。

 たとえば、男性が落ち込んでいることに気づいた時、「ライバルより早く気付けた!チャンス!」なんて思ってしまっていませんか?「大丈夫かな?」という気持ちや「励ましてあげたい!」が先に立って行動できる、そんな心持ちでいることが大切です。

 まっすぐな思いに勝るものは、きっとありません。好きな人を思いやって行動することに集中しましょう。

自信が持てる自分でいる

 ライバルが現れた時に焦ってしまうのは、そのライバルと自分をどこかしらで比べてしまっているからでしょう。だから、「あの子には勝てない」と勝手に空回りして諦めてしまったり、ライバルを蹴落とそうとしてしまったりするんです。

 そんな時こそ、自分に自信を持ちましょう。外見を磨いたり、仕事のスキルアップを目指すなど、理想の自分に近づく努力をするのも良いですね。「彼のことを一番幸せにできる!」と自信を持てないと、そもそも好きな人に気持ちが届かないかもしれません。

「いい人」である必要はない

 女友達など、知り合い同士で同じ男性を好きになってしまった時、「ライバルを蹴落としてまで、お付き合いをしたくない」、そう思って引いてしまう方もいるでしょう。中には、「応援してね!」と頼まれて、自分の気持ちを隠してしまうケースも。

 でも、忘れてはいけないのは、どうしても好きな人であれば一歩も引かなくて良いということ。この時、「いい人」である必要はないと思います。

 男性に選ばれた時、「あの子に申し訳ない」なんて言う女性もいますが、これはかえって男性にもライバルにも失礼。選ばれたなら、“素敵な彼女でいること”。これしかできることはありません。

選ばれなくても「負けた」んじゃなく「ご縁がなかった」だけ

「今は」ご縁がないだけかも(写真:iStock)
「今は」ご縁がないだけかも (写真:iStock)

 恋のライバルがいると、うまくいかなかった時に「あの子に負けた」と思ってしまいがちですが、それは違うと思います。あの手この手を使ってアプローチしなくても、うまくいく時はうまくいくもの。それが相性です。

 要は、その男性との「ご縁がなかった」んです。もっと言うと、「今は」ご縁がないだけなのかもしれません。

 上記でもお伝えしましたが、とにかく向かう先は「ライバルではなく好きな人」!正々堂々、恋愛を楽しんでくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


プロポーズ間近かも? 彼の気持ちがわかる「3つのポイント」
 彼は結婚するつもりがあるのかどうかは、恋愛中の女性ならどうしても気になってしまうところ。彼が将来のことを考えているのか...
内藤みか 2021-10-28 06:00 ラブ
会えない時間に対する男女の違い&会いたい女性になるコツ♡
 女性は、好きな男性と会えない時間が増えてくると、「彼はもう私のこと好きじゃないのかな……」と、そんなふうに感じる人も多...
恋バナ調査隊 2021-10-28 06:00 ラブ
「終わらせたい…」ズルズル続いてしまった不倫をやめる方法
「不倫なんて良くない」と頭では分かっていながら続けてしまったこの恋。もうやめたいなと思っても、なかなかやめるタイミングや...
若林杏樹 2021-10-27 06:00 ラブ
あなたは甘え上手or甘え下手? 6つの特徴&原因から診断!
 あなたは人に甘えることに対して、どんな考えを持っていますか? もしも甘え下手なタイプなら、「人に甘えるのは弱い証拠」「...
恋バナ調査隊 2021-10-27 06:00 ラブ
彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ