「イワシのリングアータ」脂の乗った身をサッパリといただく

コクハク編集部
更新日:2020-03-30 06:00
投稿日:2020-03-30 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷の隠れ家イタリアン「ピノサリーチェ」の柳令子さんに、オリーブオイルでカリッと焼いた「イワシのリングアータ」のレシピを教えていただきました。

シメサバの残りで作ってもおいしい

合う酒=ワイン(C)コクハク
合う酒=ワイン (C)コクハク

 店名は、共同経営者でサービスとドルチェ作りを担当する赤松恭子さんとの2人の名前から。イタリア語で“松”が「ピノ」、“柳”が「サリーチェ」。2人のキューピッド役になったのは、柳さんのダンナさん(当時は恋人)。同じイタリアンレストランで働く女性に「カノジョと気が合うかも」と感じていたそうです。

「彼の紹介で赤松と会ったら、興味を持つところ、ツボがまったく一緒。『これ食べたい』と思うものがピッタリ同じ。2人でご飯をよく食べに行くようになり、そのうち店を始めようか、と」

 プーリア州で修業した「料理上手なお母さんが、“おいしいから作って”とみんなに言われたことから始めた店」の雰囲気を目指したんだとか。つまりは、おいしい南イタリア料理を、肩肘張らず楽しめるお店なんです。

 実際、ピノサリーチェで食事をすると、「おいしい」と「楽しい」の感情が同じくらいの割合で湧き上がってきます。たった一人の男性スタッフ、ソムリエの“福ちゃん”がまたいい味を出しています。「ワイン選びが緊張する」なんて人にも、強くおすすめしたいお店です。

「リングアータ」は、料理の形が「舌」に似ていることから。青魚をサッパリいただける一品です。

【材料】

・イワシ
・ワインビネガー
・セモリナ粉
 ※すべて適量

【レシピ】

1. イワシは頭と内臓を取り除いて水洗いし、手開きで骨を外し、背びれも取る。
2. イワシをワインビネガーに漬ける。米酢で代用してもいい。数分するとイワシの表面が白っぽくなるので、酢から出す。
3. 酢は拭き取らずに、イワシの表面にセモリナ粉をまぶす。オリーブオイルでカリッと焼く。仕上げに軽く塩を振る。

※アジやサバで作ってもおいしい。シメサバの残りで作ってもいい。セモリナ粉はパスタに使われる小麦粉で、業務スーパーなどで手に入れやすい。ない場合は、食感が変わるが、小麦粉で。

フード 新着一覧


まだ買える⁉無印のカカオトリュフに夢中 2021.12.7(火)
 冬季限定で絶賛販売中の無印良品「カカオトリュフ」(全5種)、これ、本当にすごい。11月に入ってすぐ、お店でなんとなく目...
「マッシュルーム、トマト、チーズのホイル包み」肉厚が最高
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
プリプリでしょっぱ美味!「玉こんにゃく」熱々でも冷めても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
京都の「餅菓子」4選。2021.12.4(土)
 12月の京都は風情があって魅力的。冬にかけて旅行を計画している方も少なくないと思います。京都にはおいしい食べ物がたくさ...
相性は立証済み「カレースパイス風味の鳥ハム秋りんご添え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
焼いた餅にサンド「からすみ餅」甘味と塩辛さのハーモニー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
プロの味に近づける「小松菜と油揚げ、えのき茸のおひたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...