「イワシのリングアータ」脂の乗った身をサッパリといただく

コクハク編集部
更新日:2020-03-30 06:00
投稿日:2020-03-30 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷の隠れ家イタリアン「ピノサリーチェ」の柳令子さんに、オリーブオイルでカリッと焼いた「イワシのリングアータ」のレシピを教えていただきました。

シメサバの残りで作ってもおいしい

合う酒=ワイン(C)コクハク
合う酒=ワイン (C)コクハク

 店名は、共同経営者でサービスとドルチェ作りを担当する赤松恭子さんとの2人の名前から。イタリア語で“松”が「ピノ」、“柳”が「サリーチェ」。2人のキューピッド役になったのは、柳さんのダンナさん(当時は恋人)。同じイタリアンレストランで働く女性に「カノジョと気が合うかも」と感じていたそうです。

「彼の紹介で赤松と会ったら、興味を持つところ、ツボがまったく一緒。『これ食べたい』と思うものがピッタリ同じ。2人でご飯をよく食べに行くようになり、そのうち店を始めようか、と」

 プーリア州で修業した「料理上手なお母さんが、“おいしいから作って”とみんなに言われたことから始めた店」の雰囲気を目指したんだとか。つまりは、おいしい南イタリア料理を、肩肘張らず楽しめるお店なんです。

 実際、ピノサリーチェで食事をすると、「おいしい」と「楽しい」の感情が同じくらいの割合で湧き上がってきます。たった一人の男性スタッフ、ソムリエの“福ちゃん”がまたいい味を出しています。「ワイン選びが緊張する」なんて人にも、強くおすすめしたいお店です。

「リングアータ」は、料理の形が「舌」に似ていることから。青魚をサッパリいただける一品です。

【材料】

・イワシ
・ワインビネガー
・セモリナ粉
 ※すべて適量

【レシピ】

1. イワシは頭と内臓を取り除いて水洗いし、手開きで骨を外し、背びれも取る。
2. イワシをワインビネガーに漬ける。米酢で代用してもいい。数分するとイワシの表面が白っぽくなるので、酢から出す。
3. 酢は拭き取らずに、イワシの表面にセモリナ粉をまぶす。オリーブオイルでカリッと焼く。仕上げに軽く塩を振る。

※アジやサバで作ってもおいしい。シメサバの残りで作ってもいい。セモリナ粉はパスタに使われる小麦粉で、業務スーパーなどで手に入れやすい。ない場合は、食感が変わるが、小麦粉で。

フード 新着一覧


テッパン「夏アイス」5選! 2021.8.5(木)
 毎日うだるような暑さが続いてますが、夏バテしていませんか? 筆者は、もしクーラーのない時代に生まれていたら、ソッコー夏...
「水ダコの和風カルパッチョ」薬味たっぷりサラダ感覚で!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・高円寺の居酒屋「あんぽんたん」の村山正人...
「アボカドの卵黄づけ」だし醤油に15分漬けて卵を落とすだけ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・高円寺の居酒屋「あんぽんたん」の村山正人...
最旨っ!ペヤング「獄激辛にんにく」実食 2021.8.3(火)
 まるか食品の「ペヤング獄激辛シリーズ」に新しい仲間が加わりました。その名も「獄激辛にんにくやきそば」! 夏だからね、に...
「水なすのみょうが味噌かけ」味噌と砂糖のバランスがカギ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「鰹のミルフィーユ」10分漬け込むだけで濃厚な味わいに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「しらすと数の子の梅びしお和え」ご飯にもパスタに和えても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...