コンビニで売っているもので作る「コンビーフらっきょう」

コクハク編集部
更新日:2020-02-14 06:00
投稿日:2020-02-14 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木の「オステリア ナカムラ」の中村直行さんに、意外な組み合わせの「コンビーフらっきょう」のレシピを教えていただきました。

新メニューを家庭用にアレンジ

合う酒=軽めの赤ワイン(C)コクハク
合う酒=軽めの赤ワイン (C)コクハク

 毎年10日間ほど店を休み、夫婦でイタリア食べ歩き旅行に出かける中村シェフ。帰国すると決まって新しいメニューが登場するので、それを楽しみにしている常連客も多いとか。

「今年はフィレンツェで食べた牛テールのアグロドルチェにインスパイアされて、前菜として出しているんですが、それを家庭用にアレンジしてみました」というのがコンビーフらっきょうだ。

 牛テールのアグロドルチェとは、牛のしっぽを茹でてほぐしたものと赤タマネギの甘酢煮を和えたもの。つまり、牛テールをコンビーフで、赤タマネギの甘酢煮をらっきょうで代用したというわけです。

 一見、タルタルステーキのようにも見えるこのリッチな一品が、なんとコンビニで売っているもので簡単に作れてしまうなんて! コンビーフの濃厚なうま味とらっきょうの甘酸っぱさが相性抜群です。

「らっきょうのカリカリとした食感も生かしたかったので、あえて大きめにカットしましたが、お好みで細かく刻んでもいいと思います。らっきょうの代わりにピクルスがあればなおいいですし、その場合は、らっきょうの漬け汁をビネガーやレモン汁に」と中村シェフ。

 トーストしたバゲットを添えればおつまみですが、ベビーリーフやクレソンなどのサラダを添えると立派なおもてなしの一品になります。

【材料】

・コンビーフ(缶詰) 1缶(100グラム)
・らっきょうの甘酢漬け(市販) 5個
・らっきょうの漬け汁 小さじ1
・オリーブオイル  小さじ1
・パセリ(みじん切り) 適量
・黒コショウ 適量
・バゲット 適宜

【レシピ】

1. コンビーフは500ワットの電子レンジに1分ほどかけてほぐすか、フライパンで弱火で炒めながらほぐす。
2. らっきょうは縦半分に切って1とともにボウルに入れ、らっきょうの汁、オリーブオイル、パセリを加えてよくまぜ合わせる。
3. 皿に盛って黒コショウをふり、好みでトーストしたバゲットを添える。

本日のダンツマ達人…中村直行さん

▽なかむら・なおゆき
 1962年、東京都出身。高校卒業後、服部栄養専門学校を卒業して東京・青山の「リトル・イタリー」を経て渡伊。ミラノを中心に各地で学ぶ。帰国後、渋谷「バスタ・パスタ・ウエスト」などを経て、2003年に独立。六本木に「オステリア ナカムラ」を開く。

▽オステリア ナカムラ
 ワインのセレクトとサービスを担当するマダムの幸子さんと夫婦二人三脚で17年。常連客に愛される六本木の路地裏の隠れた名店。「シンプルだけどうまい」「シンプルだからおいしい」が中村シェフの信条で、定番に加えて季節のメニューを提供。

東京都港区六本木7―6―5 六本木栄ビル2階
都営地下鉄大江戸線六本木駅から徒歩5分、東京メトロ六本木駅、乃木坂駅から徒歩7分
18時30分~23時30分(22時30分LO)
℡03・3403・8777
月曜・第2日曜定休

(日刊ゲンダイ2019年11月21日付記事を再編集)

フード 新着一覧


プロの味に近づける「小松菜と油揚げ、えのき茸のおひたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...
ビールに合う「ガパオガイ」はキング・オブ・エスニック!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
タイ北部のサラダ「ラープガイ」 3色のさっぱりスパイシー!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
「パクチーポテトサラダ」香りが苦手な人でも食べられる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
カレー味のふんわり卵に包まれた「プーアッパッポンカリー」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
ダシとスパイスで食す「マサライカ焼き」大阪名物を超える?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...