ヘアオイルでツヤツヤ美髪に♪知っておきたい5つの選び方

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-03-04 06:00
投稿日:2020-03-04 06:00
 毎日、シャンプーやトリートメントでヘアケアしていると思いますが、中には髪のパサつきや失われたツヤに悩んでいる人もいるはず。そんな人におすすめしたいのが、ヘアオイルのケアをプラスすること!そこで今回は、ヘアオイルの種類や選び方のポイントをお伝えします。

知っておきたい!3種類のヘアオイル

ヘアオイルってどう選べばいいの?(写真:iStock)
ヘアオイルってどう選べばいいの? (写真:iStock)

 ヘアオイルは髪の乾燥を防いだり、潤いを与えるなどの嬉しい効果を与えてくれるアイテム。実は、このヘアオイルには種類があり、特徴が異なります。スムーズにヘアオイルを選ぶためにも、チェックしてみてください。

1. 頭皮や髪に優しい「植物性のヘアオイル」

代表的な「ツバキ油」(写真:iStock)
代表的な「ツバキ油」 (写真:iStock)

 ヘアオイルの中には、オリーブオイルやツバキ油といった植物性のヘアオイルがあります。植物性のヘアオイルは、何といっても頭皮や髪に優しいのが特徴。肌が弱い人、敏感肌の人でも安心して使うことができるでしょう。

 上質なオイルを使ったヘアオイルも多いものの、比較的お手頃な料金で購入できるのも魅力。ただし、独特の香りがあるため、人によっては苦手だと感じる場合もあるようです。

2. 重めなテクスチャー「動物性ヘアオイル」

馬油は頭皮マッサージにも◎(写真:iStock)
馬油は頭皮マッサージにも◎ (写真:iStock)

 ヘアオイルの中には馬の皮下脂肪から作られた馬油や、サメの肝臓から取れる肝油で作られたスクワランなどの動物性ヘアオイルがあります。 

 馬油は、髪に艶を与えるだけでなく、頭皮マッサージなどに用いることができます。スクワランは、頭皮や髪への湿潤性や浸透性が高いのが特徴的です。

3. コーティング力の高い「鉱物性のヘアオイル」

髪の滑りを整えてくれる鉱物性(写真:iStock)
髪の滑りを整えてくれる鉱物性 (写真:iStock)

 石油やプラスチックなどを作った際に出る廃油を用いて作られたのが、鉱物性のヘアオイル。廃油といってもしっかりと精製していて不純物はなく、無味無臭で純度の高い油を使用して作られています。

 鉱物性のヘアオイルは髪表面のコーティング力が高く、髪の滑りを整えてくれる効果があります。

あなたにぴったりのヘアオイルを見つける5つの選び方

好きな香りで選ぼう(写真:iStock)
好きな香りで選ぼう (写真:iStock)

 ドラッグストアやインターネットでは、ヘアオイルが数多く販売されています。そのため、自分に合ったヘアオイルが見つけられない人も多いでしょう。そこで、ぴったりのヘアオイルを見つける選び方をご紹介します。

1. 用途に合わせて選ぶ

 ヘアオイルを選ぶ際には、あなたが何を求めるかで選び方も変わってきます。上記でご紹介した3種類のヘアオイルは、それぞれ特徴があり、効果もさまざま。

 たとえば、傷んだ髪を補修したいのであれば、植物性ヘアオイル。髪のパサつきが気になる人や質感を変えたいと考えている人は、動物性ヘアオイル。髪をしっかりと保護し、艶を出したいと考えている人には、鉱物性ヘアオイルがおすすめです。

2. 髪質や頭皮の状態に合わせて選ぶ

 人によって髪質や体質は違うため、悩みや希望は異なるでしょう。そのため、自分の髪質や頭皮の状態に合ったヘアオイルを選ぶことも大切。

 髪が乾燥している人は、髪に潤いを与えてくれるヘアオイルが必要ですし、頭皮のべたつきが気になる人はウェットタイプのヘアオイルは避けるなど、工夫すると良いですよ。

3. 香りで選ぶ

 ヘアオイルに限ったことではないですが、ヘアアイテムは香りが残りやすいため、好きな香りで選ぶのもおすすめです。

 自分好みの香りを選ぶことで、リラックス効果やリフレッシュ効果も得ることができるでしょう。

4. コスパで選ぶ

 ヘアオイルは、一度使えば効果が持続するというわけではありません。毎日のヘアケアの際に用いることで、より効果を実感することができるアイテムです。

 優れた効果を持つヘアオイルであっても、あまりに高価なものであれば続けることが負担になる場合も。お財布と相談しながら、無理なく購入できるコスパの良いものを選ぶことも大切です。

5. テクスチャーで選ぶ

 ヘアオイルは、メーカーやタイプによってテクスチャーが異なります。好きな香りであっても重たく感じたり、逆に軽すぎて髪の毛がおさまらないと使い続けるメリットを感じられないでしょう。

 そのため、理想のテクスチャーのものを選ぶことも大切。サンプルなどを試して、実際に手に取ってお好みのテクスチャーのヘアオイルを探してみてください。

ぴったりのヘアオイルで理想的な髪を目指そう!

ヘアオイルで理想の髪に(写真:iStock)
ヘアオイルで理想の髪に (写真:iStock)

 理想のヘアスタイルを作るためには、日々のヘアケアも重要!ヘアオイルは摩擦から髪を守ってキューティクルの損傷を防いだり、ツヤを出したりと、嬉しい効果をたくさん持っています。

 そして、自分の髪や頭皮にぴったりのヘアオイルを見つけることができれば、より理想通りの髪を手に入れることができ、ヘアスタイルも決まりやすくなるはずです。ぜひ、ご紹介した選び方を参考に、あなたにぴったりのヘアオイルを見つけてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...
おうちパックで蘇る! エステ&サロン級のうるツヤ肌と髪
 人と会う機会が増え、久しぶりに再会した人から老けたと思われたくないと、肌と髪の手入れを大急ぎでしています。  エステ...
【生理中の嫌なニオイ】やば!気付かれた?対処法を入手して
 生理中のニオイって、本当に気になりますよね。実際、多くの女性が生理中のニオイを気にしているようです。  今回はニオイ...
今さら聞けない「インバスケア」40代から始める美容習慣4つ
 40代になると、髪や肌に関する悩みが増えてきますよね。だからといって、仕事や家事が忙しくエステに通う余裕はない……。そ...
プレ更年期でニキビ?女性ホルモンの乱れが…【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
太って見える「白コーデ」膨張色でもテク次第で細見え可能!
「白」を格好良く着こなす大人女子になりたいと思っていても、いざ買い物に行くと「太って見えるかも……」と諦めてしまう人が多...