蕁麻疹と息苦しさで救急搬送…医者に見逃された“薬の副作用”

めりぃ(つけものがかり) 編集者
更新日:2020-02-18 18:03
投稿日:2020-01-29 06:00
 女性ではおよそ30〜60人にひとり、男性ではおよそ50〜100人に1人がかかると言われている甲状腺疾患。圧倒的に女性に多い疾患として知られるバセドウ病は、甲状腺機能が亢進する病気で、動悸や発汗、めまいや悪心(おしん)、体重減少に筋力低下など、その症状は全身に及びます。
 現代医療での治療法は投薬・アイソトープ・外科的手術の3種類とされ、多くの患者は投薬治療で寛解を目指します。
 これは、投薬治療の末に、手術で甲状腺を全摘し完治に至った筆者が、2年間の闘病生活を振り返るドキュメンタリーです。

全身に広がる蕁麻疹、慌ててクリニックを訪れるも…

医師には問題ないと言われたけれど(写真:iStock)
医師には問題ないと言われたけれど (写真:iStock)

 ポツポツボツと出ていた蕁麻疹が、全身に広がるのには、そう時間はかかりませんでした。

 調べてみると、メルカゾールの副作用に蕁麻疹が書かれています。「明後日、温泉なのに! 痒くて何にもできないし、なんとかしなきゃ」と急いでクリニックを受診しました。

「先生、蕁麻疹がひどくて、つらいです」

「ずいぶん派手に出てるねぇ。掻いた?」

「いえ、掻いてないのに、腫れ上がってます。熱もあるような……」

「メルカゾール飲むと、発疹が出る人もいるんだよね。塗り薬を出すから、もう掻かないでね」

「(だから、掻いてないってば!)あの~、こんなに蕁麻疹が出ても、メルカゾールを飲み続けるんですか?」

「はい。きちんと飲んでくださいね」

 掻いてもないのに、赤く腫れているのは掻きむしったせいだと決めつけられ、メルカゾールの継続と塗り薬の処方だけで帰された私。「大丈夫なのかな」とさすがに不安になったのですが、医師が言うのだから大丈夫なのだろうと、クリニックを信じることにしました。

 ところが……。痒みはおさまるどころか、どんどんひどくなる一方。全身のほてりもあるし、痒みで何も手につかないし、とても旅行に行く気分ではなかったけれど、ドタキャンは友人に悪いと思い、全身蕁麻疹が出ている状態で、温泉に行くことに……。

痒みに加えて息苦しさも…私どうなっちゃうの?

友人が呼んでくれた救急車で搬送されることに(写真:iStock)
友人が呼んでくれた救急車で搬送されることに (写真:iStock)

 冬だったことや顔には蕁麻疹が出ていなかったため、幸い友人にはそこまで心配されずに済んだのですが、夕食を終え、軽くカラオケに行って戻ってきたあたりから異変が……!

 蕁麻疹がさらにひどくなり、もはや全身掻きむしらないと耐えられないほどにまで悪化。しかも、どことなく息苦しさまで感じます。

「こんなんじゃ、眠れない…」と途方に暮れるも、隣では友人がスヤスヤと寝息を立てているので、起こすわけにもいきません。結局、痒みと息苦しさのせいで朝まで一睡もできず。翌朝、起きた友人に事情を話し、朝食をとらずに東京に戻ることにしました。

 ところが、旅館を出て5分ほど車を走らせたところで、また異変。

 息ができない! 頭がぼーっとする!

 気が遠くなりそう!

 さすがにおかしい!

 運転していた友人も私の異変に気づき、慌てて救急車を要請。このときには、もはや痒みより息苦しさが強く、今思い返してもほとんど記憶がありません。5分くらい待って救急車が到着。「これで、助かる」と、ほっとしたのを覚えています。

 このあと、土地勘のない場所で救急搬送された私に、現地の救急病院の医師は驚くべきことを告げるのでありました。

 命の危険も! 医者のミスでとんでもない目に……。

 次回に続きます。

ライフスタイル 新着一覧


自己嫌悪をやめたい…陥りやすい人の4つの共通点&克服方法
 誰だって、自分に嫌なところがあるのは当然のこと。しかし、自分の悪いところを責めすぎてしまうと、自己嫌悪に陥ってしまうこ...
憧れの人と同じなのに…自信のない人が陥りやすい考え方とは
 自分が憧れている人が身につけているものを買ってみた経験はありませんか? 推しのアイドルなどが着ている服、持っているバッ...
ひとりぼっちで孤独な"にゃんたま”に一目で恋に落ちました
 きょうは、一目見て恋に落ちました。  逢った瞬間、口元の「ふぐふぐ」がにゃんたまに見えちゃうくらい、ビビっと電気...
晩秋の「寺家ふるさと村」を歩く 2021.12.2(木)
 最近やけに寒いなあと思ったら、もう12月なんですね。約4カ月ぶりに「寺家ふるさと村」に行ってみました。
ルノルマン占い~12月の恋愛運~理想の関係に近づける人は
 ルノルマンとは18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起...
幸運の花はいつも太陽を見つめてる!何事にも強靭“スナップ”
 ワタクシがお花屋さんになって間もないの頃のお話でございます。  当時、結婚式装飾花スタッフとして働いていたワタク...
離婚→再婚はセット? 再婚願望のないシングルマザーが考える
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月29日~12月5日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
無防備さがたまらない♡ほよよ顔と“にゃんたま”の豪華セット
 きょうは、猫ヨガポーズで入念に毛繕いしているところ、「にゃんたまω見せてください!」と、お願いしました。  この...
「おこもりキャンプ」レポ 2021.11.28(日)
 昨今のキャンプブームと“三密回避”の需要が相まって、人気沸騰中の「おこもりキャンプ」。今回は、埼玉県越生町にあるビオリ...
お金が貯まらない…貯金できない人の特徴&貯蓄する方法6つ
 社会人になれば自分で稼いだお金で好きな物を買い、生活することになります。収入は人によって異なりますが、中には、「なかな...
お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...
ぐっすり眠る“にゃんたま”をクンクン…乙女心の行方は?
 きょうは、無防備に眠るにゃんたま君に忍び寄る……の巻。  ゆっくりゆっくり、にゃんたまωにそ~っと顔を近づけるの...
アナタの観葉植物は大丈夫? 不調の原因&冬のお手入れ3カ条
 今年もなんだかんだで残すところ、あと1カ月ちょっと。  思えばほとんどが緊急事態宣言下だった今年、ようやく少し賑...
息子のお友達から“シングルマザーだもんね!”と言われた日
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...