探偵に浮気調査を依頼する前にやっておくべき証拠の集め方

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-03-07 06:07
投稿日:2020-03-07 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。前回の「探偵に浮気調査を依頼する前にやってはいけないNG行動」の続きは、「浮気の事実関係を確認できる証拠の集め方」。今回は、この点についてレクチャーしたいと思います。
 前回触れた通り、証拠集めは慎重に。これが鉄則です。一つの証拠で彼や夫に詰め寄ると相手は学習します。その後、チラチラと女の陰を感じてもイマイチ確信を掴めないという泥沼状態に突入してしまうと、証拠を集める側の女性の心が折れてしまい鬱々としてしまいます。特にW不倫のケースは“痕跡”が消されやすいのでとにかく慎重に、です。

LINEのやりとりやメールのやりとりの確保

ついに見てしまった(写真:iStock)
ついに見てしまった (写真:iStock)

 不倫を疑った女性がよくやるのが夫のスマホの盗み見です。スマホがロックされているとしても、指紋認証は寝ているときに気づかれないように夫の指をスマホに当てればOKです。暗証番号は、夫が操作しているときに何気なくチラ見したり、後ろを通ったりすればすぐに見つけられます。

 たとえば、LINEを開いて、怪しげな女性やメッセージを見つけたら、自分のスマホで必ず写真を撮っておくこと。既読がついてもよし。LINEのやり取りは裁判で証拠能力があります。ベッキーさんの不倫騒動が報じられたころから、LINEのメッセージは不貞の証拠としても重要な役割を持ちます。

 そんなメッセージを読み続けたら、怒るのは当然です。でも、寝ている夫を叩き起こして問い詰めるのはいけません。目の前で連絡先を削除させるのもダメ。「私は妻です。もう2度と会わないでください」なんてメッセージを送るのもよくありません。とにかくガマンして、泳がせること。そうやって、たくさんのメッセージを集めるのです。

 たとえば、女性から「きょうはありがとう。楽しかった」というLINEは怪しくても、それ一つでは弱い。ベッキーさんとの不倫を暴くキッカケになった川谷絵音さんの元妻が、膨大なやり取りを集めたのは記憶に新しいですね。「(一報を報じた文春砲のおかげで)オフィシャルになるだけ」とあたかも不倫を認めるようなやり取りも記録していました。

 あれほどキーワードが出てくるかはともかく、証拠力の強さはやり取りの数で決まります。瞬間的な感情で心を動かされないように。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「ひとりが楽」って本心?1mmでも結婚したいならすべきこと
 おひとり様生活が長いと、心地よいライフスタイルが確立しますよね。「やっぱりひとりが楽!」なんて思いながらも、心のどこか...
恋バナ調査隊 2022-12-06 06:00 ラブ
婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ