探偵に浮気調査を依頼する前にやっておくべき証拠の集め方

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-03-07 06:07
投稿日:2020-03-07 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。前回の「探偵に浮気調査を依頼する前にやってはいけないNG行動」の続きは、「浮気の事実関係を確認できる証拠の集め方」。今回は、この点についてレクチャーしたいと思います。
 前回触れた通り、証拠集めは慎重に。これが鉄則です。一つの証拠で彼や夫に詰め寄ると相手は学習します。その後、チラチラと女の陰を感じてもイマイチ確信を掴めないという泥沼状態に突入してしまうと、証拠を集める側の女性の心が折れてしまい鬱々としてしまいます。特にW不倫のケースは“痕跡”が消されやすいのでとにかく慎重に、です。

LINEのやりとりやメールのやりとりの確保

ついに見てしまった(写真:iStock)
ついに見てしまった (写真:iStock)

 不倫を疑った女性がよくやるのが夫のスマホの盗み見です。スマホがロックされているとしても、指紋認証は寝ているときに気づかれないように夫の指をスマホに当てればOKです。暗証番号は、夫が操作しているときに何気なくチラ見したり、後ろを通ったりすればすぐに見つけられます。

 たとえば、LINEを開いて、怪しげな女性やメッセージを見つけたら、自分のスマホで必ず写真を撮っておくこと。既読がついてもよし。LINEのやり取りは裁判で証拠能力があります。ベッキーさんの不倫騒動が報じられたころから、LINEのメッセージは不貞の証拠としても重要な役割を持ちます。

 そんなメッセージを読み続けたら、怒るのは当然です。でも、寝ている夫を叩き起こして問い詰めるのはいけません。目の前で連絡先を削除させるのもダメ。「私は妻です。もう2度と会わないでください」なんてメッセージを送るのもよくありません。とにかくガマンして、泳がせること。そうやって、たくさんのメッセージを集めるのです。

 たとえば、女性から「きょうはありがとう。楽しかった」というLINEは怪しくても、それ一つでは弱い。ベッキーさんとの不倫を暴くキッカケになった川谷絵音さんの元妻が、膨大なやり取りを集めたのは記憶に新しいですね。「(一報を報じた文春砲のおかげで)オフィシャルになるだけ」とあたかも不倫を認めるようなやり取りも記録していました。

 あれほどキーワードが出てくるかはともかく、証拠力の強さはやり取りの数で決まります。瞬間的な感情で心を動かされないように。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...