マスクでニキビが…!悪化させない肌荒れ対策&改善方法

コクハク編集部
更新日:2020-05-05 06:00
投稿日:2020-05-05 06:00
 新型コロナウイルスが蔓延してから、一番の必須アイテムとなった「マスク」。しかし、毎日の長時間のマスク着用によって、「マスク荒れ」という新たな肌悩みが勃発しているようです。そこで、マスクによる肌荒れの原因や予防法、対処法をまとめてご紹介します!

マスクでニキビや肌荒れが…「マスク荒れ」の原因とは?

マスクを手放せない状況だけど(写真:iStock)
マスクを手放せない状況だけど (写真:iStock)

 コロナウイルスや花粉症の影響で、マスクを手放せない状況が続いています。マスクを着けることで感染などを予防できる反面、マスクによる肌荒れに悩んでいる女性は多いよう。まずは、原因を見てみましょう。

マスクと肌との間で起こる摩擦

 マスクを着けると、マスクと肌との間で常に摩擦が起こります。摩擦などの肌への刺激は、肌のバリア機能を低下させてしまい、ニキビをはじめとした肌荒れが起こりやすい原因となってしまいます。また、マスクが当たる部分にニキビなどがある場合には、擦れることで炎症が悪化してしまう可能性があるでしょう。

マスクの素材が肌に合わない

 マスクの素材はガーゼや不織布、ポリウレタンなど、さまざまです。しかし、肌触りが硬かったり、肌に合わないことでもマスクによる肌荒れは起こってしまいがち。また、肌が敏感な方は素材自体にアレルギーがある場合もあります。かぶれたり、ヒリヒリとした刺激が起こることもあるため、注意が必要です。

マスクの中の乾燥

「マスクを着けると肌が潤う」と感じる方は多いですが、実はその逆。吐く息による水蒸気によって、肌内部の水分は蒸発しやすい状態になっているのです。さらに、肌の乾燥を防ぐために分泌された皮脂がマスクに吸着し、肌は水分、油分不足に陥りがち。これにより、肌のバランスが崩れ、肌荒れが起こりやすくなってしまいます。

マスクの蒸れで雑菌が繁殖している

 マスクの中は自身の息で常に蒸れているため、雑菌が繁殖しやすい状態。そのことに加えて、マスクによる摩擦が起こってしまうため、ニキビなどの肌荒れが悪化しやすいのです。マスク不足の今、通気性が良い&肌に優しいマスクを選ぶ余裕がないことも、肌荒れに悩む方を増加させているのかもしれませんね。

マスクを着用しながら肌荒れを改善する4つの方法!

症状が改善しない場合は皮膚科で相談を(写真:iStock)
症状が改善しない場合は皮膚科で相談を (写真:iStock)

 マスクを外すことができない環境下の中、「肌荒れは仕方ない……」と諦めていませんか? でも、マスク荒れは、正しい方法で改善させることができます。4つの方法を試してみましょう。

1. 口周りを清潔に保つ

 マスクに覆われた部分は、呼気による蒸れで発生した雑菌や汗、メイク汚れなどで、どうしても不衛生になりがちです。これを清潔に保つためには、口周りの肌環境を整えることから始めましょう。マスクを外す時間を作って汗やティッシュなどで優しく拭き取ったり、保湿成分入りのミストなどで肌に潤いを与えるようにしましょう。この際、決してゴシゴシと擦らないことが肝心ですよ。

2. かゆみや炎症がある時には冷やす

 長時間のマスクの着用によって、かぶれのような状態や湿疹などの炎症が起こっている方も多いようです。このような状態の肌は、かなりデリケート。洗顔時に刺激を感じる場合もあります。まずは保冷剤などを使用して患部を冷やし、保湿をたっぷり行うようにしましょう。

3. 肌に優しいスキンケアアイテムに切り替える

 マスクの影響で肌荒れしている方は、できるだけ早く肌に優しいスキンケアアイテムに切り替えることをおすすめします。ニキビなどの吹き出物が目立つ場合には「大人ニキビ用」を、ヒリヒリする赤みなどが発生している場合には「敏感肌用」か「乾燥肌用」など、肌の状態に合わせて選ぶことが肝心です。

 また、ニキビが発生している時、ベタベタするからと言って保湿を控えめにする方もいますが、これはNG。保湿を行わないことで肌のバリア機能がさらに低下し、外的刺激に弱くなってしまいます。アイテムの使用方法をしっかり守って、保湿重視のケアを行いましょう。

4. なかなか治らなければ皮膚科へ

 セルフケアを行ってもなかなか治らないようであれば、皮膚科へ行くことも選択肢に入れておきましょう。皮膚科では症状に合わせた外用薬や内服薬を処方してもらえるため、万が一、悪化してしまった時にも対応してもらえるため、安心です。

今日からできる!「マスク荒れ」を予防する5つの方法

保湿は念入りに(写真:iStock)
保湿は念入りに (写真:iStock)

 マスクによる肌荒れは、起こる前に予防することが肝心! 最後に、簡単にできるマスク荒れの予防方法をお伝えします。

1. マスクにコットンやティッシュを挟む

 マスクを着けている以上、肌との摩擦は避けられません。できるだけ肌刺激を低減させるための工夫として、マスクの中にコットンやティッシュなど肌に優しい素材を挟むと良いようです。汗やメイクがマスクに付くのを防ぐこともできるため、清潔に使うことにもつながりますよ。

2. マスクを清潔に保つ

 平常時であれば、マスクは1日に2回ほど取り換えるのが良いとされていましたが、マスク不足の今、それを叶えるのはなかなか難しいことです。使い回しをする場合には、不織布マスクの場合にはしっかり消毒する、布マスクの場合には洗ったり煮沸消毒をするなど、できるだけ清潔に保つようにしましょう。

3. 自分に合ったマスクを選ぶ

 マスクを選べる環境にないとはいえ、できる限り自分の肌質や顔のサイズに合ったマスクを選ぶことも大切でしょう。敏感肌用など肌触りが柔らかいものを使ったり、女性向けのサイズを使うだけで摩擦を減らすことができます。手に入らない場合には、上記でお伝えしたように、コットンなどを挟んで使うようにしましょう。

4. マスクを外す時間を作る

 マスクをずっと付けっぱなしにしていると、マスクの中は雑菌の温床と化してしまいます。「職業柄、マスクを外す暇がない」という方も多いと思いますが、休憩時間やお手洗いでなど、マスクを外す時間を意識的に作るようにしましょう。通気性を良くすることで、ニキビの予防&悪化を防ぐことができます。

5. 保湿を十分に行う

 乾燥や摩擦など、マスクによる肌への負担は意外と大きいです。そのため、毎日着けていると肌のバリア機能が低下してしまい、雑菌や外的刺激に対してデリケートな状態となってしまいます。

 根本的なことにはなりますが、マスクの肌荒れを防ぐためには肌を健やかに保つことが大切。普段よりも保湿を十分に行って、水分の蒸発を防ぐようにしましょう。

マスクによる肌荒れは早めの対処が肝心!上手にケアを♪

マスクをしなくても良くなる日がきっと来るから(写真:iStock)
マスクをしなくても良くなる日がきっと来るから (写真:iStock)

 暑くなってくるこの時期、マスクではなく紫外線ダメージなど、ますます肌にとっては過酷な環境になります。マスク生活はまだまだ続きそうですが、マスク荒れを起こさないためには、正しいケアと予防が肝心!

 マスクレスの生活が来た時にツヤ肌を保つためにも、ぜひ今回ご紹介した方法でマスクトラブルを乗り越えてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【涙活】即実践!ガッツリ泣いた後に目が腫れないテク5つ
 失恋したり、感動するドラマを見たりして大泣き……そんな日もありますよね。とはいえ、翌朝鏡を見たら、目がパンパンに腫れて...
40代が似合う「くすみを隠すメイク」ファンデに頼りすぎない
 40代になると目立ってくる「くすみ」。隠そうとして厚塗りにすると崩れるし、薄くつけても全然隠れない……。そんな悩みを抱...
マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...