#stay homeを楽しくおいしく☆鯖缶で簡単!トマトペンネ

ぐっち夫婦 料理家
更新日:2020-05-27 14:30
投稿日:2020-05-10 06:00
 常備食材の定番になってきた「鯖缶」。今回は、同じく常備食材のトマト缶と合わせた「鯖缶で簡単! トマトペンネ」をご紹介します。隠し味にみそを加えるのがポイント! 自炊派になった方も多いであろうこの時期、ランチに作ってみてはいかがでしょうか?

缶詰を常備しておけば、やっぱり安心!

お腹空いた!(写真:ぐっち夫婦=以下同)
お腹空いた! (写真:ぐっち夫婦=以下同)

 みなさん、こんにちは! 料理家のぐっち夫婦です。

 人気食材の「鯖缶」を使ったトマトペンネを作ることにしました。ぐっち家ではさまざまな缶詰を常備していて、鯖缶は“スタメン選手”です(笑)。そんなお馴染みの鯖缶は開けたらそのまま食べることもありますが、材料の1つとして使うことが多いんです。

  ◇  ◇  ◇

夫:缶詰って便利だよね~。

妻:そうだね、でも急にどうしたの?(笑)

夫:最近は落ち着いたけど、スーパーの棚の品切れすごかったじゃん? レトルト食品やインスタント食品、冷凍食品は特に。そのとき常備している缶詰が減ってきていたから、ぐっち家は缶詰を各種2個ずつぐらい買い足したね。そのときのことを思い出してたんだよね(しみじみ)。

妻:なるほどね、確かに缶詰って賞味期限が長いから常備するのにぴったりだよね。それに肉や野菜といった生鮮食品と組み合わせて料理するといろんなメニューに変身する。レパートリーの幅が広がるもんね!

夫:そうそう、そうなのよ。こういうタイミングに缶詰って便利だなぁって改めて思うんだよね。

妻:そうだよね、納得! 缶詰の話をしてるということは今日のランチは“缶詰”かしら?

夫:そうだね、缶詰を使いましょうか。そうだなあ、鯖缶がメーンのパスタにしようかな。ソースもトマト缶で簡単に!

フード 新着一覧


夢の競演!「子持ちししゃもとフルーツトマトのアヒージョ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
「ひじきと豆腐の山椒炒め」スパイシーな味わいがたまらない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
香りや食感まで美味しい「焼き長芋の酒盗、ホタルイカのせ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
無印良品で始める“ぬか漬け生活” 2021.4.30(金)
 子どものころは苦手だったけど、大人になると好きになる――。ぬか漬けはその代表的な食べ物ではないでしょうか。友人に勧めら...
「筍木の芽焼き」水煮のタケノコにタレで香ばしさをプラス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「白魚と根三つ葉の卵締め」出汁さえ丁寧に取れば3分で完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「イワシのかば焼きサラダ仕立て」ご飯にのせれば最高の丼に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「空豆のチーズ寄せ」市販のプロセスチーズをチンして巻く!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
今度は「ペヤングW獄激辛」を食べてみた 2021.4.25(日)
 また、まるか食品さんがやってくれました。激辛シリーズ第3弾は、2020年2月に登場した「ペヤング 獄激辛やきそば」と2...
ビールのおつまみに最高!「肉ジャガのスパイシーコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
赤味噌とバターの絶品コラボ料理「鶏ジャガのバター味噌煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...
「ホタルイカのふきのとう味噌」旬の素材爆発の究極のツマミ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・福島の割烹「お酒とさかな かけはし」の梯...