「さくらんぼのブルスケッタ」甘味と塩加減がいいあんばい

コクハク編集部
更新日:2020-06-05 06:00
投稿日:2020-06-05 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷のイタリアン「メリプリンチペッサ 渋谷店」の江口慶さんに、カラフルな「さくらんぼのブルスケッタ」のレシピを教えていただきました。

パンにのせてトースターで焼くだけ

会う酒=白ワイン(C)コクハク
会う酒=白ワイン (C)コクハク

「僕が言うのもなんですが、ウマいですよ」

 食いしん坊で酒好きの広島男が、満面の笑みを浮かべながら差し出したのが、この一皿です。モッツァレラチーズの白を背景に、サクランボの赤と生ハムのピンクが目に鮮やか。

 おいしいことを確信して口に運ぶと、やっぱり! モッツァレラと生ハムの塩加減とウマ味にサクランボの甘味が加わって、いいあんばいです。噛み進めるうちにフランスパンの甘味と塩分も混然一体となります。店で前菜のひとつにこれが出てくると、食欲に火がつくこと間違いナシですね。

「調味料は一切使っていません。生ハムやチーズの塩分とサクランボの甘味を生かすのみです」

 手間という手間は、サクランボの種を抜いて、半分に切っておくことくらいです。フランスパンにモッツァレラとサクランボをのせ、オーブントースターで軽く焼きます。チーズが溶けて、サクランボの切り口がほんのり茶色くなる程度で十分です。

「フランスパンがなければ食パンでいい。モッツァレラをスライスチーズやとろけるチーズで代用しても構いません」

 サクランボの種を抜いたら、フランスパンにのっけて焼くだけ。作業はこれだけだから、食パンやスライスチーズで代用することなく、せめてフランスパンとモッツァレラは用意したいものです。記者は自宅で作ってみましたが、おいしさの違いは歴然。しかし、とにかく簡単でウマいだけに、食べ過ぎにご注意あれ。

【材料】

・フランスパン 適量
・モッツァレラチーズ 適量
・サクランボ 適量
・生ハム 適量

【レシピ】

1. フランスパンを2センチ幅に切る。
2. モッツァレラチーズでフランスパンの表面を覆ったら、半切りしたサクランボをパン1つに3個の割合でのせる。
3. 2をオーブントースターでチーズが溶けて、サクランボが茶色くなるくらい焼く。
4. 生ハムをのせる。

本日のダンツマ達人…江口慶さん

▽えぐち・けい
 白金のフレンチ「オザワ」や渋谷のイタリアン「バッカーノ」などで腕を磨き、2007年11月に独立。現在は、メリプリンチペッサの渋谷店のほか、銀座店、豊洲店、西荻窪店の計4店舗を手掛けるほか、渋谷のパッチョオイスターバーを経営。5店舗を運営するビッグスマイルの社長兼料理長。

▽メリプリンチペッサ渋谷店
 牡蠣にチーズ、野菜、豚肉や牛肉など、食材はほとんどが広島の生産者から直送。石窯で焼く本格ピッツァが500円~と格安で、中でも世界一に輝いた広島・庄原の農吉モッツァレラを使用した、ピッツァD.O.Cは一日限定5食の人気メニュー。東京都渋谷区円山町22―11

(日刊ゲンダイ2019年7月19日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「鰹のミルフィーユ」10分漬け込むだけで濃厚な味わいに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「しらすと数の子の梅びしお和え」ご飯にもパスタに和えても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「京漬物のカプレーゼ風」かぶ&モッツァレラの絶妙コラボ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...