「さくらんぼのブルスケッタ」甘味と塩加減がいいあんばい

コクハク編集部
更新日:2020-06-05 06:00
投稿日:2020-06-05 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷のイタリアン「メリプリンチペッサ 渋谷店」の江口慶さんに、カラフルな「さくらんぼのブルスケッタ」のレシピを教えていただきました。

パンにのせてトースターで焼くだけ

会う酒=白ワイン(C)コクハク
会う酒=白ワイン (C)コクハク

「僕が言うのもなんですが、ウマいですよ」

 食いしん坊で酒好きの広島男が、満面の笑みを浮かべながら差し出したのが、この一皿です。モッツァレラチーズの白を背景に、サクランボの赤と生ハムのピンクが目に鮮やか。

 おいしいことを確信して口に運ぶと、やっぱり! モッツァレラと生ハムの塩加減とウマ味にサクランボの甘味が加わって、いいあんばいです。噛み進めるうちにフランスパンの甘味と塩分も混然一体となります。店で前菜のひとつにこれが出てくると、食欲に火がつくこと間違いナシですね。

「調味料は一切使っていません。生ハムやチーズの塩分とサクランボの甘味を生かすのみです」

 手間という手間は、サクランボの種を抜いて、半分に切っておくことくらいです。フランスパンにモッツァレラとサクランボをのせ、オーブントースターで軽く焼きます。チーズが溶けて、サクランボの切り口がほんのり茶色くなる程度で十分です。

「フランスパンがなければ食パンでいい。モッツァレラをスライスチーズやとろけるチーズで代用しても構いません」

 サクランボの種を抜いたら、フランスパンにのっけて焼くだけ。作業はこれだけだから、食パンやスライスチーズで代用することなく、せめてフランスパンとモッツァレラは用意したいものです。記者は自宅で作ってみましたが、おいしさの違いは歴然。しかし、とにかく簡単でウマいだけに、食べ過ぎにご注意あれ。

【材料】

・フランスパン 適量
・モッツァレラチーズ 適量
・サクランボ 適量
・生ハム 適量

【レシピ】

1. フランスパンを2センチ幅に切る。
2. モッツァレラチーズでフランスパンの表面を覆ったら、半切りしたサクランボをパン1つに3個の割合でのせる。
3. 2をオーブントースターでチーズが溶けて、サクランボが茶色くなるくらい焼く。
4. 生ハムをのせる。

本日のダンツマ達人…江口慶さん

▽えぐち・けい
 白金のフレンチ「オザワ」や渋谷のイタリアン「バッカーノ」などで腕を磨き、2007年11月に独立。現在は、メリプリンチペッサの渋谷店のほか、銀座店、豊洲店、西荻窪店の計4店舗を手掛けるほか、渋谷のパッチョオイスターバーを経営。5店舗を運営するビッグスマイルの社長兼料理長。

▽メリプリンチペッサ渋谷店
 牡蠣にチーズ、野菜、豚肉や牛肉など、食材はほとんどが広島の生産者から直送。石窯で焼く本格ピッツァが500円~と格安で、中でも世界一に輝いた広島・庄原の農吉モッツァレラを使用した、ピッツァD.O.Cは一日限定5食の人気メニュー。東京都渋谷区円山町22―11

(日刊ゲンダイ2019年7月19日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


【つばめグリル】欲望のまま爆食いしてきた! 2022.7.5(火)
 みなさんは老舗洋食店「つばめグリル」をご存知でしょうか? 筆者は幼い頃からよく連れて行ってもらっていたので、親しみのあ...
「茶わん蒸し~コルビ風~」2層の味がクリーミーにとろける
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
【セブン】「明太子おむすび」の圧がすごい 2022.7.2(土)
 みなさん、おむすびで一番好きな具は何ですか? 筆者は断然、明太子! 食感と辛味が米によく合うんだな。そんな明太子好きに...
レモンとお酢でキレイになろう!美容やダイエットにもグー♪
 毎日の生活にレモンとお酢を取り入れて、ラクしてキレイになりましょう! 暑い日々になってからはホットドリンクではなく、冷...
canちゃん 2022-07-01 06:00 フード
「野菜のスープ 黒豚のしゃぶしゃぶのせ」ワンランク上の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
「さつま黒酢ブリとかぶのエミュルション」まるでお花畑!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
「喜ばれるお菓子」の定義を考えてみた 2022.6.23(木)
 おいしいお菓子をいただきました(ありがたや~)。それからというもの、以前にも増して「贈り物上手」になりたいと考えるよう...
「霧島サーモンのマリネ」季節の野菜で作ったソースを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
ファミマの本気度すげえ!「ファミマ・ザ・クレープ」実食 2022.6.20(月)
 ファミリーマートが誇る、累計6200万食突破の大ヒット「ファミマ・ザ・シリーズ」から、待望の新作スイーツが登場します。...
「豆アジの丸ごとカルピオーネ」すし酢で超絶簡単に南蛮漬け
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷のイタリアン「Petalo」の酒匂駿佑...
「超簡単ポテトサラダ」NO作り置き!“5分で完成”時短レシピ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
超人気!ボンボローニを確実に購入するなら 2022.6.13(月)
「本日、完売となっております……」  ガーーーン! という冒頭から失礼をいたします。 「食」に限っては、流行...
「ジャガイモとアンディーブのグラタン」フランスの家庭料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祖師ヶ谷大蔵のイタリアン・フレンチレストラ...
【フォカッチャ】初めてのパン作りに挑戦! 2022.6.7(火)
 最近、SNSでパン作りが流行っていますよね。ツヤツヤのパン種の動画を、ず~っと見ているとマネして作りたくなるもの。今回...
「季節の野菜のコンポテ」バターと野菜の甘みが溶けたスープ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祖師ヶ谷大蔵のイタリアン・フレンチレストラ...
門前仲町のスーパーの屋上がビール天国な件 2022.6.4(土)
 いつの間にやら6月に。暑すぎず、寒すぎず、長かった花粉地獄も終わったこの季節が一番好きです。新緑も青空もキラキラまぶし...