「ナスとキュウリの醤油漬け」みずみずしい夏野菜のハーモニー

コクハク編集部
更新日:2020-05-07 06:00
投稿日:2020-05-07 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・千駄ヶ谷の和食店「台楽おおた」の今井恵子さんに、夏バテ予防に最適な「ナスとキュウリの醤油漬け」のレシピを教えていただきました。

汗をかいた後、レモンサワーと一緒に

合う酒=レモンサワー、焼酎(C)コクハク
合う酒=レモンサワー、焼酎 (C)コクハク

 夏野菜のナスとキュウリは水分が豊富な半面、栄養価は低いイメージですが……。

 しかし、キュウリには汗をかいた時に不足しがちなカリウム、ナスには抗酸化作用のあるポリフェノールの一種「ナスニン」が含まれ、ミネラルのバランスが良く、生体調節機能も期待できる優れもの。ナスもキュウリも体温を下げる効果があり、夏バテ予防には最適です。

「昔ながらの田舎料理で、私は姉から教わりました。夏場にさっぱり食べられるので、うちの店でも毎年この季節に出しています。ナスは普通のサイズで6等分、大きいサイズなら8等分にしてください。水ナスを使う場合は、ビニール袋に入れて麺棒などでたたきほぐし、手でちぎります。いわゆる『たたきナス』ですね。こちらもさわやかな味で、暑い夏にオススメです」

 ミョウガや大葉はさっぱり感、豆板醤は食欲を増します。汗をかいた後、レモンサワーと一緒に。涼しい気分になれそうです。

【材料】

・キュウリ 半分
・ナス 1本
・塩 大さじ1
・ミョウガ 1個
・長ネギ 5センチ
・大葉 3枚
・おろししょうが 適量
・醤油 適量
・豆板醤 適量

【レシピ】

1. キュウリを縦に4等分に切る。
2. ナスのヘタを落とし、縦に6等分に切る。
3. キュウリとナスをザルに入れ、塩大さじ1をまぶして揉むようにして水分を出す。
4. 水で洗って塩気を落とし、しぼって皿に盛る。
5. ミョウガをみじん切り、長ネギを輪切り、大葉を千切りにして上にかけ、おろししょうがをひとつまみのせる。
6. お好みで醤油を回しかけ、豆板醤を皿の脇に小さじ1添える。

本日のダンツマ達人…今井恵子さん

▽いまい・けいこ
 福島県出身。上京後、銀座や渋谷などで飲食店を経営したのち、高田馬場にもつ焼き店「とんちゃん」をオープン。約20年間、多くのファンに愛され、数々のメディアにも取り上げられた。 2012年、“最後にゆっくり自慢の家庭料理を提供したい”という思いから、千駄ケ谷に「台楽おおた」をオープン。

▽台楽おおた
 ちょっと風変わりな店名は「台所が楽しい」の略と、女将の旧姓を組み合わせたもの。文字通り、台所好きの女将が作る家庭料理は、食べる側も楽しい気分になる心温まるメニューがズラリ。銀だらの西京焼きを定番とした週替わりメニューや新鮮な刺し身も人気。東京都渋谷区千駄ケ谷4―10―5。

(日刊ゲンダイ2018年5月18日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「栃尾油揚げの納豆・キムチ挟み焼」空腹も満たせるおつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
夢の競演!「子持ちししゃもとフルーツトマトのアヒージョ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
「ひじきと豆腐の山椒炒め」スパイシーな味わいがたまらない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
香りや食感まで美味しい「焼き長芋の酒盗、ホタルイカのせ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
無印良品で始める“ぬか漬け生活” 2021.4.30(金)
 子どものころは苦手だったけど、大人になると好きになる――。ぬか漬けはその代表的な食べ物ではないでしょうか。友人に勧めら...
「筍木の芽焼き」水煮のタケノコにタレで香ばしさをプラス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「白魚と根三つ葉の卵締め」出汁さえ丁寧に取れば3分で完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「イワシのかば焼きサラダ仕立て」ご飯にのせれば最高の丼に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「空豆のチーズ寄せ」市販のプロセスチーズをチンして巻く!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
今度は「ペヤングW獄激辛」を食べてみた 2021.4.25(日)
 また、まるか食品さんがやってくれました。激辛シリーズ第3弾は、2020年2月に登場した「ペヤング 獄激辛やきそば」と2...
ビールのおつまみに最高!「肉ジャガのスパイシーコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
赤味噌とバターの絶品コラボ料理「鶏ジャガのバター味噌煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...