「ニラトン」高知県が誇る日本一のニラをふんだんに使って

コクハク編集部
更新日:2020-06-20 06:29
投稿日:2020-06-20 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の土佐料理店「トサ ダイニング おきゃく」の山下裕司さんに、高知県名産のニラをたっぷり使った「ニラトン」のレシピを教えていただきました。

レバニラの豚肉版

合う酒=日本酒、ビール(C)コクハク
合う酒=日本酒、ビール (C)コクハク

 その名の通り、「レバニラ」の豚肉版。高知県内の飲食店なら、多くの店で食べられるほどメジャーな料理なのだそう。鶏肉バージョンの「ニラトリ炒め」もあるそうですよ。

「昔は県内の飲食店で、ニラレバというメニューを聞いたことはほとんどありませんでした。作り方はニラレバと同じ。ポイントとしては、ニラは最後に入れて、十数秒ぐらいですぐに盛り付けること。あまり火を通さない方がおいしく食べられます」

 ちなみに高知県はニラの生産量が日本一。県東部の香南市では毎年「ニラ飛ばし大会」が開催されているほど。

「高知県は過去にナス、キュウリ、シシトウ、ピーマン、トマトも日本一でした。野菜の成長に適した土地なんです。ただ、県民気質があって、栽培に成功したら、県外の人にノウハウを普及させてしまう。だから、日本一ではなくなってしまうんですよね(笑い)」

 人の良さも、つまみににじみ出ていて、思わずほっこ利しちゃいます。

【材料】

・ニラ 1束
・豚バラ肉 180グラム
・塩 適量
・薄口醤油 大さじ1
・こしょう 適量

【レシピ】

(1)ニラは3センチくらいに切る。

(2)豚バラ肉を一口大に切る。

(3)フライパンに油をひいて、豚バラ肉を炒める。火が通ったらニラを入れ、塩、薄口醤油、こしょうで味付けする。

関連キーワード

フード 新着一覧


FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は札幌・すすきのの居酒屋「おばんざい屋 まる」の平...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草橋のビストロ「ジョンティ」の斎藤光さん...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・学芸大学のイタリアン「あつあつ リ・カーリ...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・吉祥寺の焼き鳥店「焼き鳥 しょうちゃん」の...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は札幌・すすきのの居酒屋「おばんざい屋 まる」の平...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は青森県・青森市のイタリアン「リンチェ」の滝沢英哲...
FILM
 秋になるとお酒をゆっくり飲みたくなる。そんな日も増えてきませんか? そこで簡単に作れる1品をご紹介します!
ぐっち夫婦 2020-10-25 06:00 フード
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草橋のビストロ「ジョンティ」の斎藤光さん...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の寿司の名店「銀座 すし延」の伊東純司...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・人形町の和食料理店「いわ瀬」の望月洋介さん...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の和食店「おにくのおすし 浅草店」の南...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は青森県・青森市のイタリアン「リンチェ」の滝沢英哲...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の和食店「おにくのおすし 浅草店」の南...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の寿司の名店「銀座 すし延」の伊東純司...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・人形町の和食料理店「いわ瀬」の望月洋介さん...
FILM
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の和食店「おにくのおすし 浅草店」の南...